集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

多店舗向けの店舗アプリとサブスクを導入した方が良い理由

多店舗向けの店舗アプリとサブスクを導入した方が良い理由

2020年04月15日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

割引券で地域ごとの特徴を掴む

チェーン店など多店舗を展開している企業は、地域によりメニューを変更していることがよくあります。それぞれの地域ごとに名産品や食習慣が違うためです。スマートフォンが発達する前は、テーブルに設置したアンケート用紙や各店舗が集計していましたが、店舗アプリを作成することで、本部がアプリを通じてアンケートを取ることができます。しかし、アプリを作ったからと言ってアンケートに答えてくれるわけではありません。アンケートに答えたお客さんに割引券を配信すると回答率が高くなることが、大手チェーン店の調査により分かっています。

サブスクで来店回数を増やしてもらう

割引券ではなくサブスク(月額サービス)でも集客することができます。サービスの内容は、来店する度に1食分が無料になる無料券を配信したり、回数制限付きの無料券を配信したりすることです。また、月額を低く設定し、特定のメニューのみ無料にする企業もあります。サブスクを導入する最大のメリットは、お客さんがお財布を持たなくても食事ができるようになることです。レジが1つしかない店舗も無料券のバーコードを読み取るだけなので、混雑しない限り会計に時間を取られることがなくなります。

GMOおみせアプリは8,800店舗以上の導入実績!

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事