機能紹介 |

機能紹介 |

2020年05月12日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

スマートフォンの普及によって、セール情報を配信したり、スタンプカードなどをアプリ上で提供したりすることが可能になっています。
もっとも、そのようなアプリをお店が独自に開発するのは手間とコストがかかるため、あらかじめ様々な機能が用意されているGMOおみせアプリを利用するのがおすすめです。
そこで、以下ではGMOおみせアプリの機能を紹介していきます。

プッシュ通知・クーポン

プッシュ通知・クーポン機能は、店舗アプリのユーザーに対して店舗に関する情報をプッシュ通知したり、その店舗で使えるお得なクーポンを配信できたりする機能です。
情報配信やクーポンはむやみやたらと送るだけでは十分な効果が得られないケースも多いのですが、GMOおみせアプリでは、送信先のユーザーの属性を限定して送信できるようになっているため、例えば、女性向きの情報を女性ユーザーだけに送ったり、ヘビーユーザーを対象にシークレットセールの開催情報を送ったりできます。

会員証機能・ランクアップ

会員証機能は、スマホアプリ上にその店舗の会員証を表示できる機能です。会員証を物理的に発行するとなるとコストがかかるうえに、ユーザーの邪魔になりかねませんが、モバイル会員証であればそのような心配をする必要はありません。
また、ランクアップ機能を利用すれば、何度も買い物をしてもらっているユーザーに対して、より手厚いサービスを提供することも可能です。

ポイントカード・スタンプカード

ポイントカード・スタンプカード機能を使えば、その店舗だけで使えるポイントやスタンプを記録できるモバイルカードを発行することができます。]
実店舗で発行されているようなプラスチックや紙で作られたカードは、どうしてもかさばってしまうため、頻繁に利用しない限りユーザーに持ち歩いてもらえない恐れがあります。
対して、アプリ上で表示できるカードなら、スマホ一つあればどこにでも持っていけるので、せっかく発行したポイントやスタンプが無駄にならずに済むのです。

回数券・チケット機能

チケット+(プラス)というオプションサービスを利用すれば、アプリ上で回数券や商品券などを作成して、販売できるようになります。
チケットのデザインを選べるようになっているため、自分だけのオリジナルのものを作れる他、アプリ上で配信できるため、余計な配送料などがかからないのもうれしいポイントです。
また、利用期限が迫ってきたときに、ユーザーに通知する機能も備わっているため、ユーザーの利便性向上にも役立ちます。
さらに、チケットはQRコードを使って簡単に発行できますので、高齢者など普段はあまりスマホを使う機会がないという方にも安心して利用してもらうことができるでしょう。

定額自動支払い機能

定額自動支払いは、定期的に商品を購入したりサービスを利用したりするユーザーが、毎月決まった日にちにあらかじめ登録されている支払い方法で自動的に支払えるようになるという機能です。
ユーザーとしては、その都度支払い手続きを行わなくても、自動で支払いが行えるので便利ですし、店舗側としても安定した収入を見込めるようになるためありがたい機能と言えるでしょう。
特に、サブスクリプション型のビジネスを行っている会社にとって定額自動支払いは必要不可欠な決済手段ですので、これに対応しているだけでもGMOおみせアプリの使い勝手の良さが分かるのではないでしょうか。

カート機能

カート機能を利用すれば、実店舗で販売されている商品の取り置きや予約をすることが可能になります。
また、テイクアウトサービスを実施している飲食店などでは、あらかじめカートに商品を入れて購入すれば、あとは店舗にスマホだけ持って行って商品を受け取れるようにもなるのです。
そのため、この機能を利用すれば、在庫があるかどうか分からないのでお店に行きたくない人や、店頭で注文してから待たされるのが嫌という人などにもお店を訪れてもらえるようになるでしょう。

スマホ決済

スマホ決済機能は、GMOおみせPayという仕組みを通じて利用できるようになっています。
ユーザーがあらかじめクレジットカードの情報をスマホに登録しておけば、店頭などで支払い画面を見せるだけで支払いが完了します。
店舗側としては、決済手数料さえ支払えば、他に初期費用や月額料金が必要ないため大きな負担をしなくて済む他、インターネット環境さえあれば専門の端末なども必要ないため、手軽に導入できるでしょう。

顧客管理機能

顧客管理機能を利用すれば、ユーザーがプッシュ通知を受信したり、クーポンを受け取ったりした場合に、実際にどのような行動をとったかを詳しく分析できます。

この分析は、GoogleAnalyticsという専用ツールを用いて行えるようになっているため、店舗が独自にデータを収集する場合と比べて、より精緻な結果が得らえるのです。
その分析結果をマーケティング活動に活用すれば、より効果的な集客活動を行ったり、ロイヤルカスタマーを育成したりできるようになるでしょう。

また、アプリ内のアクセス数が多いコンテンツがどれであるかも分かるため、人気のないコンテンツを削除して人気のあるコンテンツを増やすように心がければ、より多くのユーザーの獲得にもつながります。

GMOおみせアプリの各種機能を活用して効果的にマーケティングを行おう

GMOおみせアプリを利用すれば、セール情報などを配信して効果的にマーケティング活動ができるようになります。
また、ユーザーが持ち運びやすいモバイル用のポイントカードやスタンプカードも発行できるため、高い集客効果を期待することができるでしょう。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531