集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

コスメショップはO2O店舗アプリで若年層の利用を促進

コスメショップはO2O店舗アプリで若年層の利用を促進

2020年05月29日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

リアル店舗を利用しなくなっている若年層

若年層はインターネットショッピングを利用している人が多く 、コスメショップでの購入をしないという人も増えています。

また、2020年初頭から世界的に流行している新型コロナウイルスの感染拡大防止のために行われた外出自粛もこの傾向に拍車をかけていると言えます。

特にコスメショップに関しては、テレワークなどによる在宅勤務や外出自粛の影響でメイクをする必要がなくなったという人も多くダメージが大きいです。

O2O店舗アプリで若年層にアプローチ

若年層はインターネットショッピングを積極的に利用しており、リアル店舗の利用率は下がっています。

O2Oは「Online to Offline」の略であり、インターネット(Online)のサービスを積極的に活用して、実店舗(Offline)へと顧客を誘導する戦略 のことです。

そんな中、近年では「Offline to Online」という逆のO2O戦略も盛んになってきています。

O2O店舗アプリを導入することによって、リアル店舗の利用者に対しを促進し、クーポンの配布やプッシュ通知でインターネットショッピングに誘導するといった手法 がとられております。

まとめ

コスメショップではO2O店舗アプリを利用することで若年層の利用を促進することが可能になるので、導入を検討してみてはいかがでしょうか。

O2Oの成功事例を解説!

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事