集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

アプリ開発でクーポン機能を付けたい!事例と共にメリットをご紹介

アプリ開発でクーポン機能を付けたい!事例と共にメリットをご紹介

2022年03月10日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

紙のクーポンを配ってもクーポンを忘れたり、無くしたりといったデメリットもあります。

せっかく準備をしても、使用率が上がらないこともありますよね。

そこで、クーポンの使用率をあげる方法のひとつが、アプリによるクーポン機能の活用です。

こちらでは、クーポン機能のメリットや事例をご紹介します。

 

クーポン機能は店舗アプリ機能の1つ

クーポン機能は店舗アプリに含まれ、主な機能のひとつです。

使用するためにはクーポンを発行している店舗アプリが必要で、ダウンロードすると使用できます。

そのため、紙ベースのクーポンではないため、忘れたり無くしたりしません。

さらに、クーポン機能であれば、持ち運びに便利です。

 

また、顧客と企業・店舗とのコミュニケーションツールとしても活用可能です。

たとえば、企業・店舗は店舗アプリを使うことで、さまざまな情報を発信できます。

そして、クーポンを確認するだけでも、情報を伝える機会を与えることができます。

クーポン機能を使うメリット

ここでは、クーポン機能の主なメリットを5つご紹介します。

メリット1.顧客との接点が増える

クーポン機能を使うと、顧客との接点が増加します。

顧客との接点が増えることで、商品購入の機会になるだけではなく、ニーズ・要求・クレームなどを把握することも可能です。

顧客との接触機会は、メルマガの購読・ウェブサイトへの訪問・広告のクリックなども含みます。

さらに、プッシュ通知と組み合わせると目に留まりやすくなり、再来店を促進できます。

また、店舗アプリを通じて、さまざまな情報を発信することも可能です。

このように、クーポン機能を使うことは、顧客との接点を顧客との接点を増やすことができます。

メリット2.紙クーポンより利用しやすい

クーポン機能は紙クーポンよりも利用しやすいことがメリットです。

紙クーポンは紙の状態で持ち歩く必要があり、紛失することもあります。

しかし、クーポン機能はスマートフォンに店舗アプリをダウンロードすると、機能に含まれているためかさばりません。

そのため、スマートフォンを忘れない限り、いつでも利用可能です。

メリット3.即効性のあるクーポンを配信できる

クーポン機能で配信するクーポンは、リアルタイムで配信できます。

すぐに利用できることでお得感が増し、クーポンの使用率が上がります。

また、トレンドに合わせてクーポンを配信することも可能です。

紙クーポンの場合、その都度デザインを考え、印刷業者に依頼あるいは自身で印刷する手間があり、時間も労力もかかります。

一方、アプリのクーポン機能ならば、アプリの管理操作で一括配信も可能です。

たとえば、SNSで流行っている・流行りだしそうな商品に合わせたクーポンを配信できます。

メリット4.差別化ができる

クーポン機能を使ってアプリクーポンにすると、同業他社と差別化ができます。

同業他社と同様のことをしても違いが出せず、顧客を獲得できず利益につながりません。

そのため、より多くの顧客を獲得し利益につなげるためにも、クーポン機能を使って差別化を図ることは重要です。

 

たとえば「A商品とB商品を同時に購入すると〇円引き」や「A商品を何個以上購入するとオリジナルグッズをプレゼント」といったように、顧客がお得と感じる内容を用意できます。

メリット5.顧客のロイヤリティ向上につながる

特別感があるクーポンは、顧客のロイヤリティ(顧客が企業・店舗に抱く信頼感)の向上につながることがメリットです。

顧客のロイヤリティを上げることでファンになり、固定客に変化します。

さらに、リピート率や客単価の上昇に影響するイベントでクーポンを配信することもひとつの手段です。

ロイヤリティを向上させるには「〇月お誕生日の方限定」「〇名様限定」といったように特別感を出すことがポイントです。

クーポン機能を導入した事例

GMOおみせアプリで実際にクーポン機能を導入し、改善した事例をサービス業を中心に表で一覧にしてまとめました。ご参考いただけると幸いです。

株式会社KOI CAFE JAPAN様の導入事例

事業内容 台湾茶専門店
導入目的 ・紙製クーポン券の印刷コスト削減したい

・配布の手間を削減したい

・別サービスで利用中のポイントカード機能と、クーポン機能を統合したい

・コストを見直したい

機能 ・新商品を発売したときにクーポンを発行する

・プッシュ通知を活用してお得な情報を配信する

導入した結果 ・コスト面では、印刷代や郵送費用などを30%前後削減に成功した

・プッシュ通知を活用している

・季節限定の商品や新商品の無料サイズアップをクーポン機能ですぐに配信できるようになった

・ダウンロード数は増加している

 

株式会社きらく様の導入事例

事業内容 レストラン
導入目的 ・スマートフォンの時代に合った販促ツールを使って情報配信をしたい

・店舗だけではなく会社をまとめて紹介したい

・リピート率を向上させたい

・他業態の店舗を広めたい

機能 ・各店舗にあるさまざまなメニューをアプリで紹介する

・アプリ経由でインターネットショップへスムーズな誘導する

・顧客の近くにある店舗の検索ができる

導入した結果 ・ニュース機能を使ってピンポイントの情報を随時、配信できるようになった

・開封率が分かるようになったことで、その後の分析につながっている

・業態別のクーポンを月に1、2回配信している

・顧客のクーポン使用回数が増加した

株式会社ビクトリー(エスティーク/フランキンセンス字)様の導入事例

事業内容 トータルビューティーカンパニー
導入目的 ・コスパのいいツールと顧客管理ツールを探していた

・ポイントカードが値上がりしたため、コストカットが必要になった

・最新の情報をリアルタイムで配信したい

・顧客管理を活用して、販売促進につなげたい

・予約サイトへの誘導したり、簡略化したりしたい

・ブランドの構築につなげたい

・会員との関係を深めたい

機能 ・希望の時間帯に各店の来店予約が、予約ボタンを押すだけでできる

・アプリのブログボタンより、美しくなるための情報や日常の出来事をスタッフが配信する

・会員証やスタンプカードをアプリで管理する

・ステージ別の来店サービスを案内する

・スクラッチ機能も活用する

導入した結果 ・お店アプリを導入したことで、多くの方に情報を配信できるようになった

・誕生日クーポンが自動で配信されるため、DMを送っていたときよりも顧客の反応がよくなった

・顧客自らクーポンを提示がある

・顧客がクーポンを使うことが増えた

・来店率が上がった

株式会社カーゾック様の導入事例

事業内容 ファミリーアミューズメント事業・しかけ絵本販売事業など
導入目的 ・コストの削減をしながら、配信数を今までよりも増やしたい

・顧客エンゲージメント(顧客との信頼関係)強化するためのツールが必要だった

機能 ・制限なくニュース配信ができる

・自社オウンドアプリを持つことで自社ブランドの強化する

・スタンプカードやランクアップ機能を使ってリピーター集客を上げる

導入した結果 ・配信数に制限がない

・クーポンとお知らせを別々に配信できるようになった

・全店、同じ画面で管理できる

・コスト削減につながった

・一度に多くの顧客に情報を配信できる

・クーポンやスタンプカードを忘れる顧客が減った

アプリ開発でクーポン機能を付けてファンを増やそう

アプリ開発でクーポン機能を付けるとさまざまなメリットがあります。

しかし、アプリ開発を依頼するとコストがかかります。

そこで、GMOおみせアプリを使うと自社でアプリ開発が可能です。

 

さらに、クーポン機能やポイントカード機能といった必要な機能が付いています。

アプリ開発でクーポン機能を付けて、利用機会を増やし、自社のリピーターを増やすことにお役立てください。

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事