店舗アプリが必要とされる背景・理由

自社オリジナルアプリをカンタン作成

近年ではどの企業も当たり前のように店舗アプリを運用しています。
店舗アプリはなぜ必要とされ普及していったのか、開発のメリット・デメリットを紹介します。
さらに店舗アプリを自作する流れやコツも紹介。店舗アプリを導入しようか迷っている方はぜひ最後までご覧ください。

店舗アプリが必要とされる背景・理由

  • スマホは情報発信力が高い
  • キャッシュレス決済が増えている
  • 通信機器で最も使われているデバイスがスマホ
  • 利便性の向上
  • 比較的低コスト

店舗アプリはさまざまな観点から必要とされています。少し前までは宣伝やクーポンの配布はチラシやメルマガなどが主流でした。しかし、スマートフォン普及率や利便性の高さから、チラシやメルマガを利用する方は少数派となりました。

そのため、スマートフォンで展開する店舗アプリの存在が必要になったのです。また、スマートフォンは情報発信力の高さから、新規のお客様やリピーター確保に長けています。そのため、競争が激しい今の時代に欠かせないものとなっています。近年ではキャッシュレス決済を利用する方も少なくありません。

店舗アプリでキャッシュレス決済を取り入れておくことは必須となりつつあります。さらに比較的低コストで作成することが可能です。これらさまざまな理由により店舗アプリは必要とされています。

店舗アプリを開発するメリット

  • 手軽に利用できるため、情報を届けやすい
  • 店舗オペレーションを簡略化
  • クーポンの配布(リピーター確保)
  • 既存の顧客の満足度を向上、ロイヤルカスタマーの育成
  • データの有効活用(クーポンの利用状況、年代など)ニーズの把握が可能
  • ポイントカードをデジタル化

店舗アプリ開発にはさまざまなメリットが存在します。

手軽に利用できる

店舗アプリは手軽に起動できるため、情報を届けやすいメリットがあります。また、プッシュ通知で情報が更新されたことを伝えることが可能です。

店舗オペレーション簡略化

本来は来店の際に伝える情報もアプリ内で伝えることが可能です。そのため、店舗オペレーションを簡略化することができます。

リピーター確保

情報の届けやすさやクーポン配布などにより、リピーターの確保が行いやすいです。また、情報を拡散することで、新規の顧客が獲得できるメリットもあります。

データの有効活用

店舗アプリではクーポンの利用状況やお客様の年齢や性別などさまざまなデータを見ることができます。そのデータを活用して今のサービスを改善することが可能です。

ポイントカードデジタル化

ポイントカードをデジタル化することで、オンラインで管理することができます。財布がかさばったり紛失する心配が無くなります。

店舗アプリを開発するデメリット

  • 費用がかかる(サーバー代、ドメイン代など)
  • お客様にダウンロードしてもらわなければいけない
  • 開発に手間と時間がかかる
  • アプリ内のトラブルやバグ(運用)
  • 店舗オペレーションの変更(アプリの問い合わせなどに答えられるようにする)

店舗アプリ開発にはメリットだけでなくいくつかのデメリットも存在します。

費用がかかる

アプリの開発にはそれなりの費用が掛かります。また、開発の際だけでなく開発後の運用にも費用が掛かります。

開発に手間と時間がかかる

開発の際はデザインやターゲットなどを詳しく決める必要があるため、手間と時間がかかってしまいます。また、開発を開始してから完成するまでにも1~3か月ほどかかります。

お客様にダウンロードの手間が発生する

アプリを利用するためにはお客様にダウンロードしてもらう必要があります。アプリのダウンロードは簡単です。しかし、簡単な作業も面倒だと感じる方もいます。そのため、アプリをダウンロードしたくなるような対策が必要です。

アプリ内のバグやトラブル

アプリを運用しているとバグやトラブルは必ず発生します。発生するごとに修正の手間がかかります。お客様が不満を持たないように迅速な対応が必要です。

店舗オペレーションの変更

アプリのお問い合わせに答えることができるように、店舗オペレーションを変更する必要があります。

店舗アプリ作成費用の相場

  • 店舗アプリなら500万~
  • 系統によって金額は異なる
  • GMOおみせアプリは初期費用と月額料金が安価
  • 詳しくは資料請求

店舗アプリをフルスクラッチで作成する際の相場は500万円~です。オンライン上のサーバーを利用するクラウド型(SaaS型)の場合は100万円~が相場です。

店舗アプリ作成にかかる費用は対応するOSや機能などによって異なります。そのため、相場の費用よりも安く作成することも可能です。また、高い費用をかければこだわりを持ったアプリを作成することも可能です。

弊社では月額22,000円(税込)~、さまざまなプランをご用意しておりますので料金表をご確認ください。また、お見積もりが必要な場合も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗アプリ作成のポイント

  • 対応OSとバージョンを確認、開発中にもアップデートがくる可能性あり
  • 対応デバイスの確認、スマホやPC
  • デザインを確認
  • 開発スケジュール、かなり時間がかかる可能性がある、しっかり期限を決めておく

店舗アプリ作成の際に意識しておくべきポイントはいくつかあります。

対応OSとバージョンを確認

最新のOSやバージョンに対応するアプリを作成しましょう。開発中や開発後にもOSやバージョンは更新されるため、都度アプリの動作が可能かを確認しましょう。

対応するデバイス

対応するデバイスはPCとスマホの片方だけにするのか、両方にするのかを決めます。自社の提供しているサービスやターゲットを考慮して決めましょう。

デザインを確認

開発を委託する場合もデザインがサービスに合っているのかを確認しましょう。

開発スケジュール

開発スケジュールをしっかりと決めておきましょう。期限を設定していないと開発の進みが悪くなり、想定以上に時間がかかる可能性もあります。

店舗アプリを自作する流れ

  • 企画、どのようなアプリをどのような人をターゲットにするのかを決める
  • 設計、デザインやレイアウト、システム面
  • 開発、設計した物を開発、テストを繰り返す
  • ストア申請

店舗アプリを自作する際は以下のような流れになります。

1. 企画

アプリ開発の企画をします。企画ではどのようなアプリを開発するのかを決めます。また、ターゲットを具体的に決めることも必要です。

2. 設計

企画に沿ったアプリのデザインやレイアウト、システムを設計します。設計をもとに開発を進めるため、重要なフェーズです。店舗アプリを開発するため、お客様のニーズに応えることができる設計なのかを考慮します。

3. 開発

設計の段階で決めたことをもとにアプリを開発します。テストを繰り返しながら使いやすさを向上させ、不具合のないアプリへと仕上げていきます。

4. ストア申請

アプリを配信するにはストアに申請をしておかなければいけません。

店舗アプリを開発した後の流れ

  • 告知や宣伝をして利用者を増やす
  • 運用をしなければいけない
  • バグやトラブルが発生していないか確認
  • OSのバージョンアップなどに合わせてアップデート

開発しても利用者がいなければ意味がありません。宣伝をしてアプリの利用者を増やしましょう。また、店舗アプリは開発した後も運用していかなければいけません。バグやトラブルに目を光らせておく必要があります。

確認次第すぐに修正しましょう。OSやバージョンなどに合わせてアプリをアップデートする必要もあります。さらにお客様からのアプリに対する意見をもとに使いやすいアプリにしていくことも重要です。

開発がゴールではありません。開発後もしなければいけないことが山ほどあることを意識しておきましょう。

GMOおみせアプリ利用企業の声

  • 低予算でも可、コスト削減
  • 予約機能、さまざまな機能が取り付けることができる
  • サービス利用へ自動でご案内
  • 情報発信力増強

GMOおみせアプリを利用してアプリを作成した企業の声をまとめました。

低予算で作成できる

GMOおみせアプリは低予算でもアプリを開発できます。さらにアプリを運用することでコスト削減にもつながります。費用がかかるというデメリットを打ち消すことが可能です。

さまざまな機能を取り付けることができる

商品の予約機能やサービスへと自動で案内してくれる機能など希望に沿った機能を取り付けることができます。利便性を向上させることができ、お客様の満足度も向上します。また、スタンプラリーといったお客様が楽しめるような機能の取り付けも可能です。新規獲得やリピーターの獲得にもつなげることができます。

情報発信力の向上

SNSでは埋もれてしまう情報も確実にお客様に届けることができます。クーポン情報も確実に届けられるため、リピーターを増やすことにもつながります。

アプリの効果は具体的な事例が知りたい方は「活用事例」をご覧ください。

店舗アプリを開発するならGMOおみせアプリ

店舗アプリは今の時代には欠かせないものです。デメリットはいくつか存在します。

しかし、それ以上に得られるメリットが大きいものとなっています。不都合がない限りは開発するべきでしょう。

GMOおみせアプリではさまざまな企業に合わせたプランを用意しています。

まずは資料請求料金表をダウンロードし、ご覧ください。不明な点や気になる点がございましたら、ご気軽にお問い合わせください。

店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】
8,000店舗以上導入!企業・店舗のオンライン化を支援

電子スタンプ

プッシュ通知・サブスク・スマホ決済・スタンプカードや回数券など売上アップの必須機能がまるごと入っているのに低価格なスマホアプリ作成サービスはGMOおみせアプリ!!

JMR 2020 No.1 日本マーケティングリサーチ機構調べ
調査概要:2020年4月期ブランドのイメージ調査