プライバシーポリシー(個人情報保護法に基づく公表事項)改定のお知らせ

アプリ開発を依頼したい!
アプリ開発の工程と開発会社の選び方

自社オリジナルアプリをカンタン作成

企業は自社の情報を発信するためにアプリを使用します。オリジナルのアプリを使用するためアプリ開発が必要です。しかし、専門的な知識が必要なため、アプリ開発会社に依頼します。ここではアプリ開発会社の選び方やGMOおみせアプリについてご紹介するため参考にしてください。

知っておくべきアプリ開発の基礎知識

アプリ開発はもの作りのため、製作工程や費用などを知っておくことが大切です。ここでは知っておくと役に立つアプリ開発の基礎知識をご紹介します。

アプリ開発の依頼先

アプリ開発の依頼先は、アプリ開発会社またはフリーランスエンジニアのいずれかです。
ここでは、アプリ開発会社とフリーランスエンジニアの違いをご紹介します。

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアはアプリ開発会社に属していない、個人で活動をしているエンジニアです。依頼はたいていクラウドソーシング経由で依頼をします。フリーランスエンジニアに依頼するメリットは、エンジニア本人の判断で動けるため、依頼主の要望に対して柔軟に対応できることです。
ただし、個人は気軽に依頼できる反面、契約内容を明確にしておかなければトラブルに発展する可能性があります。そのため、フリーランスエンジニアと契約する場合は、契約書で契約内容を明確にしてください。

アプリ開発会社

アプリ開発会社は、アプリ開発を専門に行うプロ集団です。アプリ開発会社に依頼するメリットは、信頼性があることです。フリーランスエンジニアだと個人の能力に依存します。しかし、専門の会社に依頼すれば、一定の品質を保つことができます。

アプリ開発の費用相場

アプリ開発には費用がかかり、アプリの種類で費用の目安は異なります。費用の目安は以下の表を参考にしてください。

アプリの種類 費用の目安
Webサイトをアプリにする 200~500万円程度
業務アプリ 1,000万円程度
音声SNSアプリ 2,000万円程度
ライブ配信アプリ 1,000~2,000万円程度
店舗アプリ 3~10万円

上記の金額は「iOS/Android対応」にしている場合で、あくまで初期費用です。月額費用も含めると費用はさらにかさみます。店舗アプリの費用は比較的価格が低いものの、今後の運用次第で、開発コストに対する効果が期待できないこともありますので、開発後も考えて設計することをおすすめします。

アプリの開発工程

アプリ開発を初めて担当する場合、アプリ開発の工程を知らないことがほとんどです。ここからはアプリ開発の工程を確認します。ただし、GMOおみせアプリを利用する場合は、省略できる工程もあります。

アプリの内容を決める(企画・立案)

最初に企画・立案の段階で以下を決めることが大切です。
・目的
・内容
・イメージ
・ターゲット
企画・立案の段階でアプリのイメージが曖昧なままでは、狙い通りのアプリが出来上がりません。そのため、製作にかかわる全ての方が把握できるように、アプリの目的やイメージなどは言語化して伝えることが大切です。

アプリ開発会社の選定する

決めた内容を形にするアプリ開発会社を見つけなければ、アプリ開発する目的が達成できません。そのため、1社だけではなく複数社に依頼をし、見積もりも含めて検討して決めることが大切です。

発注の契約を結ぶ

アプリ開発会社を決めたら発注の契約です。費用はもちろん、サポート体制やアプリ運用といった業務内容も含めて契約するとトラブル防止につながります。また、開発スケジュールも確認して、納期に間に合うように調整してから契約をしてください。
スケジュールの参考として、弊社のサービスであるGMOおみせアプリであれば、工程によっては最短40日で開発が可能です。

アプリ開発を開始する

アプリ開発に入ると、アプリ開発会社が製作をします。しかし、任せきりにしてはいけません。たとえば、必要に応じてミーティングや連絡を取り合い、進捗状況や動作確認することも必要です。そうすることで、方向性がズレていても早い段階で修正可能です。

ストアに申請してアプリを公開する

アプリ開発が完了したら、アプリストアへ申請をして公開します。iOSまたはAndroidのどちらも申請すると、ユーザーがアプリを利用できます。ただし、申請段階で修正になったり審査に時間がかかったりするため、スケジュールにゆとりを持たせることがポイントです。

アプリを運用する

アプリは公開しただけでは認知されないため宣伝が必要です。また、公開後は情報更新・不具合の修正などのメンテナンスを定期的に行ってください。そして、蓄積したデータは分析することで、マーケティングに活用することも大切です。たとえば、店舗アプリの場合、顧客の購買頻度にあわせたクーポンの配信も可能です。

アプリ開発会社の選び方

アプリ開発会社はいくつもあります。そのため、アプリ開発会社を選ぶ段階でどの開発会社がいいのか迷うことも珍しくありません。ここではアプリ開発会社の選び方をご紹介します。

自社アプリの得意分野に合致している

アプリ開発会社にはゲームアプリや顧客管理など各社に得意分野があります。そのため、開発を依頼するアプリの内容と、アプリ開発会社の得意分野が一致していることは大切です。なぜなら、得意分野以外のアプリ開発を依頼してしまうと、計画していたクオリティのアプリ開発ができない可能性もあるからです。ただし、明確にアプリの方向性が決まっていないときは、企画・立案の段階から対応可能なアプリ開発会社を選んでください。

また、今までの開発実績を記載しています。開発実績が多いとノウハウも豊富です。そのため、開発実績も合わせて確認をしてください。

プロの立場から提案を受けることができる

開発実績やノウハウが豊富な開発会社は、さまざまな引き出しを持っています。そのため、要望を伝えたうえで、さらに、アプリが良くなるようにプロの立場から提案があることも選ぶ際のポイントです。

費用が明確である

ほとんどの場合、費用は計画が進む段階ではっきりします。そのため、製作前の最終段階で費用が明確に提示されます。もし、費用が提示されていなければ必ず契約する前に確認をしてください。

予算内で目的のアプリを実現できる

製作段階で機能を追加したり新たに機能を開発したりすると費用は変わります。そのため、予算内でどこまで目的のアプリを製作できるかを確認することは大切です。その際、予算・クオリティ・作業範囲などが釣り合っていることをチェックしてください。アプリは便利に使えることが大切であるため、必要な機能は追加しましょう。

対応できる業務範囲が決まっている

会社によっては対応できる業務範囲がデザインのみ、コーディングのみといったように制限があります。そのため、契約を検討しているアプリ開発会社の業務範囲が決まっていないかを確認します。もし、業務範囲外の業務を依頼した場合、追加料金を支払うと対応可能か、そもそも対応をしていないといった点も確認することも大切です。

サポート体制がしっかりしている

アプリ開発は完成すると終了ではありません。完成後にバグが見つかったら修正したり、バージョンアップ作業が必要になったりします。たとえば店舗アプリの場合、スタンプカードが上手く読み取れないと、会計時をお待たせするトラブルになりかねません。
そのため、契約時にサポートの内容を確認します。サポート体制はアプリ開発会社ごとに異なるため、複数社を検討するなら1社ずつサポート体制もチェックしてください。

信頼できるアプリ開発会社を見つけよう

アプリ開発には専門的な知識が必要です。そのため、アプリ開発会社への依頼が一般的です。しかし、依頼すると費用と時間などがかかります。上記の内容を基準として、信頼できる開発会社を探してください。

GMOおみせアプリを選ぶ理由

GMOおみせアプリは2,800社、8,000店舗と数字が表しているように人気があるサービスです。ここでは多くの企業に選ばれている理由をご紹介します。

自社アプリを最短40日で開発

GMOおみせアプリは誰でも手軽に開発ができるように、専用のプログラムを使うことが特徴です。そのため、自社アプリを最短40日で開発ができます。

ジャンル問わず豊富な実績からカスタマイズ

アプリ開発会社の場合、得意分野があるため開発したいアプリ内容と分野が一致していなければ開発が難しくなります。しかし、GMOおみせアプリはジャンルを問わずさまざまなジャンルに対応可能です。さらに、機能開発やカスタマイズができます。そして、カスタマイズにかかる費用はアプリ開発を依頼するよりも低い金額に抑えることが可能です。

顧客データから販促へ有効活用

アプリは情報を発信するだけではなく、顧客データを収集できます。そのため、顧客データから販促へ有効活用が可能です。POS(販売時点情報管理)・CRM(顧客管理)・EC(電子商取引)などのデータを活用します。