商店街に店舗アプリを導入して、定額課金で出来ること

商店街に店舗アプリを導入して、定額課金で出来ること

2020年04月15日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

商店街で、定額課金として知られるサブスクを店舗アプリで行うことで、これまでよりも更にサービスの幅を広げることができます。定額課金というのは、月や週などの一定期間を、一定の金額で利用できるシステムのことです。そして、定額課金は計算が複雑というイメージがある人もいるかもしれませんが、店舗アプリを使うことですぐに導入することが可能です。定額課金を行うことにより、商店街全体の活気にも繋がります。商店街に導入することで、店舗同士の助け合いにも繋がります。たとえば、雑貨店を利用した人だけが、毎月一定の金額でカフェのコーヒー一杯が無料で飲めるサービスや、美容室で定額を利用している人が、近くの花屋で毎月花を半額で購入出来るなど、店舗同士の連携にとても便利です。

また、物を売るだけが定額課金ではありません。たとえば、和菓子店で一定の金額を毎月払うことで、和菓子教室への無料参加が出来るなど、体験型のサービスを取り入れることも可能です。また、不動産屋や弁護士事務所などは、業界ならではの情報をレクチャーするという方法もあります。大切なのは、店舗アプリで定額課金を導入して、商店街の存在を多くの人々に知ってもらうことです。

<料金・詳細について>
詳しいサービス資料は、こちら(https://gmo-app.jp/doc/machiapp_2.pdf
をご参照ください。
費用のお見積や詳しい仕様については、下記よりお問い合わせください。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531