アプリマーケティングとは?どんなメリットがあるの?

アプリマーケティングとは?どんなメリットがあるの?

2022年09月15日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

スマートフォンが普及した今、多くの企業でアプリが導入されており、ユーザーにとってアプリの使用は日常的なことになりつつあります。

 

そうしたなか、ユーザーとコミュニケーションを取る手段として注目されているのが、アプリマーケティングです。アプリを経由して得られた顧客データを分析することで、集客・販売・顧客化につなげることが期待されています。

 

この記事では、アプリマーケティングの概要・メリット・必要な準備について解説します。

3分でわかるGMOおみせアプリ

アプリマーケティングってなにをするの?

アプリマーケティングは、タブレットやスマートフォンで利用するアプリケーション(以下、アプリ)を用いたマーケティング手法です。

 

アプリ内で収集したデータを活用することで、ユーザーのエンゲージメントを強化して、サービスや商品の購入につなげられます。

 

また、アプリマーケティングによって、ユーザーに喜ばれるサービスや機能を提供することで、顧客の固定化を促進することも期待できます。

 

♢アプリマーケティングを利用したサービス例

  • アプリ限定クーポンの配布
  • ポイントの管理
  • 新商品やお得な情報の発信

なぜアプリマーケティングが必要なの?

スマートフォンの普及によって、アプリ使用頻度は増加しています。アプリマーケティングは、新規顧客・リピーター顧客を獲得する施策の一環として必要とされています。

ここでは、実際の数値からアプリマーケティングの必要性を解説し、アプリならではのアクションの起こしやすさを解説しましょう。

スマートフォンの普及

スマートフォンの普及率は、2020年時点で約80%を超えています。年代別でみると、20〜40歳代におけるスマートフォンの普及率はほぼ100%となっており、1人で1台以上保有している方もいます。

 

このように、多くのユーザーがスマートフォンを利用しているため、店舗アプリを介した情報提供が顧客獲得のための重要な施策となると考えられます。

 

出典:総務省「令和2年通信利用動向調査/ 世帯構成員編

ユーザーアクションを要求しやすい

アプリマーケティングを活用すれば、ユーザーのアクションを要求しやすくなります。例えば、以下のような活用方法が挙げられます。

 

♢店舗アプリによるさまざまなサービスへの誘導例

  • プッシュ通知によりサービスのお知らせをする
  • ホーム画面からワンタップでアプリを開く
  • ポイントカード機能の内蔵によりアプリを開く機会を増加させる
  • オンラインショップ機能により、来店なしでの購入につなげる

これらのサービスがすべてアプリを介して利用できるため、ユーザーに向けて多種多様な訴求を働きかけられるでしょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

アプリマーケティングを行うメリット

アプリマーケティングを行うことで得られる主なメリットは、以下の通りです。

 

  • スマートフォン利用者の目に入りやすい
  • 外出先でも使用しやすい
  • ユーザーの情報を集めやすい
  • 店舗情報を一か所にまとめやすい

スマートフォン利用者の目に入りやすい

アプリを経由した情報発信は、ユーザーの目に入りやすくなります。一度インストールしたアプリは、削除を行わないかぎり、スマホを使用するたびに目にする機会を与えられます。

 

画面上で認識されやすいアイコンやプッシュ通知で視認性を増やせば、店舗の来店促進にもつながるでしょう。

 

また、顧客行動をより精密に分析できるようになるため、より効果的なタイミングでクーポンやキャンペーン情報を配布するといったアプローチを行えます。

外出先でも使用しやすい

顧客がスマートフォンの位置情報サービスを使えば、外出先で近くにある店舗を検索できるようになります。店舗限定クーポンやお得情報などを配信すれば、来店を促す効果も期待できます。

 

さらに、顧客が「どの店舗で何を買ったか」を把握できるため、頻繁に買い物をする店舗や売れ行き商品を分析できるようになり、今後のマーケティング活動にも活かせます。

ユーザーの情報を集めやすい

アプリを活用すると、ユーザーの情報を集められるため、年齢・性別・購入履歴などに合った情報発信が可能になります。

 

♢アプリ経由で得られる主なユーザー情報

  • 簡単なアンケートによる顧客情報
  • 購入履歴によるユーザーの好み
  • GPS機能でユーザーの近隣店舗を把握
  • おすすめ商品・お得情報の開封率

多様なデータを収集・分析することで、より訴求力の高いアプローチ方法を検討したり、アプリの設計を見直したりすることが可能です。

店舗情報を一か所にまとめやすい

店舗情報のプラットフォームとして、アプリに情報をまとめられることもメリットの一つです。WebサイトやSNSに情報が点在している場合、ユーザーによる情報収集に時間がかかってしまい、来店や購入を諦めてしまう可能性があります。

 

アプリに店舗情報を集約することで、ユーザーがさまざまな情報をまとめて確認できるため、来店につながる可能性が高まることが期待できます。

3分でわかるGMOおみせアプリ

アプリマーケティングに必要な準備

アプリマーケティングを実施するには、アプリの開発・公開が必要です。

また、公開後は情報の更新・OSのアップデート・アプリの不具合などに対応する必要があります。ここからは、アプリマーケティングの準備について解説します。

アプリの開発

アプリの開発は、自社開発するか、外部のアプリ開発会社に委託するかといった2種類の方法があります。

 

外部に委託する際は、以下の点に気をつけましょう。

 

  • 自社の方向性に合ったジャンルを得意としているか
  • アプリ開発・公開後のサポート体制が充実しているか

アプリ開発には、時間と費用がかかります。そのため、見積もり時点で複数社から開発期間・費用の目安を聞いておくことをおすすめします。また、自社の商品・サービスに適したアプリを開発できる会社を選ぶことが大切です。

アップデートへの対応

アプリ開発が終わり、公開した後は、適切なアップデートやメンテナンスを行う必要があります。OSのバージョンアップに伴う対応や、アプリの不具合に対する修正について、事前に運用体制を整えておくことが重要です。

まとめ

今回は、アプリマーケティングについてご紹介しました。

 

GMOおみせアプリは、大規模なアプリ開発をすることなく、自社アプリが簡単に作れるアプリプラットフォームです。店舗アプリを活用することで、ユーザー情報を活用したアプリマーケティングを実施できます。

 

柔軟なカスタマイズやデータの利活用に対応しているため、店舗の集客や顧客化を後押しします。店舗集客にお困りの方は、お気軽にお問い合わせください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ