集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

観光業なら店舗アプリの定額課金を活用しよう

観光業なら店舗アプリの定額課金を活用しよう

2020年05月29日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

店舗アプリの定額課金とは

店舗アプリで利用できる定額課金とは、利用を申し込んだユーザーに対して毎月一定の金額を課金するシステムです。定額サービスを提供するときに有用な方法で、ユーザーはアプリから簡単に申し込みも契約内容の変更もできます。アプリ内課金として取り扱えるので決済もスムーズなのが魅力です。

観光業での定額課金の活用

観光業でもサブスクリプションサービスが浸透してきています。レンタカーやカーシェアリング、バスや自転車などの定額サービスを提供するのが典型例です。
また、ツアー旅行についても定額課金で運用することができるでしょう。毎月定額の料金の支払いで同月内に利用可能なポイントを付与し、そのポイントを使ってツアーに割安で申し込んでもらうといった形にすると、毎月安定した利用を促すことができます。
新しいツアーをアプリのプッシュ通知で送って販促手段としたり、残額ポイントを管理したりできるため、有用なツール となります。

まとめ

観光業でのサブスクリプションサービスやポイントサービスには店舗アプリの定額課金が有用です。
店舗アプリパッケージのおすすめはGMOおみせアプリです。下記ボタンから是非資料をご覧ください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事