集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

雑貨屋では店舗アプリを使って効果測定しよう

雑貨屋では店舗アプリを使って効果測定しよう

2020年05月29日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

雑貨屋の効果測定は店舗だと難しい

集客数を増やすために新商品の発売や割引クーポンの発行など、店舗ごとに様々な施策 を考えることが少なくありません。
しかし、雑貨屋の場合、店舗だけで集客や販促の効果測定をはかることは難しいかもしれません。何故なら、プロモーションを行うことだけが目的となってしまい、その効果をきちんと測定することまで目を向けられないことがある からです。

店舗アプリとは

スマートフォンを持つ顧客が増えていることから、店舗アプリを活用する雑貨店が多くなっています。 店舗アプリとは、顧客のスマートフォンを活用して、販促や集客を容易にするツールです。店舗アプリには、スタンプカード機能やプッシュ通知機能、さらにはクーポン機能などが備わっています。これを活用すれば、リピーターを増やす効果が期待できます。

業務効率化を促進

さらに店舗側としても、業務効率化を促進できるメリット があります。データが電子化されることによって、顧客のデータ管理業務が容易となります。例えば、販促や集客目的で実施した施策に対する効果測定もデータ化できるため、今後の販売戦略を見直すことも有効です。 

3分でわかるGMOおみせアプリ

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事