無人フィットネスジムやパーソナルトレーニングジムでアプリが支持されている理由!

無人フィットネスジムやパーソナルトレーニングジムでアプリが支持されている理由!

2020年10月23日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

新しいサービスとして、無人フィットネスジムやパーソナルトレーニングジムの注目度は高まっています。そして、これらの施設の運営では、アプリが広く使われるようになりました。アプリは施設側にとっても利用者側にとっても、多くのメリットをもたらしてくれます。この記事では、無人フィットネスジム、パーソナルトレーニングジムとアプリの関係を解説します。

どうして無人やパーソナルトレーニングのジムが流行っている?

コストがかからない

無人フィットネスジムのメリットは、トレーナーを雇う人件費がかからない点です。ジムを経営するにあたって、トレーナーの給料はかなりの支出になりえます。無人ジムにすることで人件費が抑えられるうえ、24時間体制で幅広い客層に訴求しやすくなるのです。

周囲を気にせずトレーニングできる

利用者によってはトレーナーと会話せず、自分のペースで運動したいという人もいます。集団でのトレーニングが苦手な場合もあるでしょう。無人ジムは、通常のトレーニング施設に足を運びづらいと思っている人への需要があります。周囲を気にせず、リラックスしてトレーニングできる場所として人気です。

トレーニングの質を高められる

パーソナルトレーニングジムの場合、専門家がマンツーマンでついてくれるのは、利用者の大きなメリットでしょう。自分の課題、欠点が余すところなく判明するうえ、正しいトレーニング方法を手とり足とり教えてもらえます。本格的に体を鍛えたい利用者から、パーソナルトレーニングジムは絶大な支持を受けてきました。

コロナ後に関心が集まる

無人ジムもパーソナルトレーニングジムも、新型コロナウイルス感染拡大後に注目度を伸ばしています。なぜなら、「新しい生活様式」が提唱される時代において、3密になりやすい従来のジムを不安視する人が増えてきたからです。無人ジムもパーソナルトレーニングジムも集団を避けながら、本人の望む運動ができる空間だといえます。

ジムで利用されているアプリに備わっている機能とは

予約・スケジュール管理

アプリを導入すれば、利用者が自分でジムの予約を取るようになります。また、スケジュールもアプリ画面から確認することが可能です。施設側はこれらの対応に追われることがなくなり、他の業務に時間と人手を割けるようになります。たとえば、マーケティングや宣伝などの利益に直結する作業へと注力できるでしょう。

トレーニング調整

利用者はアプリを通じて、自分のデータを閲覧できます。そして、現時点での能力に応じたトレーニングを調整できるのです。さらに、「目標達成のためにこのトレーニングを何回続けるべきか」といったゴールの設定もアプリから行えます。本来ならトレーナーが担当していた仕事をアプリに委ねられるので、無人ジムを経営しやすくなります。

利用者の履歴を可視化

無人ジムであっても、利用者のトレーニング履歴を運営側は把握しておかなくてはなりません。また、パーソナルトレーニングの進捗も情報共有するのが理想です。ただ、トレーニング内容を運営に報告する手間が発生すれば、利用者は手間に感じてしまうでしょう。アプリは、利用者の履歴を簡単に可視化してくれます。利用者やトレーナーに問い合わせなくても、誰がどのように施設を利用しているのかが一目瞭然です。そのデータに合わせて、運営者から的確なアドバイスを送ることもできます。

どのような影響がある?アプリを使ったジム経営のメリット!

情報発信

アプリでは利用者それぞれの履歴に基づいて、的確な情報発信を行えます。利用者がもっとも知りたいと思っている情報を理想的なタイミングで送れるので、ロイヤリティが向上するのです。また、ターゲット層のペルソナ像を設定し、具体的なマーケティングプランを考案する際にもアプリは役立ちます。競合他社に顧客を奪われにくくなり、いわゆる「囲い込み」が成立するでしょう。

予約のオンライン化

利用者がアプリを使えば、予約を完全にオンラインで完結させられます。運営側の負担が軽くなるのはもちろん、顧客にとっても便利なサービスです。さらに、伝達ミスによる行き違いがなくなり、正確な予約情報をリアルタイムで画面から閲覧できます。部屋やトレーニング器具などのバッティングも未然に防げます。

メソッドやトレーニング器具情報の共有

ジム側が開発したトレーニングのメソッドを、アプリ内のコンテンツで詳しく説明することが可能です。利用者はジムにいる時間以外でも、メソッドを予習・復習できるため上達がスムーズになります。また、トレーニング器具の新着情報や使い方もアプリから配信できます。

休眠ユーザーへのアプローチ

しばらくジムに来ていないユーザーを顧客管理画面からチェックし、顧客の感じている問題を予測して、解消するための情報を配信できます。アプローチの精度が高まれば、休眠ユーザーの復活へと近づけます。

GMOおみせアプリでオウンドアプリを開発しよう

運営の負担を軽くするサービス

6000店以上の導入実績を誇る、オウンドアプリ開発サービスが「GMOおみせアプリ」です。マーケティングからコスト削減、業務効率化など、事務運営者が抱えているさまざまな課題を解決する手段として、現場で評価されてきました。会員カードや予約カレンダーなど、運営にとって煩わしかった作業も、GMOおみせアプリなら簡略化できます。しかも、販促活動の効果測定もできるので、成果に直結する業務に予算と人手を割けるようになります。

ロイヤルカスタマーを育成

GMOおみせアプリが注目を集めている理由のひとつが、ロイヤルカスタマー育成機能の充実です。回数券やスタンプ、メッセージ配信などでジムと利用者の絆を強め、リピートを促します。特に、無人ジムでは顧客との接点が少ないため、ロイヤリティを育成しにくいのは大きな問題でした。GMOおみせアプリ、運営者と利用者が顔を合わせなくてもコミュニケーションを取れる最適の形を構築できます。利用者のニーズに応じた提案ができるようになれば、ますますジムとの信頼関係は強まっていくでしょう。

無人ジムやパーソナルトレーニングジムならGMOおみせアプリの検討を

コロナ後の生活様式において、無人ジムやパーソナルトレーニングジムの需要は高まっています。ただし、これらの施設で顧客のロイヤリティを高めようと思えば、スタッフによる接客以外の部分を強化しなくてはなりません。店舗アプリ作成サービス【GMOおみせアプリ】を導入すれば、ジムの運営方針や顧客の傾向に沿って、的確なアプローチを実現できるでしょう。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531