店舗アプリ導入でつまずきたくない!アプリアイコンデザイン重要性や事例もご紹介

店舗アプリ導入でつまずきたくない!アプリアイコンデザイン重要性や事例もご紹介

店舗アプリを導入する企業は、増加傾向にあります。しかし、店舗アプリ導入にかかるコストや、店舗アプリで利用できる機能について疑問を持つ方は少なくありません。

実際に店舗アプリを導入するなら「GMOおみせアプリ」がおすすめです。利用する機能をカスタマイズでき、低コストでアプリ販促を始めることができます。

今回の記事では、店舗アプリのメリットや導入の際につまずきやすい点について解説します。つまずきやすい点とともに「GMOおみせアプリ」で可能なサポートもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

目次

店舗アプリとは?

店舗運営をする企業が提供するスマートフォンアプリです。会員情報管理をはじめ、ポイント付与・クーポン配信・プッシュ通知(最新情報配信)などが主な機能です。

若い世代からシニア層まで、多くの人が現在スマートフォンを保有しています。
店舗アプリはスマートフォン上にアプリをインストールするだけで、誰でも利用可能です。そのため、幅広い年代に利用され、店舗アプリが普及してきています。

店舗アプリを導入するメリット

店舗アプリを導入すれば、さまざまなメリットを得ることができます。

  • 既存顧客との繋がりを持てる
  • クーポン配信・プッシュ通知で再来店のきっかけ作り
  • SNSと連携し拡散力アップ
  • 広い世代で利用される可能性
  • アプリ利用者のデータを分析できる
  • ポイント付与をデジタル化できる

このように、店舗アプリは集客だけでなく、リピーターを獲得するためにも有効な方法です。特に、利用者のデータを分析できれば、新たな企画や商品に向けた情報を得ることができます。

ポイント付与のデジタル化は、店舗スタッフにとっても便利な機能です。アナログのポイントカードは、来店の際忘れることや再発行の手間がかかります。

スマートフォンは24時間ほとんどの人の手元にあり、電子化されたポイントカードなら持ち忘れることがありません。それにより店舗スタッフは再発行の手間がかからず、お客様はポイントを貯める機会損失をなくすことができるのです。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

アプリのアイコンデザインの重要性

ユーザーがアプリに抱く第一印象はアプリのアイコンデザインによって決まります。

また、アイコンデザインは他のアプリとの差別化を図るためにも大切な要素です。

アプリストアにおいて新しいアプリのキーワードで検索したときに、最初に目に入る情報はアプリのアイコンではないでしょうか。

人の脳は文章よりも視覚からの情報の方を早く処理するため、アプリのアイコンデザインはASO(アプリストア最適化)に対して効果的です。

さらに、アプリのアイコンデザインをユーザーにわかりやすいものに変更することでCVRの向上も期待できます。

アプリのアイコンをデザインする際の手順

アプリのアイコンデザインの重要性について解説しました。次はアプリのアイコンをデザインする際の手順として

  • 自社のターゲット層や戦略を整理する
  • 戦略やメッセージをデザインに落とし込む

の2つを紹介します。

自社のターゲット層や戦略を整理する

  • ターゲット層やコンセプトに合わせたアイコンが重要
  • 意味が伝わりやすく、かつターゲット層に刺さるデザインを考える
  • 色合いや、デザインの中心になるものを決めるためには、ターゲットの選定が重要

アプリのアイコンをデザインする上で、最初に行いたいことは自社のターゲット層とコンセプトを明確にすることです。

好まれるデザインはターゲット層の年代や性別などによって変わります。

例えば、同じカレンダーアプリであっても、子ども向けならカラフルでかわいい印象のデザイン、仕事で使う大人向けならシンプルなデザインが好まれるでしょう。

また、アプリに使用する色もターゲット層とコンセプトによって変わります。健康系なら緑色、女性向けの自撮りアプリにはピンク系などがイメージしやすいでしょう。

カメラアプリならカメラやレンズ、レシピアプリならコック帽や食器といったように、デザインを見ただけでアプリの内容がかわかるようにすれば、ダウンロード数の向上につながります。

戦略やメッセージをデザインに落とし込む

  • 意図の伝え方をデザインとして落とし込む
  • プロジェクト外のメンバーに感想を聞くとよい
  • 先入観を持たない人間に意見を聞く

ターゲット層とコンセプトを明確にしたら、次はメッセージをデザインに落とし込みます。

デザインができたら、プロジェクトに関わっていない人にデザインの感想を聞きましょう。プロジェクトメンバーはメッセージや意味を理解しているため、完成したデザインを初めてみても、一般の人が初めて見る第一印象ではありません。

プロジェクト外のメンバーはそのデザインに先入観がなく、メッセージも知らないため、一般の人と同じ意見をもらえます。

プロジェクト外の人が第一印象でパッと見たときにメッセージが伝わるデザインを意識して作成しましょう。

アプリのアイコンをデザインする際のポイント

ターゲット層やコンセプトを明確にしたデザインができても、それだけでは完成とはいえません。

次にアプリのアイコンをデザインする際のポイントを3つ紹介します。

それぞれの要素を組み合わせて、より最適化したデザインを作成しましょう。

ビジュアルやロゴで印象を付ける

他のアプリと並んだ時に特徴的で目を引くビジュアルで印象付けるのも効果的です。

「Instagram」「メッセンジャー」は背景がグラデーションで他のアプリと差別化しています。

また、「GU」「ZOZOTOWN」「hulu」などのようにブランド名や社名をロゴとして記載すると他のアプリに埋もれずに目立たせられます。

凝ったデザインではなく、グラデーションやロゴなどシンプルなデザインで目を引くことを意識しましょう。

シンプルなデザインで簡潔にイメージを伝える

アプリアイコンはデザインに含まれる要素が多くなるとごちゃごちゃした印象を与え、どのようなアプリか分かりにくくなります。

「Facebook」は青背景に白いFの文字、「Twitter」は水色の背景に白い鳥とシンプルで、誰でもすぐにイメージできます。

このようにアプリアイコンを作成する際は極力シンプルなデザインを意識して作成しましょう。

競合相手を基に分析をする

アプリのアイコンデザインを作成する上で競合相手の分析も重要です。

自社アプリと同じジャンルの人気がある競合相手のアイコンをいくつか並べます。

そして、そこに自社アプリを混ぜて、目立つかを確認しましょう。

また、アイコンは複数パターンを試して、効果を分析するのも必須です。

背景の色を変えたりグラデーションの背景にしたり、文字を入れたり、イラストだけにしたりなど複数のアイコンパターンを試して反応のよいデザインを探しましょう。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

店舗アプリを導入する際につまずきやすいところ

店舗アプリ導入でつまずきやすい点を以下でご紹介します。

「GMOおみせアプリ」であれば、提案から導入まで専任スタッフのサポートがあります。さらに、運用に関するサポートツールも用意してあるため、不安が残りません。

なんとなくアプリ開発してしまう

アプリを開発する前に、目的やイメージを膨らませることが重要です。なんとなくでアプリを開発することはおすすめできません。なぜなら、必要な機能や配信内容がはっきりせず、店舗アプリのよさを最大限発揮できない可能性があるためです。

事前にアプリの具体的なイメージを持ち、目的を明確化しておきましょう。

スタッフの接客にまでアプリが浸透していない

店舗アプリを導入する際、スタッフがアプリの目的や機能を理解できていないと、スムーズな接客ができません。そのため、本格導入する前にスタッフのみでのテスト利用をおすすめします。実際にお客様目線で利用し、疑問に思う部分を出し合って、マニュアル化することで解決できます。

あらかじめスタッフがアプリについての理解を深めた上で、運用を開始させましょう。

管理画面の操作や運用方法に悩む

店舗アプリは導入するだけで終わらず、導入後の管理や運用も必要です。機械にあまり詳しくないスタッフが管理・運用する可能性もあります。管理・運用を進めながら、店舗独自のマニュアル作成をおすすめします。

「GMOおみせアプリ」では、運用に関するサポートツールを提供しています。サポートツールを有効活用することで、管理や運用についての悩みを解決できます。

ご興味のある方はお問い合わせください。

お客様へアプリをどのようにおすすめすればよいか分からない

店舗アプリを導入後、お客様にアプリをインストールしてもらうことが重要です。店舗アプリのインストールを促すには、店内ポップやレシートにインストール用QRコードを記載するといった方法が有効です。レジやお客様と接する際に口頭でおすすめすることも一つの手段です。

店舗に合った方法で、店舗アプリのダウンロードを促しましょう。

配信したクーポンが利用されていない

クーポンには店舗によって制度や適用条件がさまざまですが、お客様・スタッフどちらの目線から見ても分かりやすい内容であることが重要です。せっかく配信したクーポンでも、お客様が存在を忘れている可能性もあるので、店頭でのお声がけをしてみるなど、運用に工夫が必要です。

「GMOおみせアプリ」では、店舗に合わせた最適な運用をアドバイス・サポートする「カスタマーサクセス」を行っています。現場の声を聞き、カスタマーサクセスと伴走しながら、運用方法の変更や場合によっては機能のカスタマイズを検討しましょう。

既存アプリとの違いが分からない

例えば、すでに運用中の公式アプリがあり、新しく店舗限定アプリやキャンペーン限定アプリを制作するような場合、それぞれの違いを明確にすることが重要です。

お客様に違いが伝わらなければ、新たに導入したアプリをインストールしてもらえないといった問題が出てきます。そのため、どのような方法で違いを理解してもらえるかを考えなければなりません。
例えば、アプリアイコンのデザインに特徴を加えたり、アプリの内容を説明するポップを設置したりといった方法があります。

既存アプリを運用している際は、どのような違いを打ち出すかについてあらかじめ検討することが重要です。

複数の業態をどのようにして1つのアプリにまとめるのかが分からない

1つの企業が複数の業態を運営している場合、複数の業態を1つのアプリにまとめることができます。
各店舗の集客を含め、会社の認知度向上にもつながります。しかし、複数の業態を1つにまとめるとなると、何から始めればよいのか迷う可能性もあります。

「GMOおみせアプリ」では、アプリの機能をカスタマイズできます。そのため、どのような機能を使えば、複数の業態がうまくまとまるのかを考慮して制作することが可能です。

導入してみたら不要な機能だった

店舗アプリの目的や運用方法によっては、があります。そのため、どの機能が必要なのかを見極めることが必要です。

「GMOおみせアプリ」では、すでに導入していて不要になった機能でも、導入後に修正することが可能です。運用状況に応じて利用する機能を見極め、店舗アプリを有効活用しましょう。

制作費用に見合うアプリになるのかが分からない

店舗アプリの制作にはコストを伴います。そのため、コストをかけて制作しても、利用価値がなかったらお金を無駄にしてしまうといった不安が残ります。

そこで「GMOおみせアプリ」では、無料デモンストレーションがオンラインで体験できます。具体的な運用方法や管理画面のイメージを体験可能です。導入相談にて、店舗に合った機能やプランについて相談でき、制作後のギャップを低減できます。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

まとめ

店舗アプリには導入するメリットが複数あります。しかし、スタッフやお客様がアプリを理解して利用できなければ、店舗アプリによる効果を最大化できません。そのため、店舗アプリを導入する前に、つまずきやすい点と解決策について知り、準備しておくことが重要です。

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2023年10月時点で、3,050社以上の企業と10,000店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

提案から導入、そして運用方法に関するサポートをご用意しておりいます。店舗アプリの導入を検討する際は、気軽に「GMOおみせアプリ」までご相談ください。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく