店舗アプリ導入でつまずきたくない!事例とともにご紹介

店舗アプリ導入でつまずきたくない!事例とともにご紹介

2022年03月10日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

店舗アプリを導入する企業は、増加傾向にあります。しかし、店舗アプリ導入にかかるコストや、店舗アプリで利用できる機能について疑問を持つ方は少なくありません。実際に店舗アプリを導入するなら「GMOおみせアプリ」がおすすめです。利用する機能をカスタマイズでき、低コストで店舗アプリを始めることができます。

今回の記事では、店舗アプリのメリットや導入の際つまずきやすい点について解説します。つまずきやすい点とともに「GMOおみせアプリ」で可能なサポートもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

店舗アプリとは?

店舗運営をする企業から提供されるスマートフォンアプリです。会員情報管理をはじめ、ポイント付与・クーポン配信・プッシュ通知(最新情報配信)を目的として導入されます。

若い世代からシニア層までを含めた多くの人が、スマートフォンを保有しています。そして、店舗アプリはスマートフォン上にアプリをインストールするだけで、誰でも利用可能です。そのため、利用できる世代も幅広く、店舗アプリが普及しつつあります。

店舗アプリを導入するメリット

店舗アプリを導入すれば、さまざまなメリットを得ることができます。

  • 既存顧客との繋がりを持てる
  • クーポン配信・プッシュ通知で再来店のきっかけ作り
  • SNSと連携し拡散力アップ
  • 広い世代で利用される可能性
  • アプリ利用者のデータを分析できる
  • ポイント付与をデジタル化できる

このように、店舗アプリは集客だけでなく、リピーターを獲得するためにも有効な方法です。特に、利用者のデータを分析できれば、新たな企画や商品に向けた情報を得ることができます。

 

ポイント付与のデジタル化は、店舗スタッフにとっても便利な機能です。アナログのポイントカードは、来店の際忘れることや再発行の手間がかかります。しかし、ほとんどの人はスマートフォンを24時間持ち歩いています。そのため、ポイントカードを忘れることもなく、店舗スタッフは再発行の手間を省くことができるのです。

店舗アプリを導入する際につまづきやすいところ

店舗アプリ導入でつまずきやすい点を以下で1つずつご説明します。

 

「GMOおみせアプリ」であれば、提案から導入まで専任スタッフのサポートがあります。さらに、運用に関するサポートツールも用意してあるため、不安が残りません。

なんとなくアプリ開発してしまう

アプリを開発する前に、目的やイメージを膨らませることが重要です。なんとなくでアプリを開発することはおすすめできません。なぜなら、必要な機能や配信内容がはっきりせず、店舗アプリのよさを最大限発揮できない可能性があるためです。

 

事前にアプリの具体的なイメージを持ち、目的を明確化してください。

スタッフの接客にまでアプリが浸透していない

店舗アプリを導入する際、スタッフがアプリを理解できていないと、スムーズな接客ができません。そのため、本格導入する前にスタッフのみでのテスト利用をおすすめします。実際にお客様目線で利用し、疑問に思う部分を出し合って、マニュアル化することで解決できます。

 

あらかじめスタッフがアプリについての理解を深めた上で、運用を開始させましょう。

管理画面の操作や運用方法が悩む

店舗アプリは導入するだけで終わらず、導入後の管理や運用も必要です。機械にあまり詳しくないスタッフが管理・運用する可能性もあります。管理・運用を進めながら、店舗独自のマニュアル作成をおすすめします。

 

また「GMOおみせアプリ」では、運用に関するサポートツールを提供しています。サポートツールを有効活用することで、管理や運用についての悩みを解決できます。

ご興味のある方はお問い合わせください。

お客様へアプリをどのようにおすすめすればよいか分からない

店舗アプリを導入後、お客様にアプリをインストールしてもらうことが必要があります。店舗アプリのインストールを促すには、店内ポップやレシートにインストール用QRコードを記載するといった方法が有効です。レジやお客様と接する際に口頭でおすすめすることも一つの手段です。

 

店舗に合った方法で、店舗アプリのダウンロードを促しましょう。

配信するクーポン制度がうまく理解できていない

クーポンには店舗によって制度や適用条件があります。お客様・スタッフどちらの目線からも分かりやすくすることが重要です。

 

「GMOおみせアプリ」では、運用する上で分かりづらい部分があれば、機能のカスタマイズも可能です。現場の声を聞きながら、運用方法の変更や機能のカスタマイズを検討しましょう。

既存アプリとの違いが分からない

例えば、すでに公式アプリがあり、新しく店舗限定アプリを制作するような場合、それぞれの違いを明確にすることが重要です。お客様に違いが伝わらなければ、新たに導入したアプリをインストールしてもらえないといった問題が出てきます。そのため、どのような方法で違いを理解してもらえるかを考えなければなりません。例えば、アプリアイコンのデザインに特徴を加えたり、アプリ内容について説明するポップを設置したりといった方法があります。

 

既存アプリを運用している際は、どのような違いを打ち出すかについてあらかじめ検討することが重要です。

複数の業態をどのようにして1つのアプリにまとめるのかが分からない

1つの企業が複数の業態を運営している場合、複数の業態を1つのアプリにまとめることができます。各店舗の集客を含め、会社の認知度向上にもつながります。しかし、複数の業態を1つにまとめるとなると、何から始めればよいのか迷うことがあるでしょう。

 

「GMOおみせアプリ」では、アプリ内で利用する機能をカスタマイズできます。そのため、どのような機能を使えば、複数の業態をうまくまとまるのかを考慮することが重要です。また、運用するにあたって必要な機能があれば、その都度改善することをおすすめします。

導入してみたら不要な機能だった

店舗アプリの目的や運用方法によっては、必要のない機能があります。そのため、どの機能が必要かどうかを見極めることが必要です。

 

「GMOおみせアプリ」では、すでに導入していて不要になった機能でも、導入後のカスタマイズも可能です。運用状況に応じて利用する機能を見極め、店舗アプリを有効活用しましょう。

制作費用に見合うアプリになるのかが分からない

店舗アプリの制作にはコストを伴います。そのため、コストをかけて制作しても、利用価値がなかったらお金を無駄にしてしまうといった不安が残ります。

 

そこで「GMOおみせアプリ」では、無料デモンストレーションがオンラインで体験できます。具体的な運用方法や管理画面のイメージを体験可能です。導入相談にて、店舗に合った機能やプランについて相談でき、制作後のギャップを低減できます。

まとめ

店舗アプリには導入するメリットが複数あります。しかし、スタッフやお客様がアプリを理解して利用できなければ、店舗アプリによる効果を最大化できません。そのため、店舗アプリを導入する前に、つまずきやすい点と解決策について知ることが重要です。

 

「GMOおみせアプリ」では提案から導入、そして運用方法に関するサポートをご用意しておりいます。店舗アプリの導入を検討する際は、気軽に「GMOおみせアプリ」までご相談ください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリの関連記事】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月28日
    活用のヒント

    活用のヒント

    NFC決済で簡単便利に!...

    2022年06月28日

    近年、コンビニや小売店ではタッチ決済が採用されています。タッチ決済とは...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ開発に必要な費用は...

    2022年06月24日

    アプリの開発にはどの程度費用がかかるのでしょうか。アプリ開発の際には費...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ制作会社おすすめ1...

    2022年06月24日

    アプリ制作会社とは、アプリの企画・開発からストア公開までを行う企業です...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    オムニチャネルとは、メリ...

    2022年06月24日

    オムニチャネルは小売業やECサイトを中心に活用されている販売戦略です。...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531