アプリでテイクアウトをスムーズに!導入例も紹介 自社オリジナルアプリをカンタン作成

アプリでテイクアウトをスムーズに!導入例も紹介 自社オリジナルアプリをカンタン作成

2022年07月28日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

コロナ禍で需要が高まっているテイクアウトは、店舗アプリでの導入がスムーズです。

店舗アプリにテイクアウト機能があると、店側にも客側にもさまざまなメリットがあります。本記事ではそのメリットを詳しく解説するとともに、実際の導入例も紹介します。

3分でわかるGMOおみせアプリ

コロナで大幅に増加したテイクアウト需要

新型コロナウィルスの影響で、テイクアウトを利用する消費者が増加しています。
内閣府・経済財政が、令和3年4月30日に発表したマンスリートピックス(※)でも、テイクアウトの増加に言及しています。

2020年には外食割合が低下する一方、中食(テイクアウト)の割合が上昇しています。
国や自治体がテイクアウトを新たに始める飲食店に、補助金や助成金を支給したことも、テイクアウトの成長に繋がったと推測できるでしょう。

外出自粛や三密回避などのようなコロナ対策が長期化する今、テイクアウトは今後ますます需要が伸びていくと考えられます。

※参考:内閣府・経済財政分析「新型コロナウイルス感染症禍の外食産業の動向 」

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリでテイクアウト機能を付けよう

テイクアウトサービスを導入する際は、店舗アプリにテイクアウト機能を付ける方法がスムーズです。

店舗アプリのテイクアウト機能とは、顧客のスマートフォンから店のメニューを注文予約できるシステムです。

注文から決済までスマートフォン上で完結するため、後は店頭での商品受け渡しのみで済みます。店側も客側も、大幅に手間と時間を節約できます。

テイクアウト予約アプリの使用方法

テイクアウト予約アプリの使用方法は、従来とはまったく異なります。
従来は「実際に来店して注文→商品の出来上がりを待つ→商品を受け取る→その場で会計」という流れでした。

テイクアウト予約アプリの場合は「来店前に客側がスマートフォンで注文予約→決済完了→指定時間に来店→商品を受け取るのみで退店」という流れです。客が店に滞在する時間が大幅に減りました。

アプリでテイクアウト機能を使う店舗側のメリットとは

アプリでテイクアウト機能を使う店側のメリットを、5つに分けて詳しく説明します。

オペレーションコストを下げることができる

テイクアウトアプリを利用すると、オペレーションコストを大幅に下げることができます。従来の方法だと、電話や会計時の応対に多くの手間と時間が取られていました。

しかし、アプリを使用すると実際にかかる作業は商品作成と引き渡しのみのため、大幅に負担が減ります。オペレーションコストが下がると、少ない店員でシフトが回るため、人件費の削除にも繋がる可能性があります。

非接触型接客が可能になる

テイクアウトアプリを利用すれば、非接触型接客が可能になります。注文から決済まで客側のスマートフォンで完結するため、顧客と店員の接触は必要最低限で済むでしょう。

非接触型接客は、コロナ対策の三密回避になるうえ、コスト削減や業務効率化にも寄与します。

顧客管理がしやすい

顧客管理のしやすさも、テイクアウトアプリの魅力です。
注文履歴から顧客情報が分かり、顧客の好みやニーズを探りやすくなります。顧客情報を読み解くことで、さらにニーズに沿った情報発信が可能です。

例えば、いつも同じメニューをオーダーする顧客に対して「◎◎が今なら50円引き!」のような、お気に入りのメニューに使用できるクーポンを配信します。すると、顧客側の来店機会や来店頻度が向上する可能性が高まります。

店の存在をアピールする機会が増える

テイクアウトアプリを利用すると、物理的に店の存在をアピールする機会が増えます。自宅近くでテイクアウト料理を探している顧客に対し、情報発信ができるためです。

また、機会損失を防ぐこともできます。従来の注文方法は電話か店頭のみのため、店の営業時間内に限られていました。しかしアプリを利用すれば、客側は24時間365日、好きなタイミングで予約できます。
このように、テイクアウトアプリは店の存在をアピールできるうえ、機会損失も防ぐことができるのです。

回転率の向上が期待できる

回転率の向上が期待できる点も、テイクアウトアプリの大きなメリットです。
座席数の少ない小規模店舗の悩みの1つに、回転率の向上があります。テイクアウトアプリを利用すれば、座席数を増やしたり商品単価を上げたりしなくとも、確実に売上を伸ばすことが可能です。

また、ピークタイムに行列が絶えない店舗にも、テイクアウトアプリを使用しての回転率向上が期待できます。

アプリでテイクアウト機能を使う客側のメリットとは

アプリでテイクアウト機能を使うと、店側だけでなく客側にもメリットがあります。下記で詳しく説明します。

注文が簡単にできる

テイクアウトアプリだと、時間や場所に囚われずに注文できるため、電車の待ち時間といった隙間時間にも注文できます。

また、店頭で注文する際行列ができていたら焦ってしまいますが、テイクアウトアプリであればゆっくり吟味して決めることができます。

待ち時間なしで商品を受け取ることができる

待ち時間が少ない点も、テイクアウトアプリの魅力です。
注文予約から決済まで手持ちのスマートフォンで完結するため、長い行列に並んだり商品の出来上がりを待つ時間を短縮できます。

支払いがスムーズにできる

テイクアウトアプリは事前決済が基本であるため、支払いがスムーズです。店頭に赴く際現金を持ち歩かずに済みます。

また、購入履歴が残るため、お金の管理も簡単です。「いつ・何に使ったのか」をスマートフォン1つで確認できるため、家計管理に役立ちます。

密集を回避できるため感染症対策になる

テイクアウトアプリで決済まで済ましておくと、密集を避けることができるため感染症対策にも効果的です。店員と客は対面での接触が少ないうえ、客の滞在時間も大幅に減らすことができます。

テイクアウトアプリを使った成功事例3選

テイクアウトアプリを導入して、実際に成功した例を3つ紹介します。

受取場所を選ぶことができる!「マクドナルド」

マクドナルドのテイクアウトアプリでは、受取場所を選択できます。受取場所は、レジ、店内座席から選びます。店舗によっては駐車場での受取も可能です。マクドナルドはよく行列が出来ていますが、アプリを使ってオーダーすると、行列に並ぶことなく出来立ての商品を受け取ることができます。

また、駐車場を受取場所に指定できる点も密集を避けたい人にとって大きなメリットでしょう。

お得なクーポンを自動で適用!「すき家」

すき家のテイクアウトアプリでは、利用できるクーポンを自動で適用できます。そのため、わざわざクーポンを探さなくても、その時の最安値で商品が購入できます。

また、すき家の公式アプリはイートインでも使用が可能です。席にあるQRコードを読み取ると、その後はテイクアウトと同じ流れで、決済までアプリで完了できます。食べ終わったらそのまま帰ることができます。

取り置き予約で確実に手に入る!「高級食パン専門店嵜本様」【GMOおみせアプリ事例】

完売することも多い人気の食パンを、公式アプリで取り置き予約できる点が「高級食パン専門店嵜本」の魅力です。さらに、受取時間に合わせて焼きたてを提供できます。

行列に並ぶことなく、人気の食パンを確実に購入できます。また、季節の食材を使用した数量限定商品や、曜日限定のパンを、アプリでチェックすることも可能です。

3分でわかるGMOおみせアプリ

モバイルオーダーの開発における費用相場

実際にアプリ開発を外部に依頼すると、費用はいくらかかるのでしょうか。モバイルオーダーシステムには、テイクアウト機能とデリバリー機能がセットになっている場合もあります。ゼロからアプリを開発した場合の相場は以下の通りです。

テイクアウト機能

  • 決済機能(20万円~50万円)
  • 予約機能(300万円~1000万円)
  • メッセージ機能(10万円~50万円)
  • ログイン機能(20万円~40万円)

デリバリー機能

  • 1,500万円

テイクアウト機能は、注文から決済までスマートフォンで一括管理できるモバイルオーダーシステムを利用します。
アプリ開発の費用は、付帯する機能や規模によって大きく異なります。テイクアウト機能のみより、デリバリー機能も付帯すると当然その分費用はかさみます。
ここでは、デリバリ―機能もあるアプリ開発の費用についてみていきましょう。
デリバリー機能を付けるには下記4つの専用アプリが必要です。

  • 購入者
  • 配達員
  • 店舗側
  • 運営側

購入者のアプリにはショッピングカート機能が必要です。配達員のアプリには地図機能があると便利でしょう。このように、専用アプリにはそれぞれ違う機能を付ける必要があります。各種機能を搭載すると仮定した場合、開発には3,000時間が必要です。その場合1,500万円あたりが相場といわれています。
機能を増やせば増やすほど、費用がかかります。どのような機能が必要かについてよく見極めましょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

GMOおみせアプリでは、初期費用なしで月額22,000円からアプリ開発が可能です。費用感や最低限ほしい機能に応じてカスタマイズできるため、自店の状況に合ったアプリ開発が可能です。

まとめ

コロナ禍が長引く今、テイクアウトの導入が飲食店経営において不可欠です。テイクアウト機能は店舗アプリでの導入がスムーズです。

テイクアウトアプリは、オペレーションコストを大幅に削減できたり、顧客管理に役立ったりと、さまざまなメリットがあります。

テイクアウトアプリを活用して、売上アップを目指しましょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ