回数券アプリのメリット・成功例・ポイントをご紹介!【弊社事例】

回数券アプリのメリット・成功例・ポイントをご紹介!【弊社事例】

回数券は、店舗のリピーターを増やすために有効なツールの一つです。

これまで紙の回数券が一般的でしたが、近年では回数券を電子化して、スマートフォンで利用・管理できるアプリが登場しています。

回数券管理アプリを活用することで、ユーザーと店舗の双方にとってさまざまなメリットがあります。今回は、回数券管理アプリを活用するメリットや成功事例についてご紹介します。

回数券とは

回数券とは、入場や飲食などで使える券を何回分か一綴りにしたものです。「10枚分の料金で12枚購入」のように、回数券で購入することで、通常よりも料金が割引になるケースが多いとされています。公共交通機関や小売店、飲食店、レジャー施設、サロンなど、さまざまな場所で導入されています。

目次

回数券のメリット

電子化・アプリ化にかかわらず、回数券にはメリットがあります。以下で詳しく見ていきましょう。

回数券のメリット

リピーターを増やせる

回数券を購入してもらえると、リピーターを獲得できるでしょう。なぜなら、回数券は今後の来店を見据えてまとめて購入する仕組みのためです。

たとえば、回数券に有効期限をつけると、期間内で定期的に通ってもらえるようになります。詳しくは後述しますが、その他、回数券を使ったリピーターの獲得方法としては以下があります。

  • 回数券を購入するごとに特典がつく
  • ゲーム感覚で回数券を利用してもらうことで回数券の利用を促す
回数券のメリット

売上を安定させられる

回数券を利用すると、店舗の売上を安定させられるでしょう。理由は、以下の2つです。

  1. 回数券を購入してもらうことでまとまった現金が手に入る
  2. 回数券の利用者に追加購入してもらうことで顧客単価の向上につながる

店舗の売上は、顧客数・顧客単価・リピートという3つの要素で構成されています。回数券を活用すれば、前述のリピーター獲得はもちろん、顧客単価も向上させられます。

また、魅力的な特典・サービスを回数券につければ、集客にもつながるでしょう。

回数券のメリット

従業員のレジ業務を簡易にできる

回数券を利用すると、顧客への影響だけでなく従業員のレジ業務も簡易にできます。

回数券は顧客が事前決済するものです。そのため、レジが混みあっていても回数券を手渡すだけで会計が完了します。

従業員のレジ業務がスムーズになれば、売上だけでなく人件費を削減できるでしょう。回数券の導入段階で従業員の育成・運営体制を作ることは必要ですが、長期で見ると店舗運営に関して非常に有効な手段といえます。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

Web・電子回数券チケットのアプリが求められている背景

回数券チケットのアプリが求められる背景には、日常的に使うツールの変化が挙げられます。

  • スマートフォンが世代問わず幅広く普及した
  • スマートフォンで情報を一元管理するユーザーが増えた
  • キャッシュレス決済が増えた
  • 新型コロナウイルス感染症の流行から非接触が推進されるようになった

サービスを受けるためには回数券を持ち運ぶ必要があります。紙の場合は、忘れたり紛失したりすることがあり、回数券を単体で管理しなければなりません。

チケットをアプリ化していれば、1度インストールした後はスマートフォンを持っているだけでサービスを受けられます。ユーザーも管理が楽になるため、継続した利用が望めます。

回数券チケットをアプリ化することのメリット

リピーターの獲得や売上アップに役立つ回数券ですが、回数券チケットの管理は何かと手間がかかり大変です。

今や高齢者の方も含め多くの人が持っているスマートフォンにアプリとして登録してもらうことで、店舗・顧客双方に多数のメリットがあります。

アプリ化のメリット

回数券の紛失を防げる

外出時にはほとんどの方がスマートフォンを持ち歩くため、顧客側にとっては紛失を防げて、店舗にとっては販売機会の損失を防げます。

  • 店舗を利用しようと思ったが、回数券を忘れたのでやめた
  • 回数券を失くしてしまったので再発行してもらった
  • 回数券に飲み物をこぼしたり、破いたりしてしまった

紙の回数券をアプリ化すれば、上記のトラブルは起こらないでしょう。

アプリ化のメリット

回数券の不正使用を防げる

他に有益なポイントはチケットの偽物が出回らないことでしょう。
アプリを活用していますので、チケットの複製ができません。販売員がいちいちチケットを本物かと細かく見る必要がなくなります。

アプリ化のメリット

紙の回数券と比べて製作コストがかからない

また、回数券自体の製作コストがかからないこともメリットでしょう。紙の回数券はその都度、製作コストがかかります。

一方、アプリであれば即時発行でき、中長期的に見ればコストも紙に比べれば安くできます。
回数券を作って集客に繋げたいという店舗の要望を低コストで叶えるのがアプリを使った回数券なのです。

アプリ化のメリット

紙の回数券と比べて従業員の人件費を削減できる

回数券をアプリ化すれば、従業員の手間を削減できます。

煩雑な作業から解放されるため、レジが混雑していても少人数での接客が可能です。

オペレーションに割く工数を減らすことができれば、人件費を削減できます。

たとえば、回数券アプリの導入で以下のような効果を得られます。

  • オンラインで回数券を購入:店頭での現金決済が不要になり、会計ミスを防げる
  • 利用時はアプリを読み取るだけ:チケットを切り離したり、スタンプを押したりする手間を省ける
  • アプリのため、回数券の紛失・破損が起こらない:再発行の手続きが不要になる
アプリ化のメリット

店舗に訪れる前に回数券を購入してもらえる

店舗に訪れる前に回数券を購入できます。一般的な回数券アプリは、クレジットカードでのオンライン決済が可能です。

アプリ上で回数券の決済が完了するため、回数券を購入するために店舗を訪れる必要がありません。手軽に回数券を購入できることは、利用者の利便性向上につながります。

サービスの内容と料金、回数券の仕組みなどを事前に確認できるため、スタッフの説明なしで当日はスムーズに利用してもらえます。また、店頭での現金のやり取りが発生しないため、会計のミスなどが起こらず、スタッフ側も安心して利用できます。

アプリ化のメリット

有効期限前の通知で来店を促進できる

有効期限前の通知によって来店を促進できます。

回数券アプリには、チケットの有効期限が近づいた顧客へのメッセージ機能が搭載されているものもあります。有効期限内の来店を促すことで、「期限切れに気付かなかった」という顧客とのトラブルを防止できます。

アプリ化のメリット

データの分析でマーケティング施策を立てやすい

回数券アプリで、マーケティング施策を立てやすくなります。

回数券アプリを利用すると、回数券の販売状況、利用履歴を管理画面からリアルタイムで確認できるようになります。これにより、回数券が売れやすい時期や顧客属性などのデータを収集できるため、今後のマーケティング活動に役立てられます。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

回数券以外の集客機能も集約できる

店舗アプリを作成すれば、ポイントカードやクーポン、モバイルオーダー、プッシュ通知などの回数券以外の機能もアプリに集約できます。これらの機能は、リピート来店も促進でき、集客対策に有効です。集客でお悩みの場合、店舗アプリの作成を検討しましょう。

【顧客側】回数券がアプリ化することのメリット2つ

①回数券の紛失・忘れを防げる

従来の紙の回数券では、紛失や忘れてしまうことがありました。貴重な特典を逃すことはもちろん、その都度再発行の手続きも手間でした。

しかし、回数券をアプリ化することで、スマートフォンがあれば常に回数券を持ち歩くことができます。

急な店舗訪問でも、アプリから瞬時に利用できるため、便利さと忘れる心配がなくなりました。これにより、利用者は特典を逃すことなく、スムーズにサービスを受けることができます。

②気軽に回数券を購入できる

従来は店舗に足を運んで回数券を購入する必要があり、これが利用をためらう要因でした。しかし、アプリ上で回数券を購入できるようになったことで、店舗に行く手間を省くことができます。

これにより、今まで購入を躊躇していた方にとっても、手軽に回数券を入手できるようになりました。また、アプリを通じてサービス内容や料金を事前に確認できるため、利用者は安心感を持ちながら利用でき、店舗側もスムーズなサービス提供が可能です。

回数券アプリのデメリット・注意点と解決策

回数券をアプリ化することには多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも存在します。以下で、これらのデメリットについて詳しく見ていきましょう。また、これらの課題を解決するための解決策もお伝えします。

アプリ操作に抵抗がある顧客もいる

紙の回数券を利用していた一部の顧客は、スマートフォンアプリに抵抗感を抱くことがあります。高齢者やスマートフォンの使用経験の少ない顧客は、アプリの操作が難しいと感じることがあります。また、回数券の利用履歴が正しく記録されているか不安に感じることもあります。

解決策

アプリ化する際に、不安や抵抗を感じる顧客に対して、従業員が丁寧に操作方法を説明し、サポートを提供する体制を整えましょう。操作ガイドやトレーニングセッションを開催し、顧客の安心感を高めることが重要です。

アプリ側の不具合が起こる可能性がある

回数券アプリは、サーバーや通信環境、アプリ自体の不具合などが原因で利用できなくなることがあります。不具合が接客中に発生すると、顧客とのトラブルにつながる可能性があります。

解決策

不具合が発生した際の対処方法を、事前に店舗内で明確に共有し、スタッフが迅速に対応できるようにしておきましょう。

また、アプリの開発や保守は信頼性の高い業者に依頼し、定期的なアップデートとモニタリングを行うことで、不具合の発生を最小限に抑えることができます。

業態別!回数券アプリの成功例

いくつかのデメリットを差し引いてもメリットの方が大きい回数券アプリですが、店舗ではどう活用しているのでしょうか。

回数券アプリは、回数券として使えるだけでなく、さまざまな機能を備えています。実際に回数券アプリを導入してどのような効果があったのかの成功例を、業態別にご紹介します。

【弊社事例】アミューズメント施設の成功事例|カーゾック様

弊社の事例として、ファミリー向けアミューズメント施設を運営されている株式会社カーゾック様をご紹介します。

カーゾック様は、以下の目的で新しいアプリをお探しでした。

  • 顧客向けの情報発信にかかるコストの削減
  • 配信数の増加

低コストで配信数に制限のない、弊社の「GMOおみせアプリ」を導入して頂いています。

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2023年10月時点で、3,050社以上の企業と10,000店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

アプリは、クーポンやイベントなどのお知らせを店舗ごとに発信するツールとして活用されています。さらに、今まで紙媒体だったスタンプカード・ニュース・クーポン・回数券をGMOおみせアプリで使えるようにいたしました。

「お客様へ確実にサービスを提供でき、店舗での持ち忘れの対応もなくなった」と喜んで頂いています。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

コーヒー屋の店舗アプリ回数券の成功事例

コーヒーチケットの効果的な管理

  • コーヒーチケットは買った後の管理が難しかったが、アプリ化により回数が即座に把握可能となりました。
  • 有効期限も確認でき、期限切れ前に通知を送り、不満顧客を減らす効果が発揮されています。

美容院で回数券アプリを導入した成功例

ヘアカット回数券の活用

  • 美容院では、ヘアカット回数券をアプリ化し、顧客への情報発信と予約受付・決済が可能となりました。
  • 顧客情報一元管理により、来店促進と業務効率向上が実現されています。

ラーメン屋で回数券アプリを導入した事例

月額制ラーメンチケットの魅力

  • ラーメン屋で月額制ラーメンチケットを導入し、リピーターが増加しました。
  • 顧客がSNSで宣伝することで、広告費の節約と口コミ効果の獲得が可能となりました。

飲食店全般「先払い回数券チケット」のアプリ事例

先払い回数券チケットの収益化

  • 飲食店では、「先払い回数券チケット」を導入し、飲食代金とは別に収益を生み出しました。
  • 支払い前に収益が発生し、店舗と顧客の利益を両立させました。
  • 遠隔で店舗を応援できる仕組みを提供し、顧客の支持を得ています。

回数券アプリを有効活用する方法

こちらでは、回数券アプリを有効活用する方法を解説します。うまく取り入れて、今後の店舗運営に活かしましょう。

回数券の購入に限定性をつける

回数券の購入に限定性をつけると、顧客に回数券を購入してもらいやすくなるでしょう。限定性とは期間・地域・購入頻度などさまざまです。

一例として、以下のような訴求がおすすめです。

  • 〇月末まで!回数券を購入したら10%オフ
  • この店舗限定で回数券制度スタート
  • 初回購入者限定!回数券が20%オフ

回数券の初回購入に特典をつける

回数券を初回購入した人に特典をつけると、新規顧客がリピーターになる・リピートが上がる可能性を高められます。前述のとおり、回数券は今後の利用分をまとめて購入する仕組みのため、リピーター獲得に最適です。

しかし、新規顧客がリピーターになるには「何度か通ってもよいかな」というきっかけを作る必要があります。そこで、回数券を初回購入者限定で割引・特典をつけることで、リピートするハードルを下げられるのです。

回数券の利用者限定で専用メニューをつくる

回数券の利用者限定で専用メニューを作ることで、より顧客ロイヤルティを向上させられます。

売上を安定化させるには、リピーターの割合を増やすためには、以下が重要です。

  • 今いるリピーターが離脱しないような取り組み
  • リピーターの購入頻度を上げる取り組み

回数券利用者限定メニューによって特別扱いすることで、顧客満足度をより一層上げられるでしょう。

たとえば、以下のような内容がおすすめです。

  • 通常の商品を回数券会員価格で提供する
  • 回数券の購入者限定で購入できる商品を作る

ゲーム感覚にすることで回数券の利用を促す

簡単なゲーム形式を取り入れることで、回数券の利用を暗に促せるでしょう。たとえば、ビンゴ・じゃんけんなど、ちょっとしたゲーム性を入れることがおすすめです。

また、アプリだと視差効果が強いため、より一層顧客に楽しんでもらえるでしょう。

割引型回数券で利用頻度を上げる

割引型回数券は、期間内の利用金額から割引を受けることができる回数券です。このタイプの回数券は、利用者にとって魅力的でリピート購入を促す効果があります。以下に、割引型回数券の利点を分かりやすく説明します。

利点説明
明確な元取りポイント利用者にとって元を取りやすく、回数の目安が金額で明確に分かる。
売上の安定化通常利用の補助として機能し、売上を安定化させる。
顧客単価維持利用条件を設定し、顧客が1回あたりの支出を維持するよう促す。
アプリで視覚的に示すことで分かりやすくアプリ内でアニメーションやスタンプ形式を用いて、元取りまでのステータスを表示。

例えば、「回数券を500円で購入すると、1か月間100円引き」という割引型回数券を考えてみましょう。この場合、500円の購入により100円×5回分の割引が提供され、5回以上の来店で元が取れることが分かります。

アプリを活用すれば、この情報を視覚的に示し、利用者にとって分かりやすく促すことができます。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

回数券アプリのマーケティング効果を高める4つの機能

回数券アプリは、単に回数券の提供だけでなく、他の機能も組み合わせて活用することで、集客や利用促進に大きな効果を発揮します。以下では、おすすめの4つの機能を紹介します。

機能

集計機能

自動集計機能は、1か月に利用された回数券の数や利用者数などを自動で算出してくれる機能です。手動の集計作業から解放され、リアルタイムなデータが利用可能となります。

集計に費やす時間を削減し、迅速な分析や戦略の調整が可能となります。

機能

利用履歴・未利用分の管理機能

顧客ごとに利用履歴や未利用分を管理できる機能は、個別の利用状況を把握するために役立ちます。

未利用分の回数券を持つ顧客に対して、プッシュ通知でお知らせを送るなど、効率的な利用促進を実現できます。これにより、未利用回数券の削減やリピート利用の増加が期待できます。

機能

予約機能

特に美容室など予約が必要な店舗では、予約機能が重要です。回数券の利用者がアプリ内で予約を行えるようにすると利便性が向上し、来店確率も高まります。予約時に回数券を利用することをスムーズに選択できるため、顧客の利便性向上と店舗への利用促進に寄与します。

機能

プッシュ通知などのお知らせ機能

回数券を配布しただけでは利用を促進するのは難しいですが、お知らせ機能を活用することで利用を促進できます。

顧客に特典やサービス情報をリアルタイムに伝え、利用のモチベーションを高めましょう。お知らせ機能を通じて顧客とのコミュニケーションを強化し、回数券の有効活用をサポートします。

回数券チケットアプリの開発会社を選ぶ基準一覧

オリジナルのアプリを開発するためには時間と費用がかかります。回数券チケットの機能開発だけでなく、目的に応じて開発会社を選ぶための基準を解説します。

以下のような表にまとめることが可能です。具体的な内容は具体的なサービスやアプリに基づき、変動しますが、ここでは各項目の内容を示します。

業界・業種自社のサービスに適したアプリやシステムを提供しているか
費用面初期費用・運営費用はいくらかかるか
無料でアプリを試せる期間はある
スケジュール面どの程度の期間で開発できるか
トラブル発生時の対応は短時間で行えるか
回数券チケットの機能回数券の発行は簡単に行えるか(従業員にも扱いやすいアプリか)
回数券の使用状況や期限など管理に必要な機能を満たしているか

自社の業界や業種を得意分野としているか、求めている機能があるかをみて開発会社を比較・検討しましょう。

回数券チケットのアプリ化・電子化におすすめな開発会社・サービス5選

回数券チケットのアプリ開発を依頼するには、目的に応じたサービスを選ぶ必要があります。スピード重視・パッケージ商品が豊富・機能特化型・カスタマイズできるという特徴をもつ5社に絞りご紹介します。※2022年12月調査

GMOおみせアプリ|回数券を含めた多機能店舗アプリ

チケットのデザインや背景色など、お店ごとに機能開発やカスタマイズが可能な、多機能店舗アプリです。

回数券だけでなく、クーポン発行やプッシュ通知による情報発信、スタンプカードの発行など、リピーターをつくるための仕組みがあります。

初期費用は申し込み時に要相談です。料金が申し込み前に公開されていない理由は、GMOおみせアプリはカスタマイズ性が強く、一律の金額を提示できないためです。

自社に必要な機能だけを盛り込んだアプリがつくりたい場合に適した開発会社です。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

Shop-Ticket|回数券の利用のみなら迅速でおすすめ


回数券の機能だけを持たせたアプリであれば即日で制作でき、すぐに運用を始められます。スピード感を重視して始めたい方におすすめの開発会社です。

問い合わせフォームから申し込み後、アプリに設定したい画像をメールで送信するだけで店舗アプリが作成できます。

回数券の登録には、管理画面から回数券に含めたい情報(チケット名や販売金額など)を入力するだけで完了する仕組みです。

無料お試し期間が1か月あるため、データ分析やSNSリンク機能などさまざまな機能が試せます。期間後は、最安値で月額8,800円から本運用が始められます。

アプリンク(UPLINK)|回数券を含めた本格的なアプリの作成

イベントのお知らせやECサイトなど、機能の充実を図りたい方におすすめの開発会社です。

プッシュ通知での情報発信や、スタンプカード作成、オンライン決済など多くの機能を備えています。アプリのデザインも店舗の雰囲気に合わせた依頼ができるので、オリジナリティを出すことが可能です。

初期費用は申し込みの段階で相談となり、アプリの開発には2か月ほどかかります。1番人気の全機能が使えるスタンダードプランは、月額19,800円です。

チケットだけに特化した「ライトプラン デジタルチケット」や、テイクアウト特化型の「ライトプラン テイクアウト」はそれぞれ月額6,000円で導入できます。

テイクイーツ|お持ち帰り専用の回数券アプリ


テイクアウトに特化したアプリ開発サービスです。

商品の追加や編集は、管理画面から簡単・自由にカスタマイズできるほか、在庫状況や店頭の混雑状況に合わせて店舗ごとの管理が行えます。

アプリは申し込みから1営業日で開設でき、初期費用はかかりません。運用にかかる費用も月額制でなく、商品の注文を受けた際にサービス手数料の8%とオンライン決済手数料の3.6%のみを支払います。

注文から決済まで手間をかけずに行いたい飲食店向けにつくられたアプリといえるでしょう。

STORES予約|予約管理機能も兼ね備えた回数券アプリ

予約管理に特化したアプリ開発サービスです。予約時にかかる受付や振替予約、スタッフ指名予約などの手間を減らします。

受付後には決済やスケジュール帳への反映も含めて、運営状況の可視化ができます。

初期費用はどのプランでも無料です。予約システムを試してみたい場合には、予約受付や顧客対応など基本的な機能が試せるフリープランがおすすめです。

有料プランには顧客や従業員の管理も行える機能が追加され、自社の状況に合わせてサービスが選択できます。

美容室やサロン、フィットネス、スクール関連のサービスを提供する会社に適したアプリ開発サービスです。

回数券アプリの導入を検討するなら「GMOおみせアプリ」がおすすめ

回数券アプリの導入を検討する場合、「GMOおみせアプリ」をおすすめします。「GMOおみせアプリ」は、お店の魅力を伝えられる公式アプリの制作サービスです。回数券が発行できる機能はもちろん、会員証やプッシュ通知、予約機能、ポイントカード、来店スタンプなど集客施策ができる機が多数備わっています。

ダッシュボードや効果測定、分析が簡単にできるため、集客でお悩みの方はぜひご活用ください。

まとめ

今回は回数券アプリのメリットとデメリット、業態別の成功例をご紹介しました。

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2023年10月時点で、3,050社以上の企業と10,000店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

GMOおみせアプリなら、回数券アプリとしても活用可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく