集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

百貨店の成功例にみる、O2O店舗アプリ開発とは

百貨店の成功例にみる、O2O店舗アプリ開発とは

2020年04月15日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

O2Oアプリとは

日本国内では、SNSやアプリなどの情報を元に来店する という流れができています。O2O市場は拡大傾向にあり、百貨店も積極的に導入しているのです。
百貨店で運用されている店舗アプリは、クーポンなど来店を促すものや、店頭でのイベントとアプリを連動させて行うことで来店促進 をしています。
百貨店によってどのような機能を搭載するかはさまざまですが、アプリを通して新規顧客の獲得や来店へつながるきっかけになっているのです。

参考記事

アプリ開発のポイント

アプリを開発する時には、その目的に応じた開発が必要になります。特に、来店を促すための魅力的なコンテンツを考えなければなりません。
セールの情報やクーポン配信や店舗に応じた情報などを配信することで、ユーザーにメリットを提供します。
アプリは、ユーザーに飽きられないように定期的に情報配信するだけでなく、顧客満足度を高める必要があります。実現したい内容と操作性や費用面については、開発のプロに相談してください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事