集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

自治体がチケット作成を店舗アプリで電子化するメリットとは?

自治体がチケット作成を店舗アプリで電子化するメリットとは?

2020年05月29日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

店舗アプリを導入するメリット

近年では多くの企業や団体が独自のアプリを展開していますが、自治体の間にもその動きが広がっています。 地域の情報や魅力を発信するのに有効なツールであるため、まずは集客に大きな効果があります。
双方向での情報発信や業務の効率化、コストの削減や、不要な接触を減らすことでの新型コロナ対策 など、その他多数のメリットも見逃せません。今回はその中でも、チケットレス化のメリットについて詳しくご紹介します。

コスト削減

自治体運営施設の入場チケット作成をアプリで電子化すれば、単純に印刷代などの費用を浮かせることができます 。紙ごみを減らすことで環境対策にもなりますね。それだけではなく混雑の緩和、時間の短縮を実現することで、職員の負担を軽減することも可能です。

データの蓄積

施設の集客数の他、利用者層などのデータを収集、整理 することもアプリならば容易です。合わせてキャッシュレス決済も導入すれば、購買履歴と連動した膨大なマーケティングデータを蓄積できることでしょう。利用者の需要がどこにあるのかを把握しやすくなるため、より効果的な情報発信につながります。

まとめ
自治体が店舗アプリでチケットレス化を進めることは、コストの削減とデータの蓄積につながります。

3分でわかるGMOおみせアプリ

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事