ASO対策とは?企業がASO対策をすることのメリット

ASO対策とは?企業がASO対策をすることのメリット

2021年01月19日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

アプリをネットのサイトで販売している企業にとって、ダウンロード数を増やすために欠かせないものがASO対策です。ASO対策を十分におこなうことによって、自社のアプリを購入してくれるユーザーを増やせるだけでなく、企業にとってさまざまなメリットがあります。ここでは、ASO対策の意味や、ASO対策をすることのメリットについて詳しく紹介するので、ASO対策を実施するときの参考にしてください。

ASO対策の意味とASO対策をすることの重要性

ASO対策を始める前にまず知っておかなければいけないのは、ASO対策とはどのようなものかということです。ASOとは「App Store Optimization」の頭文字をつなげた言葉で、「アプリを販売しているお店で最適化をおこなうこと」という意味になります。この場合の最適化とは、アプリストアでユーザーがアプリを検索した場合に、自社が販売しているアプリをできるだけ画面の上位に表示させることを意味しています。一般の検索サイトにおけるSEO(Search Engine Optimization)と同じような役割を持っていますが、SEOと大きく違っているのは、アプリストア内の検索に最適化の重点が置かれていることです。

アプリストアにおけるASO対策が重要視されているのは、アプリを購入するためにアクセスしたユーザーの行動と大きく関係しています。特定の目的のためにアプリを探しているユーザーは、そのアプリに関連したキーワードを入力して検索することが多いですが、検索結果が目立ちやすい場所に表示されたアプリほど、購入される可能性が高いと言われています。実際にiPhone用のアプリストアを運営しているアップル社は、お店を利用している人の7割程度の人が検索機能を利用していることを公表しています。65パーセントの人が検索結果をもとに購入するアプリを決めていることもわかっていて、アプリストア内における検索がダウンロード数に大きな影響力を持っていることが改めて確認できました。

広告の予算を削減できるASO対策のメリット

アプリストアで効果的なASO対策をおこなうことには、アプリの販売に必要な広告の費用を削減できるメリットもあります。自社のアプリを購入してもらうためには、アプリの魅力をユーザーに広く知ってもらうことが不可欠になりますが、そのための手段として多くの企業でおこなわれているのが広告です。ですが、広告を実施するためにはまとまった費用が必要になり、高い効果の期待できる大規模な広告をおこなう場合には、非常に多くの予算が必要な場合も多いです。

あまり広告にかける費用が多すぎると、広告の効果でアプリの販売数が増えた場合でも、利益が大幅に相殺されてしまうこともありえます。そのために、広告をできるだけ使用しないでアプリのダウンロード数を増やす方が、企業にとっては何かと有利です。こうした場合にも役立つのがASO対策で、アプリストアの検索で上位に表示されるようにするための工夫は、広告のように多額の費用を使わなくてもできるために、少ない予算で効果的な宣伝効果を実現することも可能です。同じような機能を持っている他社の製品が多いアプリの場合には特に、ASO対策が重要なセールス上の戦略になり、検索結果で表示される文章や画像によっても、アプリストアにアクセスしたユーザーが興味を持ってくれるかどうか決まることが多いです。

効果的なASO対策をするために必要なこと

効果的なASO対策をおこなうためには、あらかじめ抑えておいた方が良いポイントがいくつかあります。特に重要になるのが、アプリストアに記載することができるキーワードの内容です。アップル社のアプリストアでは、販売しているアプリに対して100文字以内のキーワードを設定することができますが、このキーワードの内容によっても、ユーザーが検索したときに、自社の製品が結果に表示されやすくなるかどうかが決まります。こうした点を考慮すれば、ユーザーが検索をするときによく使用する言葉を選んでキーワードにした方が、ASO対策としても効果的になります。

スクリーンショットも効果的なASO対策をするうえでは重要なポイントになります。多くのアプリストアでは、商品の説明を記載するページなどに、アプリ使用時の画面を撮影したスクリーンショットを掲載できますが、このスクリーンショットを見たときの印象によっても、ユーザーがアプリを購入してくれるかどうかが決まります。ユーザーが思わず自分で使ってみたいと思うような写真を掲載するのが最適なASO対策ですが、そのためにはアプリの開発段階から、ユーザーにとって魅力のある画面のレイアウトやデザインを検討することが必要です。スクリーンショットを掲載しただけではアプリの使用方法が理解しにくい場合もあるので、画像の内容をわかりやすく説明する文章を一緒に掲載すれば、ユーザーにアプリの魅力を伝えやすくなります。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531