集客・販促に強い店舗アプリ作成|導入実績9,400店舗突破のGMOおみせアプリ

集客に有効!スーパーマーケットアプリのメリット・デメリット・活用例

集客に有効!スーパーマーケットアプリのメリット・デメリット・活用例

関連資料を無料
ご活用いただけます

スーパーマーケットの運営に集客は欠かせません。スーパーマーケットの集客方法として、従来は新聞の折込広告が主に使用されていましたが、インターネットの普及に伴い、アプリが活用されることが増加してきました。

そこで今回はスーパーマーケットアプリについて、導入するメリット・デメリットや活用事例をご紹介します。

スーパーマーケットのアプリ登場の背景はチラシによる販促効果の低下

新聞やインターネットなどの各情報メディアの利用状況について総務省が調査した結果、以下のようなことが判明しました。

まず、新聞の利用状況に関する主な特徴として、以下の2点が挙げられます。

  • 情報源としての重要度は10代から30代にかけて圧倒的に低い
  • 娯楽としての重要度は全年代で非常に低い

新聞は情報源・娯楽としての重要度が低く、あまり使われていないことが分かります。

それにより、新聞の折込広告としてチラシを配っても、実際に見られることは少なくなっているといえるでしょう。

次に、インターネットの利用状況に関する主な特徴として、以下の2点が挙げられます、

  • 情報源としての重要度が全年代で非常に高い
  • 娯楽としての重要度も全年代で非常に高い

情報源・娯楽としての重要度が高く、全年代で多くの人に使われているものであることが分かります。

そのため、インターネットでスーパーマーケットのアプリを活用することは、顧客を増やす効果や顧客の購買促進の効果が見込めるといえます。

出典:総務省情報通信政策研究所「【令和3年度】目的別利用メディア(最も利用するメディア)(全年代・年代別・インターネット利用/非利用別)

スーパーマーケットでアプリを活用するメリット一覧

スーパーマーケットでアプリを活用することで得られる主なメリットは以下の4点です。

  • 他の店舗との差別化
  • 費用負担がない
  • 購買促進の効果
  • データ収集や分析による改善

アプリのレイアウトや利便性で他の店舗との差別化を図れます。たとえば、自社のイメージカラーにあわせてアプリをデザインすることで、自社をよりアピールできるでしょう。

また、アプリにすることでチラシにかかっていた印刷費用の負担を大きく削減できることも強みです。

ほかにも、アプリ上で統計を取ることにより商品の売れ筋を把握でき、売れていない商品と売れている商品を比較することで、売上の改善もはかれます。

スーパーマーケットでアプリを活用する際の注意点と対処法

スーパーマーケットのアプリの注意点としては、プッシュ通知の配信頻度が挙げられます。ただし、こちらは対策が可能です。

  • 過度なプッシュ通知の配信

さまざまなことをお知らせしたい場合に、通知が高頻度となり顧客に嫌悪感を抱かせてしまう可能性があります。

対策として、利用頻度が低い顧客に対しては、通知を送らないようにセグメント分け配信ができるツールを利用しましょう。

主要なスーパーマーケットアプリの活用例を3つ解説

弊社の事例ではありませんが、一般的なスーパーマーケットアプリの実際の活用例を紹介します。

  • イオンお買い物アプリ
  • ライフネットスーパーアプリ
  • 楽天西友ネットスーパー

スーパーマーケットアプリの導入を考えている方は、それぞれの購買促進効果や利便性などを参考に、導入する機能をご検討ください。

イオンお買い物アプリ

イオンお買い物アプリでは、下記の機能が実装されています。

  • スタンプカード、クーポン
  • お気に入り店舗の登録により見られるチラシ

スタンプカードやクーポンは、顧客が商品を購入する際にメリットを得られることで、購買促進につながります。

また、アプリでは各店舗のチラシをいつでも見ることができます。これによりついで買いの効果が期待でき、購買促進や顧客獲得を見込めるでしょう。

ライフネットスーパーアプリ

ライフネットスーパーアプリでは、下記の機能が実装されています。

  • 電子マネー機能
  • モバイルポイントカード機能
  • メモ帳機能

ライフネットスーパーアプリでは、電子マネーを搭載できるモバイルポイントカードを実装しています。この機能は全ての店舗で利用でき、セルフレジにも対応しています。

もちろん電子マネー機能を搭載せずに、ポイントカードとして利用することも可能です。

ほかにも、お買い物に役立つメモ帳機能も搭載。毎日配信されているお得情報のチラシとあわせて利用できるため、比較がしやすくなり、情報の見逃しも防げます。これにより、顧客の満足度の上昇も期待できるでしょう。

楽天西友ネットスーパー

楽天西友ネットスーパーでは、アプリを以下のように活用しています。

  • ポイント機能の搭載
  • 最低注文金額の設定、送料が無料になる金額の設定
  • 特集やキャンペーンの実施

利用時にポイントがたまることで、購買促進効果やリピート効果が見込めます。

また、最低注文金額を設定すると、一定以上の金額の注文がされるため、収益の安定化にもつながります。さらに、送料が無料になる金額を設定することで、ついで買いの効果を期待できます。

GMOおみせアプリ活用事例

ここからは弊社のGMOおみせアプリの活用事例を紹介します。

GMOおみせアプリは会員証、QRスタンプ、ニュース、クーポン、多店舗(店舗検索)機能、ネット予約、等を実装したアプリをリリースできます。

【参考:弊社リリース情報】

【GMOおみせアプリ】アプリ リリース情報「フレスコ株式会社さま:フレスコ...

平素よりGMOデジタルラボに格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。 弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」をご利用いただき、 アプ...

この機能を活用し、GMOおみせアプリで自社アプリをリリースされた企業様の事例をご紹介します。

この企業様は、利用客にはおなじみの感謝デーや特売日のお知らせ、毎日の献立をご提案する動画を配信するなどお客様に役立つコンテンツをアプリ経由で届けられます。

 

まとめ

それぞれのスーパーマーケットアプリごとに、メリットはさまざまです。

顧客が自社に求めている機能を組み合わせ、使いやすい自社アプリを提供しましょう。

GMOおみせアプリでは、店舗の運営に必要な機能が詰まった高品質のアプリを低価格で制作できます。


デザインの種類も豊富な上、安価でテンプレートのデザインをカスタマイズすることもでき、他社のアプリとの差別化を図れます。

スーパーマーケットアプリの導入をご検討の方は、GMOおみせアプリへご相談ください。

よく読まれている記事

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

店舗アプリおすすめ記事