集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

リピーターを獲得できる!小売店におけるアプリマーケティングについて解説

リピーターを獲得できる!小売店におけるアプリマーケティングについて解説

2022年07月28日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

 

インターネットの普及によって、スマートフォンは生活に必要不可欠な存在となりました。
その影響によって、通販やオンラインショッピングといったインターネットでの売買が存在感を増しました。
そのような中で、小売業界でも大きな変化が求められています。
ここでは、小売業界における新たな試みの1つであるアプリマーケティングについてご紹介します。

3分でわかるGMOおみせアプリ

マーケティングとは

マーケティングとは、簡単に説明すると継続して利益を出すことができる仕組みをつくることです。中でも重要な点は、企業と顧客の双方にとって有益な仕組みであることです。そのため、企業からの視点に偏らず、顧客にとって使いやすいアプリになるように心掛けることが求められます。マーケティングの手段としてはアプリにかかわらず、ホームページ、SNSといった媒体が挙げられます。

3分でわかるGMOおみせアプリ

アプリマーケティングとは

アプリマーケティングとは、言葉通りスマートフォンのアプリを使ってマーケティングすることです。
スマートフォンの普及した現代においてアプリマーケティングは重要視されています。

小売業において、顧客にアプリのダウンロードを促す具体的な方法としては、店舗でダウンロードを促すことが主な方法です。
そのため、アプリマーケティングは、既存の顧客向けたマーケティングとなるため、リピーターを獲得する上で重要です。

小売店が抱える問題

現代において、小売業界では「モノが売れなくなった」と言われます。
その要因の1つとして、インターネットの普及による通販やオンラインショップにおける利用者の増加が挙げられます。
それによって、店舗がショールーム化してしまい、実際の店舗で商品を買う機会が減少してしまいました。
加えて、コロナによるオンライン化や自粛によって、顧客が必要な物以外を買うことに消極的であることも小売業界に更なる悪影響を及ぼしています。

アプリマーケティングのメリット

では、ここからはアプリマーケティングのメリットを3つに分けてご紹介します。

自社の情報を独占的に届けることができる

アプリマーケティングは、SNSを使ったマーケティングと違い他社の広告がないため、確実に顧客を獲得できます。加えて、自社の情報が顧客に届きやすいため、顧客離れの確率を下げることができます。

リピーターの獲得

アプリマーケティングにおいての最大の売りは、スマートフォンに直接情報を送るため、顧客との接点を簡単に持つことができる点です。
特にプッシュ通知は、SNSやメルマガよりも埋もれる可能性が低く、顧客との関わりにおいて効果が期待できます。
このプッシュ通知によるリアルタイムな情報提供は、リピーターを獲得する上で大いに活用できます。

顧客のニーズに対する分析及び改善

アプリからは、それぞれのユーザーにおける行動履歴や消費傾向を知ることができます。
そうした行動データの蓄積することで、顧客が何を求めているのかなどのような点を改善すればよいのかといったアフターサービスを強化できます。

小売アプリの問題点

アプリマーケティングは小売業界の弱みを補填する上で不可欠です。
しかし、そのような小売アプリにも、3つの問題があります。
それはどのようなものであり、どのような対策をすればよいかについて解説します。

小売アプリの利用頻度が低い

アプリ全体で、利用率が高いアプリはゲームやSNSといったエンタメです。
そのため小売アプリは、より利用されるための工夫が必要です。
また、企業目線のアプリではなく、顧客の利用に合わせることもより一層求められます。

ただのクーポンアプリになってしまう

小売アプリを始める上で多く見受けられる動機の1つとして、クーポンといった割引に関わるもののオンライン化が挙げられます。
そのため、どうしてもクーポンやセールといったディスカウントをお知らせするだけにとどまりがちです。
そのならないようにするためには、目標の設定と役割の明確化が求められます。
そして、その目標のためにも、アプリを通じて顧客のニーズを知るといった多岐にわたる活用が重要です。

アンインストールも容易に起こる

アプリはインストールがしやすい反面、アンインストールも容易です。
よって、顧客がインストールしても、顧客にとって有用性がないと判断されれば、アンインストールされてしまう恐れがあります。
アンインストールにつながる原因としては、通知が多すぎること、情報発信が途絶えるといったことが挙げられます。
折角の手に入れたリピーターを逃がさないためにも、顧客の求める情報を理解し、適切なタイミングでの発信が重要です。

アプリマーケティングの活用例

では、アプリマーケティングでも活用例が多く見受けられた3つの機能についてご紹介します。

ポイント、スタンプカードとしての活用

アプリ化されたポイント、スタンプカードは、紙よりも利用率がよいため、より高い効果が期待できます。
また、年齢層が高い顧客においても紙と比べて忘れにくいため、好評であるといった事例もみられます。
費用削減の面においても、ポイントカードの発行費や人件費の削減といったことが可能です。

クーポンとしての活用

小売アプリにおいて大いに活用できるクーポンは、発行するだけでも集客が期待できます。
しかし、単にクーポンを発行するだけではなく、顧客にとって魅力のあるクーポンにすると他社との差別化を図ることも可能です。
事例としては、スクラッチクーポンやガチャといったゲーム性を加えることです。
そうすることで、顧客を楽しませるようなアプリをつくることができます。
また、新規限定や〇万円以上の買い物で使えるクーポン、インストールクーポンによるアプリといった特典の追加する事例も多くみられます。

ニュース配信の活用

ニュース配信の大きなメリットは、すぐに情報を発信できることです。
プッシュ通知と組み合わせることで、通知が目に入りやすく、より確実に情報を届けることができます。
その他にもSNSやメルマガといった他の媒体と違い、ニュースの開封率より顧客のニーズを知ることができ、今後の分析や改善の手助けになります。

小売りアプリ運用におけるポイント

では、実際にアプリを運用しようと思った際に、気を付けたいポイントについて3つご紹介します。

スタッフを指導する

顧客がアプリをインストールするきっかけの1つとして「スタッフが顧客にアプリをおすすめすること」が挙げられます。
しかし、自社のスタッフがアプリの使い方を熟知していなければ、顧客にすすめる際に十分な説明ができません。
ましてや、アプリマーケティングの効果を何一つとして得ることができないことも考えられます。
そうしたことが起こらないようにするためにも、マニュアル化や研修がとても重要です。

目的と機能を明確にする

的と機能を明確にする理由の1つにただのディスカウントアプリにならないようにすることが挙げられます。
そのため、アプリを導入する際にはもちろん、アプリ導入後も目的と機能を明確にすることが必要不可欠です。
また、目的を設定する際には、曖昧な目的ではなく、売上やアクティブ率といった具体的な目的の設定が重要です。

必要に応じて機能の改善を加える

アプリ導入後も機能を改善し、顧客にとって使いやすいアプリであり続けられるように気を配る必要があります。
加えて、問題が生じた際には、問題に対応するためにアプリ開発会社と連携していくことが不可欠です。
そのため、アプリ導入後も、機能の改善や問題への対応といったアフターサービスが充実したアプリ開発会社を選ぶことが肝です。

小売業でアプリ集客をするならGMOおみせアプリ

GMOおみせアプリでは、今回ご紹介した活用方法はもちろん、他にも柔軟なカスタマイズや細かなデータの活用も可能です。
また、無料のオンラインデモンストレーションや導入相談も受け付けています。
アプリ集客について気になった方は、ぜひ気軽にご相談ください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事