リピーターを獲得できる!小売店におけるアプリマーケティングについて解説

リピーターを獲得できる!小売店におけるアプリマーケティングについて解説

小売業界では、通販やオンラインショッピングなどのインターネットを介した売買がますます存在感を増しています。これはインターネットの普及によって、スマートフォンが生活に不可欠な存在となったためです。

以下では、小売業界における新たな取り組みの1つであるアプリマーケティングリピーター獲得ついてご紹介いたします。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

目次

マーケティングとは

アプリマーケティングについて解説する前に、前提となる「マーケティング」について紹介します。マーケティングについて簡単にまとめると、以下のようになります。

  • 持続的な利益を生み出す仕組みを構築すること
  • 企業と顧客の双方に利益をもたらす仕組みを目指すことが重要
  • 企業側の視点だけでなく、顧客にとっても使いやすいアプリを提供することが求められる
  • マーケティングの手段としては、アプリの他にもホームページやSNSなどの媒体を活用することがある

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

アプリマーケティングとは

アプリマーケティングとは、スマートフォンのアプリを活用して行うマーケティングの手法です。現代においてスマートフォンの普及が進む中、アプリマーケティングはますます重要視されています。

小売業界においてアプリマーケティングは、顧客との密接な関係構築やリピーターの獲得に不可欠な戦略と言えます。アプリを通じて顧客とのコミュニケーションを強化し、顧客体験を向上させることで、競争力を高めることができるでしょう。

小売店が抱える問題

現代において、小売業界では「モノが売れなくなった」と言われます。

その要因の1つとして、インターネットの普及による通販やオンラインショップにおける利用者の増加が挙げられます。それによって、店舗がショールーム化してしまい(※ショールーミング)、実際の店舗で商品を買う機会が減少してしまいました。

加えて、コロナによるオンライン化や自粛によって、顧客が必要な物以外を買うことに消極的であることも小売業界に更なる悪影響を及ぼしています。

※参考:その他小売店が抱える課題

競争激化

小売業界は競争が激しく、顧客の選択肢が豊富です。類似商品やサービスを提供する競合他社との差別化が求められ、価格競争だけでなく、顧客体験やブランド価値の向上が必要です。

消費者の変化

エシカル消費やSDGsへの関心の高まり、オムニチャネルでのシームレスな体験の求められることなど、消費者の購買行動や嗜好の変化に対応する必要があります。

顧客ロイヤルティの維持

顧客の忠誠度を維持するためには、購買体験の向上や顧客への価値提供が必要です。競合他社との差別化や特典の提供、パーソナライズされたサービスの提供が重要です。

アプリマーケティングのメリット

ここからはアプリマーケティングのメリットを3つに分けてご紹介します。

アプリマーケティングのメリット

自社の情報を独占的に届けることができる

アプリマーケティングは、SNSを使ったマーケティングと異なり、他社の広告が表示されないため、確実に顧客を獲得できます。また、自社の情報が顧客によりアプローチしやすいため、顧客の離脱率を低減する効果があります。

アプリマーケティングのメリット

リピーターの獲得

アプリマーケティングの最大の利点は、スマートフォンを通じて顧客に直接情報を送ることができることです。特にプッシュ通知は、SNSやメールマガジンより埋もれる可能性が低く、顧客との関係強化に非常に効果的です。このプッシュ通知を通じたリアルタイムな情報提供は、リピーターの獲得に大いに寄与します。

アプリマーケティングのメリット

顧客のニーズに対する分析と改善

アプリを通じて、各ユーザーの行動履歴や消費傾向を把握することができます。こうした行動データの蓄積により、顧客が何を求めているのか、どのような改善が必要かといったアフターサービスの向上が可能です。これにより、顧客のニーズにより適切に対応し、長期的な顧客関係を構築できます。

小売アプリの問題点

アプリマーケティングは、小売業界の弱みを補う上で不可欠です。しかし、小売アプリにも3つの問題が存在します。ここからは問題と、それに対する対策について解説します。

小売アプリの問題点

小売アプリの利用頻度が低い

アプリ全体では、ゲームやSNSなどのエンターテインメントアプリが利用率が高いため、小売アプリを利用してもらう工夫が必要です。企業目線だけでなく、顧客のニーズに合わせたアプローチが必要です。

小売アプリの問題点

ただのクーポンアプリになってしまう

多くの小売アプリが、割引クーポンなどのオンライン化を目指していますが、そこにとどまる傾向があります。

アプリの役割をクーポン提供だけに留めず、顧客との関係をより深めるためには、目標の設定と役割の明確化が必要です。顧客のニーズを把握し、幅広い活用方法を見出すことが重要です。

小売アプリの問題点

アンインストールも容易に起こる

アプリはインストールが容易ですが、アンインストールも同様に容易です。したがって、顧客がアプリの有用性を見いだせない場合、アンインストールのリスクがあります。

過剰な通知や情報の途絶によるアプリの価値の低下が、アンインストールの要因となります。リピーターの機会を逃さないために、顧客ニーズを把握し、適切なタイミングで価値ある情報を提供することが重要です。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

機能別:アプリマーケティングの活用例

ここからは、アプリマーケティングにおける3つの主要機能についての活用例をご紹介します。

ポイント、スタンプカードとしての活用

スクロールできます
紙媒体アプリ
利用率低め高め
対象年齢層年齢層によって異なる幅広い年齢層
利便性紛失や忘れ物のリスクがある常に携帯可能
コスト印刷・配布のコストがかかる配信コストや紙媒体の削減が可能
特典の追加手間がかかるリアルタイムでの特典追加が可能
データ分析と改善難しい行動データを収集し改善が可能
環境への影響紙資源の使用と廃棄物生成電子化による環境影響の軽減

アプリ化されたポイント、スタンプカードは、紙よりも利用率がよいため、より高い効果が期待できます。
また、年齢層が高い顧客においても紙と比べて忘れにくいため、好評であるといった事例もみられます。
費用削減の面においても、ポイントカードの発行費や人件費の削減といったことが可能です。

クーポンとしての活用

小売アプリにおけるクーポンの活用は、集客を促進する重要な手段です。ただし、単にクーポンを提供するだけでなく、顧客にとって魅力的な特典にすることで、他社との差別化を図ることができます。

例えば、スクラッチクーポンやガチャなどのゲーム性を加えることで、顧客に楽しさを提供するアプリを構築することができます。
さらに、新規顧客向けの特典や一定金額以上の購入で利用できるクーポン、アプリのインストール特典なども多くの事例も多くみられます。

ニュース配信の活用

ニュース配信の大きな利点は、リアルタイムに情報を発信できることです。プッシュ通知と組み合わせることで、顧客の目に留まりやすく、効果的な情報発信が可能です。

また、SNSやメールマガジンとは異なり、ニュースの開封率を通じて顧客の関心を把握し、将来の分析と改善に役立つ情報を得ることができます。

小売アプリ導入後:運用のポイント

実際にアプリを運用しようと思った際に、気を付けたいポイントについて3つご紹介します。

店員にアプリの使い方について指導する

顧客がアプリをインストールするきっかけの1つとして「店員から顧客にアプリをおすすめすること」が挙げられます。

しかし、自社のスタッフがアプリの使い方を熟知していなければ、顧客にすすめる際に十分な説明ができません。ましてや、アプリマーケティングの効果を何一つとして得ることができないことも考えられます。

そうしたことが起こらないようにするためにも、マニュアル化や研修がとても重要です。

参考:店内でのアプリダウンロード促進方法

店内でのダウンロード促進方法

ポスターや看板

店内にポスターや看板を配置し、アプリのダウンロードを呼びかけるメッセージを掲示します。特典や割引などの魅力的な情報も併せて表示することで、顧客の関心を引きます。

店内でのダウンロード促進方法

レシートに案内

レシートにQRコードや短縮URLを記載し、アプリのダウンロード案内を行います。レシートの裏側や裏面にプロモーションを配置することで、顧客がアプリを気に留めやすくなります。

店内でのダウンロード促進方法

店内ディスプレイ

商品陳列やディスプレイエリアにアプリの特典やメリットを紹介する情報を掲示します。顧客が商品を選ぶ際にアプリのダウンロードが得になることを強調します。

店内でのダウンロード促進方法

店員による案内

店員が顧客に対してアプリの特典や利点を説明し、ダウンロードを勧めることで、顧客の関心を高めることができます。

目的と機能を明確にする

アプリの目的と機能を明確にすることは重要です。特に、単なる割引クーポンアプリにならないためには、アプリ導入時からその目的を明確にする必要があります。

さらに、目標を設定する際には、漠然とした目標ではなく、売上やアクティブ率など具体的な指標を設定することが重要です。

必要に応じて機能の改善を加える

以下に、アプリ導入後の成功ポイントを記載します。

アプリ導入後の成功ポイント

機能の継続的な改善

顧客の利便性を向上させるため、アプリの機能を定期的に見直し改善する必要があります。

アプリ導入後の成功ポイント

迅速な問題対応

問題が発生した場合、スピーディーな対応が顧客の信頼を維持し、顧客満足度を高めるポイントです。

アプリ導入後の成功ポイント

アプリ開発会社との連携

アプリ開発会社との密接な協力を通じて、機能の向上や問題の解決を実現し、顧客の期待に応えることが大切です。

アプリ導入後の成功ポイント

アフターサービスの提供

アプリ導入後もアフターサービスを提供できる開発会社の選定は、運用の成功に不可欠です。

上記のアプリ導入後の成功ポイントを実践することで、顧客満足度を保ちながら小売アプリの運用を効果的に行うことが可能です。

小売業でアプリ集客をするならGMOおみせアプリ

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2024年3月時点で、3,100社以上の企業と10,200店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

GMOおみせアプリでは、今回ご紹介した活用方法はもちろん、他にも柔軟なカスタマイズや細かなデータの活用も可能です。

また、無料のオンラインデモンストレーションや導入相談も受け付けています。アプリ集客について気になった方は、ぜひ気軽にご相談ください。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく