ブラウザとは?スマホアプリとの違いや代表例を紹介

ブラウザとは?スマホアプリとの違いや代表例を紹介

ブラウザは、日常生活やビジネスの現場において欠かせない存在です。

一方で、ブラウザとは何か、改めて問われるとよく分からない人も多いでしょう。ブラウザを理解し、スマートフォンアプリとの違いが分かれば、アプリを導入する際の参考にできます。

本記事では、ブラウザについて、スマートフォンアプリとの違いや代表例をご紹介します。

ブラウザとはなにか

ブラウザ(ウェブブラウザ)は、インターネット上のウェブページを閲覧するためのアプリケーション(ソフトウェア)です。ブラウザは英語でbrowserと表記し、「拾い読みする人」を意味します。

ブラウザは、パソコンやスマートフォンなどそれぞれのデバイスに使いやすいように開発されてきました。ブラウザは、インターネットを利用する人に欠かせない存在といえます。

代表的なブラウザはGoogle Chrome、Safari、Microsoft Edgeなど。詳細については後述します。

目次

スマホアプリとは何か

スマホアプリとは、インターネット上のアプリストアからスマートフォンにダウンロードして使うソフトウェアのことです。アプリとは英語のアプリケーションの略で、日本語では応用を意味します。

スマホアプリは多様な種類があります。

  1. SNSアプリ: Instagram、TwitterなどのSNSを利用するためのアプリ
  2. メッセージアプリ:LINE、Facebook Messengerなどのメッセージンの送受信や音声通話を行う
  3. エンターテイメントアプリ: YouTube、Spotifyなどの動画や音楽を楽しむためのアプリ
  4. ゲームアプリ: Pokémon GO、ドラゴンクエストウォークなど

スマホアプリは、ユーザーの生活を豊かにするためにさまざまな目的で使用されます。

他にも、店舗向けのアプリなどがあります。特定の店舗のアプリをダウンロードした場合、そのアプリはホーム画面に表示され、セールやイベントなどの店舗情報、クーポンの配布などを通知します。店舗アプリは顧客に効率よくアプローチでき、収益につながるため、導入して集客を促す事業者が増えています。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

ブラウザとスマホアプリとの違い

ここでは、スマートフォンで使うブラウザとスマホアプリとの違いを紹介します。

ブラウザスマートフォンアプリ
インストール方法通常はプリインストールされているが、追加でインストールも可能アプリストアからダウンロード・インストール
機能と操作性Webコンテンツ閲覧に特化し、一般的なWeb機能を提供特定の目的に特化した機能や機能セットを提供
オフライン機能オフラインでの使用は制限される一部機能をオフラインで利用可能な場合がある
アクセス権限一般的に制限された権限で動作し、必要に応じてパーミッションを要求端末の機能やデータへのアクセス権限を要求する場合がある
アップデートと互換性オペレーティングシステムのアップデートとともに更新定期的なアップデートで新機能や改善が提供される
ストレージ使用量一時的なキャッシュデータやクッキーなどの使用データやメディアコンテンツを保存し、永続的なストレージ使用

この表は一般的な違いを示していますが、個々のブラウザやアプリによって異なる場合があります。また、一部のブラウザはアプリとしても利用可能であり、厳密な区別が難しい場合もあります。

代表的なブラウザを紹介

ここからは、スマートフォンで利用する代表的なブラウザを紹介します。

Google Chrome

Google Chromeは、Googleが提供しているブラウザです。Androidが搭載されているスマートフォンには、標準ブラウザとして設定されている場合があります。

Google Chromeは、Googleの他のサービスと連携して使える点が主なメリットです。さらにパソコン版とシームレスに利用でき、ブックマークを同期できます。

その他の特筆すべき点は、直感的に操作できること、世界で約34億人が利用しておりデータ数が非常に多いことなどが挙げられます。

Safari

Safariは、Appleが開発しているブラウザです。iPhoneの標準ブラウザであり、Androidのスマートフォンやタブレットでは利用できません。

Safariの特徴はデザインがシンプルで、表示スピードが早く、バッテリーの持ちが良い点です。さらにウェブページのデザインが、他のブラウザよりも綺麗で見やすく表示されます。

Macなど他のApple製品との連動性も高いため、Appleユーザーに強く支持されています。他にもさまざまな特徴があり、魅力的なブラウザといえるでしょう。

Microsoft Edge

Microsoft Edgeは、Microsoft社のブラウザです。

近年話題のChatGPTを用いた生成AI機能(Bingのチャット機能)が使えます。

スマホでBingのチャット機能を使う際は、Microsoft Bingのアプリをインストールしましょう。

まとめ

ブラウザはインターネットを閲覧するシステムです。スマホアプリとは異なる特徴があり、店舗をアピールしたいときにはそれぞれを使い分けて上手く利用するとよいでしょう。

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2023年10月時点で、3,050社以上の企業と10,000店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく