集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

店舗アプリを導入すれば多店舗展開しているお店の効果測定が容易

店舗アプリを導入すれば多店舗展開しているお店の効果測定が容易

2020年05月29日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

多店舗のデータをまとめて集計可能

商売を成功させるには売り上げや入店率などデータ集計を行い効果測定をします。 1店舗だけ経営を行っている方は、対象店舗だけの効果測定ですみます。多店舗展開をしているお店だと複数の店舗の効果測定を行うときに店舗アプリを使うと、効率よくデータ収集が可能です。
店舗アプリでは顧客の来店情報や行動情報をオンラインを通じて集計できます。店舗アプリを使えば複数の店舗が個別に情報を収集して、本部にデータを届ける必要がなくなるので便利です。

クーポンの効果測定もできる

店舗アプリを利用すれば、管理画面から顧客の情報を追加できます。登録した情報を利用して特定の条件に当てはまるユーザーにクーポンを発行することも可能です。さらにクーポンの使用履歴や、発行状況なども集計できます。

集めたデータでマーケティングを行おう

店舗アプリを介して複数の店舗データを取得したら、その情報を可視化することが可能 です。グラフなどを利用してどのような効果があったのかを把握できます。さらに集めた情報を元として、今後はどのようなマーケティングをすれば売り上げを上げることができるのかなどの施策を立案することが可能 です。

まとめ

店舗アプリを導入すれば複数の店舗のデータ集計ができるので、今後の経営に活かせます。

3分でわかるGMOおみせアプリ

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事