集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

O2Oマーケティングにおける集客アプリの行動分析への応用の成功事例

O2Oマーケティングにおける集客アプリの行動分析への応用の成功事例

2020年08月07日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

店舗経営ではO2Oマーケティングが注目されていますが、集客アプリの機能を応用することによる成功事例が増えてきました。集客アプリは導入コストが比較的低く、プッシュ通知によってユーザーアクションを促しやすいのが特徴です。

O2Oマーケティングの成功事例とは

成功事例として挙げられるのがオンラインで獲得して集客アプリをインストールしたユーザーに対し、実店舗でのみ利用できるクーポンを発行してプッシュ通知で連絡する方法です。 プッシュ通知をすることで普段はセール情報などをあまり気にかけていないユーザーにもアプローチすることができ、店舗利用への誘導に成功するケースが多くなっています。

クーポンをターゲッティングすることでさらに大きな成功をしている事例もあります。
集客アプリでは登録者の行動分析をすることができるようになっています。 何に興味を持っているかに応じて魅力があると考えられるクーポンを発行することが可能です。行動分析に基づくO2Oマーケティングは店舗に誘導しやすいメリットがあり、成功事例が着実に増えてきています。

まとめ

行動分析に基づくO2Oマーケティングでは集客アプリを活用する成功事例が増えています。
下記の参考資料もぜひご覧ください。

O2Oの成功事例について解説

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事