集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

店舗アプリのデメリット【導入前に知っておくべき事実】

店舗アプリのデメリット【導入前に知っておくべき事実】

2021年08月26日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

販売促進や集客に役立つ店舗アプリですが、事前にどのようなデメリットがあるのかも知っておくことで、導入すべきかどうかの判断もつきやすくなります。

店舗アプリは、顧客にダウンロードしてもらわなければ期待する効果が得られにくくなります。まずはアプリの存在や利用できる内容を認知してもらい、ダウンロードを促す工夫が必要です。

また、顧客に継続的にアプリを利用してもらうために、配信内容やサービスを継続して考える必要があります。さらに、開発や維持、メンテナンスのコストも決して安くはありませんので、これらのリスクがあってもそれ以上の利益を出せるように努力する必要があります。

店舗アプリのデメリットを解消する方法とは?

では、店舗アプリのデメリットはどのようにすれば解消できるのでしょうか。

まず、ダウンロードに関しては、ダウンロード特典として割引やグッズをプレゼントするなどのサービスを周知することで、ある程度解決できます。「アプリユーザー限定で割引を受けられる」と周知すれば、頻繁に店舗を利用する顧客は積極的にダウンロードしますし、その場で使えるとなれば新規の顧客獲得も可能です。
ポイントサービスをアプリで管理したり、適切なタイミングで様々なキャンペーンを配信することで、継続的な利用にもつなげられるでしょう。

開発費や維持費に関しては、店舗アプリの作成を依頼するサービスの比較が重要です。価格だけでなく、信頼性や実績なども比較して選ぶようにしましょう。また、使いたい機能など必要な要件をあらかじめ整理して、制作するアプリの機能を削減することでも、コストカットにつなげられます。

自社に最適な店舗アプリを選択しよう!

店舗アプリは使う機能によって1店舗のみの業態でも、複数店舗を持つ大企業にも導入メリットがあります。

フリーペーパーや地域限定のチラシと比べて、より広範囲の顧客に対して販促や集客の効果が期待できるので、遠方からのリピーターが多い業種などにもよいでしょう。
店舗アプリを導入する際のデメリットは、上記のような工夫である程度解決できますので、後はメリットやコストを考慮して、自社にとって最適な方法を探してみましょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリの関連記事】

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事