店舗アプリのメリット・デメリットとは?必要とされる背景や制作方法も解説

店舗アプリのメリット・デメリットとは?必要とされる背景や制作方法も解説

2022年08月31日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

現在、多くの企業が当たり前のように店舗アプリを導入・運用しています。

  • 店舗アプリはなぜ必要とされ普及していったのか
  • 開発のメリット・デメリット
  • 店舗アプリを作成する流れやコツ

この記事では上記のような内容を紹介します。

店舗アプリを導入しようか迷っている方はぜひ最後までご覧ください。

店舗アプリが必要とされる背景・理由

  • スマホは情報発信力が高い
  • キャッシュレス決済が増えている
  • 通信機器で最も使われているデバイスがスマホ
  • 利便性の向上
  • 比較的低コスト

店舗アプリはさまざまな観点から必要とされています。少し前までは宣伝やクーポンの配布はチラシやメルマガなどが主流でした。しかし、スマートフォン普及率や利便性の高さから、チラシやメルマガを利用する方は少数派となりました。

そのため、スマートフォンで展開する店舗アプリの存在が必要になったのです。また、スマートフォンは情報発信力の高さから、新規のお客様やリピーター確保に長けています。そのため、競争が激しい今の時代に欠かせないものとなっています。近年ではキャッシュレス決済を利用する方も少なくありません。

店舗アプリでキャッシュレス決済を取り入れておくことは必須となりつつあります。さらに比較的低コストで作成することが可能です。これらさまざまな理由により店舗アプリは必要とされています。

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリとWebサイトの違い

店舗アプリとWebサイトには、以下の違いがあります。

  • ターゲット
  • 定着効果
  • 通信環境
  • 顧客エンゲージメントへの効果

それぞれの違いについて詳しく解説します。

ターゲットが異なる

一つ目の違いはターゲットです。基本的にWebサイトは、新規顧客の集客を目的としており、来店したことがない人や、店舗について知らない人をターゲットとしています。

これに対して、店舗アプリはリピーター向けの集客ツールとされています。一度来店された方と接点を持ち、再来店を促す目的があります。

このようなターゲットの違いを把握したうえで、双方の集客ツールを効果的に取り入れていくことが重要です。Webサイトからは新規顧客の流入を狙い、アプリではリピーターを増やすといったように併用すると、さらに効果的なマーケティング活動が可能です。

顧客の定着には店舗アプリの利用がおすすめ

顧客の定着率を向上させるためには、Webサイトよりも店舗アプリの方がおすすめです。なぜなら、アプリを経由して、顧客にとって有益な情報を発信し続けられるためです。

例えば、店舗アプリでキャンペーン情報をプッシュ通知したり、クーポン機能でお得な割引サービスを配信したりすることで、来店促進・リピーターの創出が期待できます。

売上を向上させるためには、顧客の定着が欠かせません。店舗アプリならではの機能を活用して、顧客の定着を目指しましょう。

アプリのほうが通信環境に左右されにくい

店舗アプリやWebサイトは、どちらもインターネット環境がなければ利用できません。

しかし、「ユーザー側の使いやすさ」という点でみれば、店舗アプリの方が通信環境に左右されにくく、使い勝手がよいといえます。

なぜなら、アプリは事前にダウンロードして使用するのに対して、Webサイトは、開くたびにページの読み込みが必要になるためです。

よりスピーディに使用しやすい店舗アプリの方が、ユーザーにとって利便性が高く、使用してもらいやすいといえるでしょう。ただし、店舗アプリを利用してもらうためには、ダウンロードを促進するための働きかけが必要です。

顧客エンゲージメントを高めやすい

Webサイトよりも店舗アプリの方が顧客のエンゲージメントを高めやすいという違いもあります。店舗アプリは、検索エンジンで見つけたWebサイトとは異なり、顧客側から能動的なダウンロードを行うため、アクティブなユーザーが多いという特徴があります。

また、店舗アプリの場合、クーポン機能やプッシュ通知などでユーザーに情報を配信することが可能です。適切なタイミングで有益な情報を発信することで、顧客のエンゲージメントを高められます。SNSとの連携機能を実装すれば、より高い効果が期待できるでしょう。

アプリ独自の機能

店舗アプリには、Webサイトにはない独自の機能が多数あります。店舗アプリならではの機能を有効活用することで、効果を最大限に生かせるようになります。

この章では、店舗アプリ独自の機能を3つご紹介します。

アイコンが画面内にあるためユーザーの目に留まりやすい

店舗アプリをダウンロードすると、ホーム画面上に店舗アプリのアイコンが表示されます。

ほとんどの方がスマートフォンを利用する現在、ホーム画面上にアイコンがあることで、店舗のことを思い出してもらえる効果が期待できます。

また、Webサイトのように検索しなくてもアイコンをタップすれば簡単に開くことができるため、ユーザーの利用を促しやすいというメリットもあります。

プッシュ通知で配信情報を開いてもらいやすい

店舗アプリならではの機能として、プッシュ通知機能があります。プッシュ通知機能を活用することで、ユーザーがアプリを起動していない状態でも、スマートフォンの画面に情報を表示させることが可能です。

例えば、プッシュ通知でクーポン情報を配布すれば、販売・来店促進につながります。なお、メールマガジンの配信よりも、プッシュ通知の方が開封率が高いというデータもあり、販売・販売促進に高い効果が期待できます。

ポイントカード機能で来客のきっかけになる

店舗アプリでは、ポイントカードを電子化することもできます。

来店や購入金額に応じてポイントが貯まるポイントカードは、これまで紙やプラスチックのカードとして配布されていました。

店舗アプリのポイントカード機能を導入することで、紙やプラスチックのカードの発行費用が抑えられます。また、顧客側もポイントカードを持ち歩く必要が無いため、「持ってくるのを忘れた」ということも防げます。

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリを開発するメリット

店舗アプリ開発にはさまざまなメリットが存在します。

  • 手軽に利用できるため、情報を届けやすい
  • 店舗オペレーションを簡略化
  • クーポンの配布(リピーター確保)
  • 既存の顧客の満足度を向上、ロイヤルカスタマーの育成
  • データの有効活用(クーポンの利用状況、年代など)ニーズの把握が可能
  • ポイントカードをデジタル化

手軽に利用できる

店舗アプリは手軽に起動できるため、情報を届けやすいメリットがあります。また、プッシュ通知で情報が更新されたことを伝えることが可能です。

プッシュ通知とは、ロック画面やホーム画面の上部に表示されるお知らせのことです。プッシュ通知を送ることで、アプリを開かなくても、ユーザーにメッセージを表示することができます。また、通知音を他のアプリと異なる音に設定することで、メッセージの開封率を上げることも可能です。

店舗オペレーション簡略化

本来は来店の際に伝える情報もアプリ内で伝えることが可能です。そのため、店舗オペレーションを簡略化することができます。

店舗アプリのアイコンがホーム画面に表示されていることで、気軽にアプリを起動させられます。簡単に起動できるため、ユーザーはインターネットで検索しなくても、店舗に関する情報を気軽に手に入れられます。

リピーター確保

情報の届けやすさやクーポン配布などにより、リピーターの確保が行いやすいです。また、情報を拡散することで、新規の顧客が獲得できるメリットもあります。

プッシュ通知を活用することで、お店のイベントやキャンペーンに関する情報をユーザーへ簡単に通知できます。通知が届けば、しばらく来店していなかったお客さまに、再度来店を促すきっかけを作ることができます。さらに、ポイントやスタンプ機能を搭載すれば、リピーター増加に繋がる可能性があります。

データの有効活用

店舗アプリではクーポンの利用状況やお客様の年齢や性別などさまざまなデータを見ることができます。そのデータを活用して今のサービスを改善することが可能です。

アプリを活用することで、ユーザーのアプリ内での行動履歴や、クーポン利用や来店状況などの情報を分析することも可能です。ユーザーの情報を分析することで、それぞれのユーザーに適した効果的な広告をうったり、ニーズを把握したりすることに役立ちます。

ポイントカードデジタル化

ポイントカードをデジタル化することで、オンラインで管理することができます。財布がかさばったり紛失する心配が無くなります。

また、デジタル化されたポイントカードであれば、紙媒体のカードと違い紛失してポイントの確認ができなくなることもありません。さらに、アプリ内にポイントカードが内蔵されているため、印刷にかかる費用や管理の手間も省けられるメリットもあります。

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリを開発するデメリットと解消法

店舗アプリ開発にはメリットだけでなくいくつかのデメリットも存在します。

店舗アプリを開発する際のデメリット・注意点

  • 費用がかかる(サーバー代、ドメイン代など)
  • お客様にダウンロードしてもらわなければいけない
  • 開発に手間と時間がかかる
  • アプリ内のトラブルやバグ(運用)
  • 店舗オペレーションの変更(アプリの問い合わせなどに答えられるようにする)

費用がかかる

アプリの開発にはそれなりの費用が掛かります。また、開発の際だけでなく開発後の運用にも費用が掛かります。

アプリ開発にかかる主な費用は、以下のとおりです。

  • アプリ開発専門のスタッフにかかる人件費
  • アプリ機能追加にかかる費用
  • デザイン変更にかかる費用
  • アプリに不調がきたした際、対応にかかる費用
  • サーバーやドメインの取得にかかる費用

開発に手間と時間がかかる

開発の際はデザインやターゲットなどを詳しく決める必要があるため、手間と時間がかかってしまいます。また、開発を開始してから完成するまでにも1~3か月ほどかかります。

また、どのような機能を搭載すると、ユーザーにとって利便性の高いアプリになるのかといった技術要件や仕様についても考えなければなりません。

さらに、アプリを自社開発する場合は、プラグラミング言語に関する知識が求められるため、技術習得や採用活動を行う必要があります。このように多くのことに手間と時間が求められます。

お客様にダウンロードの手間が発生する

アプリを利用するためにはお客様にダウンロードしてもらう必要があります。アプリのダウンロードは簡単です。しかし、簡単な作業も面倒だと感じる方もいます。そのため、アプリをダウンロードしたくなるような対策が必要です。

例えば、アプリをダウンロードすることでポイントがためられる仕組みを作ったり、アプリユーザーが使えるお得なキャンペーンの実施をしたりすることが、ダウンロード数の拡大に有効です。しかし、幅広いユーザー層に魅力のある対策を打ち出すことは、容易ではありません。

また、スマートフォンの扱いに不慣れなお客様には、アプリのダウンロードする方法を分かりやすくご案内しなければなりません。そのために、アプリ導入後には、インストールの手順が分かりやすく記載されたポスターなどを掲示しておく必要があります。

アプリ内のバグやトラブル

アプリを運用しているとバグやトラブルは必ず発生します。発生するごとに修正の手間がかかります。お客様が不満を持たないように迅速な対応が必要です。

アプリ使用中に不具合が生じると、せっかくダウンロードしてもらえたユーザーに不便さを感じさせてしまいます。

また、不具合が多発してしまうと、アンインストールされてしまう可能性もあります。それらの事態を未然に防ぐためには、リリース前のバグチェックや定期的な改善が必要です。

店舗オペレーションの変更

アプリのお問い合わせに答えることができるように、店舗オペレーションを変更する必要があります。

店舗アプリを導入すると、ユーザーからダウンロード方法やポイントの貯め方などについて、問い合わせが増えます。その際、迅速に顧客対応するためには、従業員ひとりひとりにアプリに関する研修や情報共有を徹底して行う必要があります。

デメリットの解消法

前述したようなデメリットは、少し工夫を施すことで解消できます。デメリットの解決方法について解説します。

ユーザーにダウンロード特典をアピール

アプリのダウンロードが手間だと感じているお客様には、アプリをダウンロードすることでさまざまな特典を受けられることをアピールしましょう。

アプリをダウンロードするとお得なクーポンを受け取れるようにしたり、定期的にキャンペーン情報を配信していることを伝えたりしてください。そうすることで、得られる特典に魅力を感じてもらえ、ダウンロード数の増加に繋がります。

プッシュ通知の回数をコントロール

プッシュ通知は、ユーザーに情報を配信する上で非常に有効な手段です。しかし、通知する回数が多くなりすぎると、アプリをアンインストールされる原因になりかねません。プッシュ通知を送る際は、効果的な内容に絞って、開封率の高い時間を調査したうえで配信することをおすすめします。

ユーザー離れを防ぐ工夫

店舗アプリから届く情報が古すぎたり、内容の薄い情報ばかりである場合、ユーザーはアプリの必要性を感じなくなり、アンインストールしてしまう恐れがあります。

常に自社アプリの必要性を感じてもらうためには、キャンペーンやお得なクーポンに関する情報を定期的に更新しなければなりません。有益な情報だと判断されれば、来店のきっかけともなります。

また、店舗のリピーターを増やす手段として、アプリのスタンプ機能を導入することも有効です。

GMOおみせアプリで作成費用を削減

店舗アプリを開発する上でもっとも大きな懸念材料は、作成にかかる費用が大きいことです。店舗アプリは自社独自のものを開発することもできますが、それには膨大な時間と開発費用がかかります。

それらの懸念材料を解消するためには、店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリがおすすめです。GMOおみせアプリを利用すれば、手間と費用を抑えてアプリの作成ができます。

GMOおみせアプリで搭載できる主な機能は、以下のとおりです。

  • プッシュ通知機能
  • チャット機能
  • スタンプカード、ポイントカード機能
  • 予約機能
  • 顧客管理機能

自社に必要な機能を搭載し、オリジナリティ溢れるアプリを開発しましょう。

アプリ内のバグやトラブルにも迅速に対応

GMOおみせアプリではアプリ導入後のアフターケアも充実しております。アプリ内でのバグやトラブル、不具合が発生した場合には、トラブル解消の専門スタッフが迅速に対応いたします。

また、オプション機能の追加や、OSの変更などにも対応可能です。GMOおみせアプリでは、アプリの導入を検討中の方から導入された後まで、一環したサポート体制が整備されております。

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリ作成費用の相場

  • 店舗アプリなら500万~
  • 系統によって金額は異なる
  • GMOおみせアプリは初期費用と月額料金が安価
  • 詳しくは資料請求

店舗アプリをフルスクラッチで作成する際の相場は500万円~です。オンライン上のサーバーを利用するクラウド型(SaaS型)の場合は100万円~が相場です。

店舗アプリ作成にかかる費用は対応するOSや機能などによって異なります。そのため、相場の費用よりも安く作成することも可能です。また、高い費用をかければこだわりを持ったアプリを作成することも可能です。

弊社では月額22,000円(税込)~、さまざまなプランをご用意しておりますので料金表をご確認ください。また、お見積もりが必要な場合も、ぜひお気軽にお問い合わせください。

店舗アプリ作成のポイント

  • 対応OSとバージョンを確認、開発中にもアップデートがくる可能性あり
  • 対応デバイスの確認、スマホやPC
  • デザインを確認
  • 開発スケジュール、かなり時間がかかる可能性がある、しっかり期限を決めておく

店舗アプリ作成の際に意識しておくべきポイントはいくつかあります。

対応OSとバージョンを確認

最新のOSやバージョンに対応するアプリを作成しましょう。開発中や開発後にもOSやバージョンは更新されるため、都度アプリの動作が可能かを確認しましょう。

対応するデバイス

対応するデバイスはPCとスマホの片方だけにするのか、両方にするのかを決めます。自社の提供しているサービスやターゲットを考慮して決めましょう。

デザインを確認

開発を委託する場合もデザインがサービスに合っているのかを確認しましょう。

開発スケジュール

開発スケジュールをしっかりと決めておきましょう。期限を設定していないと開発の進みが悪くなり、想定以上に時間がかかる可能性もあります。

店舗アプリを自作する流れ

  • 企画、どのようなアプリをどのような人をターゲットにするのかを決める
  • 設計、デザインやレイアウト、システム面
  • 開発、設計した物を開発、テストを繰り返す
  • ストア申請

店舗アプリを自作する際は以下のような流れになります。

1. 企画

アプリ開発の企画をします。企画ではどのようなアプリを開発するのかを決めます。また、ターゲットを具体的に決めることも必要です。

2. 設計

企画に沿ったアプリのデザインやレイアウト、システムを設計します。設計をもとに開発を進めるため、重要なフェーズです。店舗アプリを開発するため、お客様のニーズに応えることができる設計なのかを考慮します。

3. 開発

設計の段階で決めたことをもとにアプリを開発します。テストを繰り返しながら使いやすさを向上させ、不具合のないアプリへと仕上げていきます。

4. ストア申請

アプリを配信するにはストアに申請をしておかなければいけません。

店舗アプリを開発した後の流れ

  • 告知や宣伝をして利用者を増やす
  • 運用をしなければいけない
  • バグやトラブルが発生していないか確認
  • OSのバージョンアップなどに合わせてアップデート

開発しても利用者がいなければ意味がありません。宣伝をしてアプリの利用者を増やしましょう。また、店舗アプリは開発した後も運用していかなければいけません。バグやトラブルに目を光らせておく必要があります。

確認次第すぐに修正しましょう。OSやバージョンなどに合わせてアプリをアップデートする必要もあります。さらにお客様からのアプリに対する意見をもとに使いやすいアプリにしていくことも重要です。

開発がゴールではありません。開発後もしなければいけないことが山ほどあることを意識しておきましょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリのプロモーション方法3つ

店舗アプリを導入しても、適切にプロモーションできなければアプリをダウンロードしてもらうことはできません。この章では、店舗アプリをダウンロードしてもらうためのプロモーション方法を3つご紹介します。

①店舗内広告|店舗スタッフの声かけで宣伝しやすい

一つ目の方法は店舗内広告です。店舗内広告とは、実店舗の売り場に広告を貼りだしたり、レジで店舗スタッフが声をかけたりする方法のことです。

アプリをダウンロードした人のみの特典を作ることで、ダウンロードを促しやすくなります。店内に貼り出すポスターやポップなどの制作費はかかりますが、手軽に店舗アプリをアピールできる方法として有効です。

②SNS・公式サイト|関心のある潜在顧客の来客に繋がりやすい

二つ目の方法は、SNSや公式サイトでのプロモーションです。店舗のWebサイトやSNSアカウントを見たユーザーに対して、アプリのダウンロードを促すことができます。

来店したことがないユーザーでも、WebサイトやSNSで接点を持つことで、興味を持つ人にアプリをダウンロードしてもらえることがあります。

ただし、より多くのダウンロードを促すためには、WebサイトやSNSの集客を確保しておく必要があります。集客数が少ない場合、アプローチ対象となる母数が足りず、プロモーションがうまくいかないケースもあります。

③有料のWeb広告|自発性の高い顧客の来店に繋がりやすい

三つ目の方法は有料のWeb広告です。Web広告は広く利用されており、プロモーション方法の中でも一般的な方法の一つです。

店舗アプリのプロモーションに有効なWeb広告には、検索エンジンのキーワードに連動するリスティング広告や、ターゲティングができるSNS広告が挙げられます。

店舗に興味のあるユーザーに直接広告を配信できるため、アプリをダウンロードしてもらえる可能性が高くなります。

GMOおみせアプリ利用企業の声

  • 低予算でも可、コスト削減
  • 予約機能、さまざまな機能が取り付けることができる
  • サービス利用へ自動でご案内
  • 情報発信力増強

GMOおみせアプリを利用してアプリを作成した企業の声をまとめました。

低予算で作成できる

GMOおみせアプリは低予算でもアプリを開発できます。さらにアプリを運用することでコスト削減にもつながります。費用がかかるというデメリットを打ち消すことが可能です。

さまざまな機能を取り付けることができる

商品の予約機能やサービスへと自動で案内してくれる機能など希望に沿った機能を取り付けることができます。利便性を向上させることができ、お客様の満足度も向上します。また、スタンプラリーといったお客様が楽しめるような機能の取り付けも可能です。新規獲得やリピーターの獲得にもつなげることができます。

情報発信力の向上

SNSでは埋もれてしまう情報も確実にお客様に届けることができます。クーポン情報も確実に届けられるため、リピーターを増やすことにもつながります。

アプリの効果は具体的な事例が知りたい方は「活用事例」をご覧ください。

店舗アプリを開発するならGMOおみせアプリ

店舗アプリは今の時代には欠かせないものです。デメリットはいくつか存在します。

しかし、それ以上に得られるメリットが大きいものとなっています。不都合がない限りは開発するべきでしょう。

GMOおみせアプリではさまざまな企業に合わせたプランを用意しています。

まずは資料請求料金表をダウンロードし、ご覧ください。不明な点や気になる点がございましたら、ご気軽にお問い合わせください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリ】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ