店舗用ポイントカードのアプリとは?導入のメリットや作成方法を紹介!

店舗用ポイントカードのアプリとは?導入のメリットや作成方法を紹介!

現代では、コンビニを含むさまざまな店舗で、年齢や性別を問わずポイントカードが利用される機会が増えています。多くの店舗が、ポイントシステムの導入や検討を行っていることでしょう。

しかし、大手企業のポイントを利用している場合には、「ポイントは付与されるが、なかなか自社の店舗で利用されず、次回の来店につながりにくい」といった課題が生じることがあります。

このようなお悩みを抱える店舗経営者の方々に対して、ポイントカードアプリについて解説し、さらに「ポイントの種類」と「お店のアプリと組み合わせて、ポイントを上手に活用しリピート顧客を増やす方法」をご紹介します。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

目次

店舗用ポイントカードアプリとは?

店舗用ポイントカードアプリは、スマートフォン上で店舗のポイントや会員証を管理できるアプリのことを指します。

従来の方法では、紙や磁気・ICカードのポイントカードが一般的であり、顧客はこれらのカードを持ち歩く必要がありました。また、店舗側ではカードの印刷や再発行にかかる手間やコストが発生していました。

しかし、店舗用ポイントカードアプリを導入することで、顧客はスマートフォン上でポイントや会員証を管理できるため、財布がカードでいっぱいになったり、カードを忘れたりするといった問題を解消することができます。これにより顧客の利便性が向上します。

また、店舗側でもポイントカードの印刷や再発行などの手続きが不要になり、コスト削減に繋がります。

主に以下のような業種で、店舗用ポイントカードアプリの導入が進んでいます。

  • 小売店
  • アパレルショップ
  • 飲食店
  • ドラッグストア
  • 美容室
  • 宿泊施設
  • 交通機関

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

ポイントカードアプリの種類

ポイントカードアプリとして一般的にイメージされるものは、店舗固有のアプリです。一方、店舗固有アプリを管理するためのアプリや、紙のカードをデジタル管理するためのアプリも存在しています。

ここでは、機能・用途別にポイントカードアプリを3種類解説します。

スクロールできます
タイプ機能と特徴代表的なアプリ
自社アプリタイプ店舗固有のアプリ
ポイントカードや会員証のデジタル化
クーポン配布、初回インストールクーポン、プッシュ通知などの追加機能を実装可能
自社開発アプリ
外部連携タイプ他のポイントカードアプリと連携してポイントを一元管理
スマートフォン内でポイントカードを整理する
容量圧迫によるアンインストールを避ける
Apple Wallet
バーコード登録タイプ紙やプラスチックのポイントカードのバーコードをスマートフォンで管理
実体カードをスキャンまたは会員番号を手入力して登録
財布の整理に役立つ
Stocard

店舗用ポイントカードアプリのメリット

店舗用ポイントカードアプリを導入すると得られるメリットを詳しく解説します。

ペーパーレス化できる

ポイントカードをアプリにすることで、ペーパーレス化を実現できるといったメリットがあります。

カードの印刷や再発行の手間とコストを削減できる

紙のポイントカードの場合、店舗の顧客が増えるほどカードの印刷が必要になるほか、更新や紛失した方への再発行など、1人の顧客に対して複数枚発行するケースもあるでしょう。

店舗用ポイントカードアプリであれば、印刷や再発行といった紙のポイントカードにかかっていた労力とコストを削減できます。

ポイントカードの持ち忘れを防止できる

さらに、顧客のスマートフォンのアプリとして活用できるため、ポイントカードの持ち忘れを防止できます。

顧客データを管理できる

店舗用ポイントカードアプリを導入すれば、顧客データを管理できるようになります。

  • アプリを通じて顧客情報を収集できる
  • 購買履歴や来店実績に基づいたマーケティングが可能

アプリ経由で顧客の情報を収集することで、購買履歴や来店実績に合わせたマーケティングが可能です。紙のポイントカードでは得られなかった多角的な情報を得られるでしょう。

顧客を育成できる

店舗用ポイントカードアプリでは、顧客情報の収集だけではなく、顧客を育成するシステム作りが可能です。

プッシュ通知でお得な情報を提供し、再来店を促すことができる

たとえば、ポイント数に応じてプッシュ通知でお得な情報を知らせると、顧客に再来店を促すことができます。プッシュ通知とは、スマートフォンの画面上に表示される通知です。顧客がその都度アプリを開かなくても、店舗が配信した情報を認知してもらえます。

リピーター・ロイヤルカスタマーの獲得につながる育成方法が実現可能

また、再来店を促進できれば、新規顧客からリピーターへ、さらにはリピーターからロイヤルカスタマーへと顧客を育成できます。

ポイントカードアプリとプッシュ通知を用いた顧客の育成方法の例として、以下が挙げられます。

  • 期間限定のポイントアップキャンペーンを告知する
  • 顧客がランクアップするような情報を知らせる
  • 新商品の発売日や終了日をリマインドする

このように、リピーター・ロイヤルカスタマーの獲得につながるような仕組みを構築できることは、紙や磁気カードにはないメリットです。

顧客の利便性を向上させられる

店舗用ポイントカードアプリを導入すると、顧客の利便性が大幅に向上します。

スマートフォンを使用しているため、持ち運びが容易

スマートフォンは誰もが持ち歩いているため、ポイントカード忘れを防げます。

スマートフォン決済により、会計とポイント付与を一括管理

スマートフォン決済をする場合、会計とポイント付与がスマートフォン一つで完結することは大きなメリットです。

処理が簡略化され、アプリ内でポイント数が確認可能

スタンプカード形式に比べ、ポイント付与の処理が簡略化されます。アプリ内にポイント数が表示されるため、いつでも確認可能です。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

ポイントカードアプリの作成方法

ここからは、自社のポイントカードアプリを作成する方法について紹介します。作成方法は、「自社開発」と「アプリ制作会社への依頼」といった大きく2つがあります。

自社開発する

アプリを自社開発すると、アプリの機能やデザインなどを自由にカスタマイズできるという魅力があります。そのため、独自のオリジナル機能やデザインにこだわったアプリを制作したい企業におすすめです。

自社開発のリソースと検討事項

アプリを自社開発するには、開発技術や人材にリソースが必要です。社内に対応できる人材がいない場合は、新たな人材確保や育成が必要になるため、費用や時間などを考慮したうえで検討が必要です。

アプリ開発会社へ依頼する

アプリの自社開発が難しい場合には、専門のアプリ制作会社に依頼することも一つの方法です。初めてアプリを作成する会社では、外部に委託するケースも多くみられます。

パッケージ型プランの利点

なかでも、アプリの機能やデザインをテンプレートから選べる「パッケージ型」のプランは、コストを抑えやすくなっています。

適切な制作会社を選ぶために確認すべき項目

パッケージ内に装備されているアプリ機能やデザインは、サービスによって異なります。以下のような項目を確認して、自社店舗にあった制作会社に依頼しましょう。

  • 店舗に必要なアプリの機能
  • 店舗のイメージに沿ったデザイン
  • 個人情報の管理

アプリ開発を外注することのメリット

外部の専門会社にアプリ開発を依頼することにはメリットが多くあります。以下にその主なメリットを説明します。

高品質なアプリ開発 | クオリティを追求できる

  • 専門知識を持ったスタッフによる高品質なアプリ開発
  • 自社開発よりもアプリのクオリティを追求できる
  • 自社の専門外の業務に着手するリスクを回避
  • 効率的に高品質なアプリを開発可能

人材育成の必要がない | リソース削減と効率向上

  • 社内での人材育成や専門知識の新規雇用の必要がない
  • 自社開発経験のない企業にとって育成費用の削減が大きなメリット
  • 外注には開発費用がかかるが、育成にかかる時間を削減可能
  • 他の業務効率を下げずにアプリ開発を進めることができるため、外注は自社開発よりも有利になりやすい

開発環境の整備不要 | コスト削減とスムーズな開発

  • 自社での開発経験がない場合、開発環境の整備に手間と費用がかかる
  • 自社開発のメリットは開発費用の抑えられることだが、開発環境の整備費用を含めると自社開発の方が高費用になることがある
  • 外注であれば開発環境の整備にかかる手間と費用を削減できる
  • 開発環境がない会社にとって、外注でアプリ開発することは大きな恩恵となる

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

ポイントカードアプリを効果的に活用するには

店舗用ポイントカードアプリの導入後、より効果的に活用する方法を紹介します。アプリの価値を高めて、自社店舗への集客につなげましょう。

ダウンロードしてもらう工夫が必要

店舗用ポイントカードアプリを導入した後は、顧客にダウンロードしてもらうための工夫が必要です。

ダウンロードを促すアプローチとして、以下が挙げられます。

  • 店内設置する紙での周知
  • 店員の口頭説明
  • ダウンロードキャンペーンの実施
  • SNSでの拡散
  • 新規ユーザーの紹介制度

顧客への周知だけでなく、ダウンロードをした方にポイントやノベルティを付与するなどの特典を付けることも効果的です。

目標設定が不可欠

店舗用ポイントカードアプリは、ただ導入するだけではなく、導入する目的やアプリ導入後の目標を明確にすることが重要です。

さまざまな指標から目標を設定することで、アプリに必要な機能やアプローチ方法を検討できるようになり、マーケティングツールの一つとして有効活用できます。

目標設定の指標として、以下が挙げられます。

  • アプリのダウンロード数
  • 新規顧客獲得数
  • アプリキャンペーンの売上
  • 総売上

ポイントの種類

ポイント制度には、共通ポイントと自社ポイントの2つの種類が存在します。

共通ポイント

共通ポイントは、異なる業種や店舗間で利用可能なポイントの仕組みです。コンビニで貯めたポイントをレンタルビデオ店やネットショッピングで使用する、というイメージです。

自社ポイント

自社ポイントは、企業独自のポイント制度を指します。

共通ポイントの特徴と課題

共通ポイントは、異なる店舗や業種で同じポイントを貯めることができる利便性があります。また、運営元の多くが大手企業なのでネームバリューもあり顧客にとっても安心感があります。

顧客はコンビニなどでポイントを貯めて、他の店舗で使用するなど様々な場所で利用できることが魅力です。

しかし、共通ポイントは固定の店舗で利用しなくてもいいため、顧客を自社に囲い込むことが難しいという課題があります。

自社ポイントの特徴とメリット | 顧客囲い込みの重要性

自社ポイント制度には以下の特徴とメリットがあります。また、顧客囲い込みにおいて自社ポイントは重要性です。

特徴とメリット

  1. 差別化: 自社ポイント制度は他社との差別化を図るための強力な手段です。顧客に提供する特典やサービスによって、自社のオリジナリティをアピールすることができます。
  2. 顧客情報の収集と分析: 自社ポイント制度は顧客情報の収集や管理を可能にします。顧客の嗜好や購買データの分析によって、ターゲットマーケティングや個別施策の展開に役立てることができます。
  3. 顧客囲い込みと再来店促進: 自社ポイントは顧客に特別感を与えることができ、顧客の囲い込みと再来店を促進するための有力なツールです。魅力的な特典やサービスの提供によって、顧客の忠誠心を高めることができます。

自社ポイントの重要性

  • 顧客囲い込みの成功: 顧客の囲い込みはポイント制度の成功に不可欠です。自社ポイントを活用することで、顧客に特典を提供し、特別感を与えることができます。これにより、競合他社からの顧客流出を防ぎ、長期的な顧客関係を構築することが可能です。
  • ポイントの活性化: ポイントの有効活用を促すことが重要です。顧客にとって魅力的な特典や報酬を提供することで、ポイントを積極的に利用させることができます。効果的な顧客囲い込みとポイントの活性化を実現することで、売上の増加や顧客満足度の向上につなげることができます。

自社ポイント制度は顧客囲い込みにおいて重要な役割を果たします。特典の魅力とポイントの有効活用を通じて、競争力を高め、顧客の忠誠心を築くことができます。

GMOおみせアプリのオプション「ポイント機能」で他社と差別化を図ろう!

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2023年10月時点で、3,050社以上の企業と10,000店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

GMOおみせアプリの機能に自社ポイントを発行できるオプションがあります。

この機能を自社アプリと組み合わせて使用することにより、他社との差別化はもちろん、顧客の囲い込みやリピート促進が可能となります。

具体的な利用方法は以下の通りです。

GMOおみせアプリの「属性配信(セグメント配信)」との併用

GMOおみせアプリの便利な機能として、アプリ会員を属性別に分けてニュースやクーポンを配信する「属性配信(セグメント配信)」があります。

属性配信を使用して、一定数のポイントを所持しているアプリ会員に情報を配信する事が可能となります。

美容室の例:
500ポイント~1,000ポイントを所持しているアプリ会員に、もっとポイントを貯めて欲しい場合
以下のようなニュースやクーポンを配信し、ポイントをきっかけに来店を促す事ができます。

「夏に向けて髪質から見直しを!6月に○○のシャンプーをご購入の方はポイントが2倍に!」

再来店を促す為に「ポイント2倍・3倍」の日を作る

当然ながら、ポイントはより多くもらえる時の方が購入や再来店を促しやすくなります。

その為、「毎月10日は○○の日!」や、いつも売上が落ち込みがちな月や曜日にポイントを多く付与する日などを決め、その都度プッシュ通知でお知らせをすることにより、再来店や再購入を促す事が可能となります。

まとめ

店舗用ポイントカードアプリを活用すると、来店促進やリピーターの育成などさまざまなメリットがあります。自社開発が難しい場合や、コストをできるだけ抑えたいという方には、必要な機能がパッケージ化されたアプリサービスの利用がおすすめです。

GMOおみせアプリは、店舗用アプリを低コストで作成できます。パッケージ化されたサービスではあるものの、機能やデザインなどを柔軟にカスタマイズすることも可能です。

ぜひご興味のある方は弊社までご相談ください。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく