プッシュ通知とは?機能の仕組み・効果(開封率)・活用法を解説!

プッシュ通知とは?機能の仕組み・効果(開封率)・活用法を解説!

2022年08月18日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

スマートフォンの通知機能のひとつに「プッシュ通知」があります。さまざまな会社のアプリが活用しているこの機能について、その内容とより有効に活用できる方法を解説します。
プッシュ通知を有効活用できると、自社アプリの活性化に役立つため、ぜひご参考ください。

プッシュ通知が使える!

「プッシュ通知」とはどのような機能?

スマートフォンのロック画面上に、企業のアプリから発信された情報が自動で表示される機能が「プッシュ通知」です。
そのアプリを開いていない状態でも、通知を受け取りアプリの最新の情報を知ることができます。
その通知を押すだけでアプリを起動させ、お店のイベントやセールの告知に誘導できる所が大きな利点です。

プッシュ通知が使える!

また、アプリの「プッシュ通知」とは別に、Webブラウザから通知を設定できる「Webプッシュ通知」があります。
Webのブラウザを通して通知を許可した顧客へ発信できる機能です。
Webのプッシュ通知ではその企業のアプリをインストールせずに、最新の情報を知ることができます。ただし、ブラウザ検索をした顧客へ発信できる機能のため、ターゲットの範囲を広げる必要があります。
そのため、アプリから発信される「プッシュ通知」の方がターゲットに絞った発信で、顧客のニーズを追及できる機能でしょう。

2種類の「プッシュ通知」がある

「プッシュ通知」は、「リモートプッシュ通知」「ローカルプッシュ通知」に分類できます。それぞれの機能を詳しく解説します。

リモートプッシュ通知

スマートフォンをインターネットに接続している時のみ有効で、そのアプリを通して情報が送信されます。
例えば、通知内容の速度が大事とされるチャットアプリの新着メッセージや、ショップの最新情報です。多くの企業のアプリがこの機能を使って、情報の発信や共有をしています。
その情報が早く届くことを大事にしたい時に、利用したい通知です。

ローカルプッシュ通知

インターネットを接続せずにスマートフォン内の機能のみを用いて行う通知です。ユーザー自身が設定した条件や設定から通知されます。
例えば、アラーム機能やタスク機能・スケジュール管理アプリが当てはまります。位置情報を元にして設定する事も可能です。
インターネットの接続が必要なく、その操作はスマートフォン内に収まるため、場所を問わず使用できます。

プッシュ通知が使える!

「プッシュ通知」のメリット

スマートフォン内の通知システムにおいて、プッシュ通知を利用する企業が増えてきました。そのメリットを解説します。

リアルタイムな情報発信ができる

企業が発信したい内容を、瞬時に顧客へ届ける点が大きなメリットです。
お店のイベント告知やセールの情報を発信して、定期的に顧客の関心を集めることができます。
また、リアルタイムな情報を発信すると、リピーターを作るきっかけになり、即効性の高い集客が可能です。
アプリをインストールしている顧客に向かって発信するため、ターゲットを絞りやすく、その効果が期待できます。

顧客ロイヤリティが上がる

顧客ロイヤリティとは、ブランドや企業に対する顧客の信頼度や愛着度です。
「プッシュ通知」の活用によりアプリへの接続回数が増えることで、顧客がそのアプリに対して愛着が増します。従来のメルマガ配信は、メールの開封やHPへの接続までにタイムラグがありました。しかし、プッシュ通知は企業からの発信と同時に通知し、アプリへ誘導します。そのため、顧客が常に最新のお店情報を知ることができます。

アプリへの接続率の増加

アプリへの接続率を上げるためには、顧客が求めるタイミングで情報を発信してください。
「プッシュ通知」は、アプリを起動していない状態でもロック画面に表示されます。そのため、顧客の目に留まりやすい機能です。
顧客がスマートフォンを触る時間を分析し、発信します。すると、最近アプリを開いていなかった顧客が、戻ってくる可能性があります。
ユーザーに合わせた内容や時間帯に発信する事が大切です。

プッシュ通知が使える!

「プッシュ通知」のデメリット

自社アプリを活性化させるために、効果が期待できるプッシュ通知。しかし、発信内容や回数によってはその機能が原因で顧客が離れる可能性もあります。
1日に何度も通知が来たり、顧客がスマートフォンを見ることができないタイミング何度も発信されたりすると、嫌悪感を抱かれます。
通知自体を切られてしまう、またはアプリを削除されてしまうと、アプリの活性化につながりません。
顧客のニーズに合った情報を発信すること、また、顧客がアプリに接続できる時間帯に発信する事がポイントです。

プッシュ通知の平均開封率

スマートフォンが普及する以前は、顧客に対する情報配信方法は、メルマガを使った手法が一般的でした。スマートフォンが普及するにつれ、アプリを使用したプッシュ通知で顧客にアプローチする手法が増えてきています。

ここでは、メルマガとアプリを利用したプッシュ通知の違い、AndroidとiPhoneの違いなどを説明します。

メルマガとの比較

メルマガとプッシュ通知は、平均開封率に大きな差があります。株式会社ヤプリと株式会社WACULが共同で行った調査では、メルマガの平均開封率は0.1%に対して、プッシュ通知の平均開封率は60%以上という結果が出ました。つまり、プッシュ通知はメルマガに比べて、約600倍開封してもらえる確率が高いということです。

出典:株式会社WACUL 『【Yappli×WACUL共同研究】アプリで売上を伸ばすベストプラクティスを発表〜ECアプリ32種、81万人の行動

また、メルマガを未読のまま溜め込んだ経験がある人は約6割にものぼります。メルマガは、たくさんのメールから配信したメールを見つけてもらう必要があるため、開封率が少ない傾向にあります。

Android・iPhoneの違い

AndroidとiPhoneでは、プッシュ通知の初期設定が異なります。iPhoneでは、アプリをダウンロードした時点では「プッシュ通知オフ」が初期設定ですが、Androidは「プッシュ通知オン」が初期設定です。iPhoneではアプリをダウンロードして起動した際に、プッシュ通知を受け取るかを確認されます。一方、Androidは自分で通知をオフに設定しない限り、ダウンロードしたアプリすべてのプッシュ通知が届く仕組みです。

また、AndroidとiPhoneではプッシュ通知で使用するサーバーも異なります。iPhoneはAPNs(Apple Push Notification service)で、AndroidはFCM(Firebase Cloud Messaging)というサーバーが使われています。

通知頻度と開封率

プッシュ通知を許可しているユーザーは平均35〜50%です。通知自体に嫌悪感がないユーザーは約80%と、多くのユーザーはプッシュ通知に対して好意的です。

プッシュ通知の通知頻度と開封率・購入率に関する調査では、「週1回未満」の通知頻度が開封率・購入率ともに最も高かったというデータがあります。

しかし、週1回以上のプッシュ通知では開封率にあまり差が出ませんでした。

効果的な「プッシュ通知」の使い方とは

「プッシュ通知」は、アプリをより活性化させるために有効な手段です。ただ発信するだけではなく、より有効な方法を解説します。

発信する時間帯を顧客に合わせる

そのアプリによって、顧客がスマートフォンを稼働させる時間は違います。
顧客に合わせた有効な時間帯の発信が大切です。特に、早朝・深夜の通知は、嫌悪感を抱かれる可能性があります。
アプリの内容やターゲットを分析して、発信する時間帯を合わせると有効です。

顧客が求める情報を発信する

顧客の求める情報が、その通知の先にある事が大切です。
セールの告知や、クーポンのプレゼント等、偏った情報発信は飽きられ、顧客が離れる原因になる可能性があります。
アプリを使っている顧客の分析をしながら、バランスよくさまざまな情報を発信する事が大切です。

顧客の興味が湧くタイトルを付ける

「プッシュ通知」は画面に表示される文字数に限りがあります。短い文章で、顧客が惹かれるタイトルをつけることが重要です。
また、発信したい内容が分かりやすく分かるタイトルをつけることで、接続率の増加につながります。例えば、イベント内容・セール・季節感が一眼見て分かるタイトルがおすすめです。
内容やアピールしたいポイントが分かりづらいタイトルをつけてしまうと、アプリへの接続につながらない可能性があります。

嫌悪感を抱かない回数の通知

そのアプリによって、通知したい内容や回数はさまざまです。しかし、アプリの通知回数が多すぎると設定を変えられ、通知が見えないようになります。また、アプリ自体をスマートフォン内から削除する可能性もあります。
通知の来ている状態が慢性化してしまうと、顧客の目に留まらなくなり、アプリへの接続につながりません。
ターゲットに合わせて適切な発信頻度を分析しましょう。

顧客に合わせて分析する

全てのアプリが同じように顧客へアプローチをしても、ターゲット層が違うため効率良くありません。
そのアプリをインストールしている顧客に合わせて、発信したい情報の内容やタイミングを見極める必要があります。
より、効果を高めるためには、アプリをインストールしている顧客内でも分類して、その時告知したいターゲットを絞って通知するとより効果的な集客が期待できます。
常に顧客情報の分析を続けながら、アプリのアップデートをしてください。

弊社事例!店舗アプリを通じたプッシュ通知の導入効果

弊社の店舗アプリを利用し、プッシュ通知を導入した事例をご紹介します。導入された店舗様がプッシュ通知をどのように活用しているのか、プッシュ通知を通してどのような効果が得られたかについてご参考にしてください。

ラーメン屋|突発的な限定イベントにプッシュ通知が有効

山形と宮城に暖簾分け店含む計4店舗を運営している油そば専門店「一二三」様。常連客様への来店特典や、突発的なイベントやニュースの配信を目的として、アプリを導入しました。

今まではサービス券で対応していましたが、導入後はアプリのプッシュ通知で簡単にクーポンを発券・配信できるようになり、手間が省けたと好評です。

テニススクール|会員専用通販サイトでのプッシュ通知1回で約15万円の売上達成

日本全国で約50校のテニススクールを運営している株式会社テニスラウンジ様。会員証の電子化や顧客管理システムとの連動による保有データの活用を目的として、公式アプリを作成。

キャンペーンの販売促進を目的としてプッシュ通知を活用しているとのことです。実際に、「もうすぐ対象期間終了」のタイミングでプッシュ通知で案内したところ、一気に15万円の売上を獲得できたそうです。

車の販売店|メルマガ配信よりも高い集客効果を体感

イタリア車の販売および車検・点検などの整備・修理を行う有限会社ディライト様。今まではキャンペーン情報はハガキを利用していましたが、ここ10年はそれも廃止しブログかFacebookでの案内が中心とのことでした。

もともとお客様との関係が近く、SNSやブログを見てくれる方が多かったのですが、それでも全員には行きわたっていませんでした。メルマガはたくさんのメールに埋もれますが、アプリのプッシュ通知はダイレクトに通知できるため、効果を感じているとのことです。

ガソリンスタンド|プッシュ通知でリピーターの向上を画策

石油製品販売をはじめ、カーメンテナンスサービス、家庭向けエネルギーを取り扱う株式会社ENEOSフロンティア様。誰でも自由気ままに利用できるセルフ洗車スペース「WASH Facility KIMAMA」の開発に伴い、GMOおみせアプリを導入して頂きました。

プッシュ通知を利用したニュース配信やお得情報や混雑情報をアプリから確認できるようにし、お客様の利便性向上に活用されています。

他にも、来店スタンプやランクアップシステムなどを利用して、リピーターの集客をはかっています。

タピオカ茶|プッシュ通知の配信頻度を吟味

台湾の老舗台湾専門店「50嵐(ウーシーラン)」の海外ブランド「KOI Thé (コイティー) 」として、日本で3店舗を運営している株式会社KOi CAFE JAPAN様。

アプリ導入から1年経たずにダウンロード数が1万を超え、これまでかかっていたクーポンなどの印刷代が30%近く削減できたそうです。

主な用途として、新商品発売時にクーポンを発行したり、プッシュ通知でお得な情報を配信をしたりしているとのことです。

ドーナツ店|コストを抑えて直接顧客へ配信

札幌市にある、手作りドーナツが幅広い世代に人気のドーナツ店「sweets&donuts Do.(スイーツアンドドーナツ ドゥ)」様。固定店舗のほか、移動販売でもドーナツをお届けしています。

移動販売のスケジュール告知を主な目的としてアプリを利用されています。アプリのダウンロード促進カードを渡すときに、スケジュールのお知らせ通知も届く旨を伝えると、お客様の反応が良く、アプリの登録数が一気に伸びたとのことです。

アプリ導入時はアプリの月額料金をペイできるかが不安だったそうでしたが、「チラシや別の広告で費用を使うのなら、アプリの方がよいと思い、アプリを導入しました。」とのことです。実際に地方に行っても売上が伸びていて効果を実感されているそうです。

まとめ

顧客の目に留まりやすいプッシュ通知を有効に使うと、アプリへの集客率を上げることができます。
また、顧客の分析をして、アップデートを続けることが大切です。
GMOデジタルラボでは、そのお店のアプリ運用において、専門知識がない方でも簡単に運用できるようサポートします。
アプリの運用をさらに活性化させたい方、アプリ運用を始めてみたい方はぜひ一度お問い合わせ下さい。

3分でわかるGMOおみせアプリ

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ