店舗アプリとは?導入するメリット・デメリット・デメリットの解消法

店舗アプリとは?導入するメリット・デメリット・デメリットの解消法

2022年05月30日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

スマートフォンが普及し、近年ではほとんどの人が保有しています。それに伴い、SNSやアプリなど、スマートフォンを活用した顧客へのアピール方法を展開する企業が増えています。

スマートフォンを活用したアピール方法の1つが、店舗アプリです。今回は店舗アプリの概要・導入するメリット・デメリットとその解消法をあわせて解説します。

便利で人気の店舗アプリとは?

店舗アプリとは、小売店や飲食店、美容院などが集客のために開発したスマートフォンアプリのことです。店舗アプリに顧客が求める機能を搭載することで、集客効果やリピーターの獲得が期待できます。

総務省によると、スマートフォンの世帯保有率は8割を超えています。(※)
国内に住むほとんどの人が店舗アプリを利用可能であるといえます。その結果、店舗アプリを導入することで、高い集客効果を期待できます。
また、店舗アプリにはさまざまな機能が搭載可能です。今回は、とくに集客効果が高く実装されることの多い、3つの機能をご紹介します。

(※)参考:総務省「通信利用動向調査」

店舗アプリの機能①ポイントカード

多くの店舗アプリに搭載されている機能の1つが、「ポイントカード機能」です。
従来、紙で配布していたポイントカードには、以下のような問題点がありました。

  • 自宅に置き忘れること
  • 財布から探す手間

しかし、店舗アプリの活用により、ポイントカードを発行できれば、紙のポイントカードで起きていた問題がなくなり、ポイントカードを利用しやすくなるメリットが生まれます。その結果、顧客がポイントカードを利用することも増えるでしょう。

店舗アプリの機能②クーポン配信

店舗アプリでは、アプリのみで取得できるクーポンを配信することも多くあります。
クーポン配信機能の追加は、ポイントカードと同様の効果をもたらします。紙で配布していたクーポンもアプリで発行できるようになるのです。

アプリでクーポンを配信することで、DMやチラシのように顧客に届くまで時間がかからず、顧客は利用時に紛失する心配がありません。

店舗アプリの機能③プッシュ通知

プッシュ通知機能もまた、店舗アプリに多く搭載される機能です。
プッシュ通知とは、スマートフォンに届く通知を指し、ロック画面にメッセージを表示します。

メルマガの場合、メールボックスに未読のまま溜め込んでしまいがちです。一方、プッシュ通知ならば、普段スマートフォンを使用している際に直接知らせてくれます。そのため、店舗からのメッセージを直接届けられます。

メルマガの開封率が0.1%に対して、プッシュ通知による開封率は60%以上。(※)
もしも店舗アプリを導入するなら、活用したい機能です。

(※)参考:GMOおみせアプリ

店舗アプリを導入するメリット

店舗アプリを導入することで、さまざまなメリットが得られます。代表的なメリットは以下のとおりです。

  • リピート促進につながる
  • 顧客データを活用できる
  • 来店時以外の時間も顧客との接点を持てる
  • 店内業務の効率化を図れる

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

リピート促進につながる

店舗アプリの導入には、リピート促進というメリットがあります。ポイントカードやクーポン配信機能が、顧客の囲い込みにつながるためです。
以下のように、店舗アプリの機能には、顧客に何度も通いたいと思わせる要素が多数あります。

  • ポイントカードが貯まれば、お得な特典が受けられる
  • クーポンでお得に店舗利用ができる

また、ポイントカードやクーポンは、1つのアプリに集約できます。
店舗アプリで利便性を向上させ、顧客にポイントカードやクーポンを使用してもらいやすくすれば、リピーターの獲得・増加につながります。

顧客データを活用できる

顧客データの活用がしやすくなることもまた、店舗アプリのメリットです。店舗アプリに集積されたさまざまなデータを分析すれば、顧客にとって最適なマーケティング施策を打てるためです。

顧客が店舗アプリを登録する際には、性別・年代・居住地などの入力を要望できます。また、アプリ経由で購入した際には、購買履歴やクーポンの利用履歴がアプリに残ります。

入力データや購入に関する履歴を見ることは、顧客の傾向を把握することに役立ちます。そのため、顧客の傾向を踏まえたクーポン内容やメッセージ文を作れば、訴求力を強められます。

来店時以外の時間も接点を持つことができる

店舗アプリをインストールしてもらうことで、来店時以外の時間も接点を持ちやすくなります。プッシュ通知を活用することで、顧客が来店していなくても店舗の存在をアピールできるためです。

前述したように、プッシュ通知はメルマガよりも開封率が高いという特長があります。加えて、プッシュ通知を活用してニュースやクーポンの情報を送信することで、アプリのユーザーが店舗の情報を目にする機会が増えるため、接点を持ちやすくなる効果があります。

店内業務が効率化できる

紙のポイントカード発行・クーポンの配布・顧客情報管理などは非常に手間がかかる業務でした。しかし、店舗アプリを導入することにより、これらの業務はすべて効率化を図れます。

従来、手間のかかっていた作業をアプリに集約できるためです。店内業務が効率化できれば、残業や人件費を減らすことにつながります。

店舗アプリを導入するデメリット

店舗アプリを導入することで、リピーターの獲得や業務の効率化など、さまざまなメリットがあります。しかし、店舗アプリを導入することで、以下のようなデメリットもあります。

  • ダウンロードの手間がかかる
  • 開発コストがかかる
  • アプリの不具合に対応する業務が増える

それぞれのデメリットについて詳しく解説します。

ダウンロードの手間がかかる

アプリをダウンロードする作業は、店舗側・顧客側ともに手間がかかるといったデメリットがあります。顧客にダウンロードが手間だと感じさせてしまうと、利便性の高いアプリであってもインストールしてもらえません。

そのため、アプリのダウンロード数促進には、以下のような店舗での工夫が必要です。

  • アプリを検索しやすくする
  • アプリを利用するメリットを訴求する
  • スタッフがアプリのダウンロードを手伝うような体制を作る

開発にコストがかかる

店舗アプリは、開発にコストがかかるというデメリットがあります。オリジナル性を出すために機能やデザインにこだわりすぎると、その分時間と手間が増えていきます。

とはいえ、アプリを開発することでユーザーを多く獲得できれば、開発コストの元を取れる可能性も十分にあります。

アプリの不具合に対応する業務が増える

アプリ上では、不具合が発生する場合があります。万が一、不具合が発生した場合は、クレーム対応や不具合の修正が必要です。不具合の対応には、費用・時間・手間がかかります。

したがって、なるべく不具合が発生しないように、アプリのメンテナンスを定期的に行う、もしくは依頼する必要があります。

店舗アプリを活用するデメリットの解消法

前述の通り、店舗アプリには複数のデメリットがあります。ここからは、デメリットの解消法を解説します。

ダウンロードに特典をつける

顧客に「アプリをダウンロードしたい」と思わせるような工夫が必要です。たとえば、アプリのダウンロードで、割引クーポンやアメニティをプレゼントするなどといった特典をつけることが効果的です。店舗内で、アプリをダウンロードする特典を顧客に告知してください。

低コストで店舗アプリを作れるサービスを利用する

店舗アプリを開発する費用相場は100万円〜といわれており、加えて月額費用も発生します。オリジナルアプリの開発でカスタマイズをすると、より一層の費用がかかります。

費用を抑えたいなら、低予算で作れるサービスの利用がおすすめです。
低予算で店舗アプリが作れるおすすめのサービスについては、下述いたします。

サポート体制を任せられるサービスを利用する

不具合が起きた時、サポート体制がしっかりしているサービスを利用しましょう。アプリはどんなに注意深く制作しても、不具合が発生する場合があります。

盤石なサポート体制があれば、不具合が発生した場合、即時対応が依頼できます。

低予算で店舗アプリが作れる「GMOおみせアプリ」

店舗アプリの開発費用を抑えたい方は、GMOおみせアプリの利用がおすすめです。
GMOおみせアプリは、以下の機能だけではなく、さまざまな機能を月額22,000円(税込)〜ご利用いただけます。

  • ポイントカード・プッシュ通知などの一般的な機能
  • 商品の予約機能
  • サービスの自動案内機能

まずは、サービス機能やお見積りなどをお気軽にお問い合わせください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリ】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月28日
    活用のヒント

    活用のヒント

    NFC決済で簡単便利に!...

    2022年06月28日

    近年、コンビニや小売店ではタッチ決済が採用されています。タッチ決済とは...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ開発に必要な費用は...

    2022年06月24日

    アプリの開発にはどの程度費用がかかるのでしょうか。アプリ開発の際には費...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ制作会社おすすめ1...

    2022年06月24日

    アプリ制作会社とは、アプリの企画・開発からストア公開までを行う企業です...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    オムニチャネルとは、メリ...

    2022年06月24日

    オムニチャネルは小売業やECサイトを中心に活用されている販売戦略です。...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531