アプリ開発プラットフォームはどれが良い?注目したい比較ポイント

アプリ開発プラットフォームはどれが良い?注目したい比較ポイント

2022年05月30日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

自社でアプリ開発をしたいと考えたとき、最初にアプリ開発のプラットフォームを決めなければなりません。
アプリ開発のためのプラットフォームやツールは数多く存在しています。そのため、どれが自分の開発したいアプリに適しているのかが、分かりづらい状況です。
この記事では、そのようなスマートフォン向けアプリ開発のプラットフォームを紹介・解説します。

アプリ開発ツールを利用するための基礎知識

スマートフォンのアプリは、使用するOSに応じたストアで購入やダウンロードができます。iOSではApple Store、AndroidではGoogle Playのストアです。
アプリ開発をすべて自社で行うならば、iOS用とAndroid用、最低2つのOS用に制作する必要があります。
また、バージョンやスマートフォンの規格に関する対応、通信セキュリティの対応などは、専門知識がなければできません。
一方、アプリ開発のツールを利用すると、知識がなくても一定以上の水準に達したアプリを作成できます。その上、保守対応にかかる負担もなくなり、アプリ開発・運用におけるハードルが低くなります。

注目したい比較ポイント

アプリのプラットフォームを選ぶ際、どのような点に注目すればよいのでしょうか。
以下に示す5つのポイントを押さえることで、自社のアプリ開発に適したプラットフォームを選びやすくなります。

①iOSとAndoroidの両者に対応しているか

幅広い層にアプリの利用を促すためには、iOSとAndroidのどちらにも対応している必要があります。
ツールによっては、料金プランに応じて対応するOSの範囲が変わるものもあるため、事前確認が必須です。

②ツールは使いやすいか

直感で操作できるツールを採用しましょう。
使い方の分からない機能が多いと、アプリ開発の段階で充分に活用できません。
無料トライアルの期間を設けているツールも多くあるため、操作感を事前に確認することをおすすめします。

③目的に合った機能が搭載されているか

アプリに搭載したい機能が、利用するツールで実装できるかを確認しましょう。
実装が難しいようであれば、余計な工数をかけないためにも別のツールに変更することをおすすめします。

④サポート体制は万全か

アプリは運用しながら改善することが一般的です。
サポート体制が充実していると、アプリの改善が容易で、より効果の高い運用ができます。
また、トラブルが発生した際も、サポートがあると手間が少なくなります。

⑤料金プランは適しているか

使用するツールによって料金プランはさまざまです。
一見安いプランでも、サポートは別料金だと思ったより費用がかかります。
また、同じツールでも提供している内容が料金プランによって変わります。
そのため、アプリの内容に見合っているかを確認しましょう。

アプリ開発プラットフォームの比較

実際のアプリ開発プラットフォームはどのようなものがあるのでしょうか。
ここでは、有名なアプリ開発プラットフォームを比較します。
また、今回紹介するプラットフォームはすべてiOSとAndroidどちらにも対応しています。

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは、店舗運用のアプリ開発に特化しています。
2,800社、および8,000店舗に導入の実績があり、多くの店舗に利用されています。
パッケージアプリであるため、操作も非常に簡単です。
カスタマイズ機能もあるため、自社に適したアプリを制作できます。
アプリ導入時からのサポート体制が整っており、知識がない人でも利用できます。

※料金はLightプランで月額22,000円から利用できるという、非常にリーズナブルな価格設定。

Monaca

Monacaは自社で高品質なアプリ開発をしたい人向けのツールです。
HTML5、JavaScriptなどの言語を利用するため専門の知識が必要です。
ただし使いこなせれば、多彩なアプリ開発が可能です。

※料金は、1人月額2,000円から利用可能。
複数人で開発するには、Business以上のプランに入る必要があり、基本料金2,000円に加えてユーザー1人につき5,000円がかかる。
基本料金は安いものの、高度なセキュリティ機能を利用するにはオプション料金が必要。
また、サポートも別料金で、サポート対応ごとに金額が発生。

Platio

Platioを使えば、自社の業務にあったアプリ開発ができます。ビジネスの現場で、業務のプロセス改善に役立つアプリを作りたい方におすすめです。
テンプレートを利用することで簡単にアプリ作成ができます。
また、作成するアプリはPlatio上で稼働する「ミニアプリ」です。各ストアでインストールしたPlatioのアプリで利用できます。
アプリのリリースに必要なストアの審査が不要なため、作成したその日からの使用が可能です。

※初期費用は無料で、月額20,000円から利用可能。

SHOP FORCE

SHOP FORCEは、店舗の顧客管理に特化したアプリ開発ツールです。新規顧客・リピーターを増やす機能が充実しています。
顧客情報や天気・気温に基づいたプッシュ通知・クーポン配布が自動で行えるため、運用する手間を抑えられるでしょう。
導入から運用までのサポートも充実しているため、知識がなくても利用できます。

※具体的な料金は問い合わせで確認。

Yappli

Yappliは開発画面が見やすいという特長があり、利用すると素早く簡単にアプリを開発できます。
テンプレートから選ぶだけで、アプリのデザインや機能を搭載できます。
データ分析の機能を利用すれば、その後のアプリ運用に役立つでしょう。
レクチャーやセミナーも実施していて、アプリの効果的な運用をサポートします。

※具体的な料金は問い合わせで確認。

モンキーアプリ

LINE上で使用できるミニアプリを開発するツールです。
開発したアプリは友達追加だけで利用できるため、ユーザーがアプリをインストールする手間を省けます。
ただし、LINE上の情報を利用するため、LINEを利用していないユーザーはアプリを利用できません。
アプリのリリース後もサポート対応をしています。

※具体的な料金は見積もりの必要があるため、問い合わせをして料金の確認。

まとめ

この記事では、さまざまなアプリ開発プラットフォームを比較してきました。
今回ご紹介したことを踏まえて、アプリ開発の目的に合わせた最適なプラットフォームを選びましょう。
GMOおみせアプリでは、スタンプカード・クーポン・プッシュ通知機能などお店の運営に必要な機能がすべてそろっています。
店舗運用のアプリ開発をお考えであれば、GMOおみせアプリをぜひご利用ください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリ】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月28日
    活用のヒント

    活用のヒント

    NFC決済で簡単便利に!...

    2022年06月28日

    近年、コンビニや小売店ではタッチ決済が採用されています。タッチ決済とは...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ開発に必要な費用は...

    2022年06月24日

    アプリの開発にはどの程度費用がかかるのでしょうか。アプリ開発の際には費...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ制作会社おすすめ1...

    2022年06月24日

    アプリ制作会社とは、アプリの企画・開発からストア公開までを行う企業です...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    オムニチャネルとは、メリ...

    2022年06月24日

    オムニチャネルは小売業やECサイトを中心に活用されている販売戦略です。...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531