店舗アプリのおすすめポイント【1.集客アップ・2.リピーター獲得・3.プッシュ通知】

店舗アプリのおすすめポイント【1.集客アップ・2.リピーター獲得・3.プッシュ通知】

店舗アプリは様々なタイプが開発されており、どのような役割、成果を期待するのかによっておすすめするアプリが変わります。
なぜなら、店舗アプリが果たす役割は大きく分けて3つあり、集客アップ・リピーター獲得・プッシュ通知の全てが必要とは限らないからです。

導入目的が集客数アップなのかリピーター獲得・育成なのかによっても、店舗アプリに搭載すべき機能が異なります。店舗アプリにかけられる予算の範囲内で、実現したいことが何なのか、導入目的を事前に把握したうえで店舗アプリを選定しましょう。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

目次

店舗アプリとは

店舗アプリとは、スマートフォン向けのマーケティングツールです。その店舗独自のアプリをリリースし、インストールしてもらうことで様々な機能を活用して顧客にアプローチできます。

さらに、販促活動に用いられるだけではなく、クーポンやポイントカード機能を利用してリピーターの育成にも活用可能です。

店舗アプリは多種多様な機能があることから利用方法は様々ですが、今回は3種類の視点から店舗アプリについてご紹介します。

集客アップのための店舗アプリ

集客アップのために店舗アプリを導入するならば、クーポン発行・お得情報の通知・新メニューの追加といった店舗から発信する情報を一元管理できるタイプがおすすめです。

従来ならば新聞折込チラシなどで商圏内へまとめて配布する方式で集客していたものが、店舗アプリを導入することによって自社商品に対して興味関心を持つ人へ個別にアプローチすることが可能になります。販売促進を行う際のターゲットを絞り込みつつ、店舗アプリによりどのような販売促進を行ったのか一元管理して無駄な広告を減らすことができます。

リピーター獲得・育成のための店舗アプリ

リピーター獲得・育成のために店舗アプリを導入するならば、ポイントカード機能とスタンプ機能、プッシュ通知に対応している店舗アプリがおすすめです。

なぜなら、初回来店時に店舗アプリをスマートフォンへインストールしてもらい、ポイントカード機能とスタンプ機能によりアプリを継続的に利用してもらうことが可能だからです。継続して利用できる機能があると、アプリを削除されにくくなり、利用率が高まります。

また、2回目以降の来店を促すために、プッシュ通知機能を使ってお得な商品情報などを送ることができます。
プッシュ通知機能は、メールマガジンと比較して視認性と開封率が高い傾向があり、情報発信力に期待できます。リアルタイムな集客やリピーターの獲得、来店サイクルの改善などのリピーター育成へつながると考えられます。

販売促進のための店舗アプリ

閑散期などに積極的な販促を行いたいならば、プッシュ通知機能と予約機能が含まれた店舗アプリがおすすめです。なぜなら、店舗の予約状況が芳しくない時に、プッシュ通知で受け取った人限定のゲリラクーポンを配布すれば即効性が高い集客となるからです。

予約の空き状況に合わせて期間または時間帯限定の特別クーポンを発行することで、お得感や特別感が生まれ、視認性と開封率の高いプッシュ通知によってリアルタイムな告知と集客が実現します。また、予約機能をアプリが備えていることによって、スムーズな来店予約を獲得することが可能です。アプリから直接予約ができることで、顧客の利便性も向上し、顧客満足度もアップするでしょう。

店舗アプリを導入するためには

ここまでご紹介した通り、店舗アプリは複数の活用方法がありますが、店舗アプリを導入できるか不安という方もいるでしょう。

店舗アプリを導入するためには、アプリ開発会社に依頼するか、店舗アプリ制作ツールを利用するかのいずれかの方法が基本です。アプリ開発会社に依頼すれば、自社で開発をする手間が省けますが、その分コストや時間がかかります。一方で、店舗アプリ制作ツールを活用すれば低コスト、短期間で開発できますが、ツールによってはカスタマイズしにくいというデメリットがあります。

店舗アプリ開発の予算や目的を明確にした上で、利用しやすい方法で店舗アプリの開発、導入を目指しましょう。

店舗アプリにはどの程度の費用がかかる?

店舗アプリは開発、リリースしたら終わりというわけではなく、状況や分析結果に応じて改善していかなければなりません。そのため、店舗アプリの開発や導入にかかる費用だけではなく、リリース後には月額費用も発生します。

ここからは、店舗アプリにかかる費用についてご紹介します。

初期費用

初期費用とは店舗アプリを開発、導入するためにかかる費用のことです。

制作するアプリや利用したい機能、開発会社など複数の要素によって初期費用は変わります。

予算を検討しながら、外注するのか自社開発するのかを判断しましょう。

月額費用

店舗アプリは、開発後も毎月費用が掛かります。店舗アプリにおける月額費用とは、アプリ開発サービスやプラットフォームの利用料、月々のサーバー代などです。

一方で、外注でのアプリ作成を行った場合には、納品時の費用のみとなるケースも少なくありません。

開発費用を抑えるためには

店舗アプリの開発には、外注か自社開発かによる違いはあるものの、多額の開発費用がかかります。しかし、可能な限り開発費用は抑えたいもの。

ここからは、開発費用を抑えるためのコツをご紹介します。

搭載する機能を必要なものだけに絞る

機能を選ぶ際は、必要なものだけに絞りましょう。なぜなら、多機能であればあるほど費用は高くなるからです。

店舗アプリでマーケティング効果を得るためには、機能の活用が必要不可欠です。しかし、機能が増えるほどコストもかかるため、単に機能を増やせば良いというわけではありません。また、開発費用を抑えたいからと、あまりにも機能が少なすぎるとインストールしてもらうメリットがなく、マーケティング効果が期待できません。

搭載する機能は事前に話し合って決めておき、最低限必要な機能のみを搭載すると開発費用を抑えられます。

業者選びを慎重に行う

外注やプラットフォーム業者ごとに料金が異なるため、業者選びを慎重に行うことも大切です。

価格を重視しすぎると、搭載できる機能が少なかったり、融通が効かず満足できる店舗アプリを制作できないリスクもあります。低コストで高クオリティな店舗アプリを導入できるように、複数社から見積もりを取って比べると良いでしょう。

特に、店舗アプリ専門の開発業者の場合、サービスが充実していて料金が安いことも多いためおすすめです。

全ての工程をオリジナルで行わない

全ての工程をオリジナルで行うと開発費用が高くなります。そのため、外部のツールを活用できる部分は既存のシステムを使いコストを削減しましょう。

こだわりたい場所のみをオリジナルにすると、競合他社と差別化を図りつつ開発費用を抑えられます。

まとめ

店舗アプリを導入することで、集客アップやリピーター育成など様々な効果が期待できます。店舗アプリの有効な利用方法や導入方法はもちろん、開発費用も把握した上で、店舗アプリの導入を検討しましょう。

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2023年10月時点で、3,050社以上の企業と10,000店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく