クーポン発行システムを導入しよう!GMOおみせアプリのクーポン発行システムとは

クーポン発行システムを導入しよう!GMOおみせアプリのクーポン発行システムとは

2020年05月12日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

クーポン活用するマーケティングは昔からよく行われてきていますが、その電子化が進められているのを知っているでしょうか。

GMOおみせアプリではクーポン発行システムを搭載していて、マーケティングに有用なツールとして活用されています。

その魅力を電子化されたクーポンのメリットやアプリの有用性などの観点から詳しく紹介します。

クーポン発行の効果

商品やサービスの販売をするうえではクーポンの発行によるマーケティングが有用だと知られていますが、どのような効果が得られるのでしょうか。

クーポンの発行は顧客の来店と購入を促す効果を持っています。
ある商品を購入したいと考えた顧客はリサーチをして安くお得に買える店舗を探したり、気軽に買えるところを選んだりするでしょう。

その際にクーポンがあって割引になるとわかると優先して候補に入れてもらえるのです。来店すれば他の商品も一緒に購入してくれる可能性が高くなり、売上が伸びることにつながります。

また、クーポンに有効期限を設けておくことでその日時までに購入しなければお得にならないという気持ちを抱かせることができ、すぐに買おうという気持ちを持ってもらうことが可能です。

このようにして来店して安く買えたという体験をすると顧客の満足度も高くなり、リピーターとなってくれる可能性も高まるのもクーポンを発行する魅力です。

クーポンシステムでクーポンを電子化するメリット

従来は紙媒体で発行されていたクーポンを電子化することによってどんなメリットが生まれるのでしょうか。

クーポン発行システムを使うと顧客管理をシステム上で行えるようになるのがメリットです。システム上に顧客の年齢や性別、趣味や購入履歴、クーポンの利用履歴などを記録しておき、その情報に基づいてターゲットを絞ったクーポンの配信ができます。

顧客の立場から考えるとたくさんのクーポンを配信してもらえるのも嬉しいかもしれませんが、どんなクーポンがあるのかを一通り確認するのは手間です。

厳選された商品やサービスのクーポンだけが送られてくるとすぐに内容を確認して魅力を感じ、来店して購入してくれる可能性が高まります。

また、クーポンを電子化することで業務効率の向上と経費の削減が可能になります。
紙媒体として発行するには印刷が必要になり、印刷を外注する場合には完成までに数日はかかってしまいますし、費用もかさむでしょう。

しかし、電子化すれば印刷は不要でデザインさえできてしまえばすぐにその場で発行することができます。顧客にクーポンを送ったり、クーポンを一般公開したりするタイミングも秒単位で決められるのでタイムセールなども実施しやすいでしょう。

クーポン発行システム搭載のアプリなら電子化も簡単

クーポン発行システムには魅力があるとわかっても、システムを開発して運用できるようにするには莫大な費用がかかるのではないかと思うかもしれません。

確かに専門企業にシステム開発を依頼すると数ヶ月の開発期間がかかり、システムの内容によって数十万円から数百万円も負担しなければならないのが一般的です。

しかし、クーポン発行システムを搭載している店舗アプリを導入するだけなら簡単に行えます。アプリもオリジナルのものを開発すると期間も費用もかかりますが、GMOおみせアプリを使えばすぐに低コストで利用を開始することが可能です。

スマートフォンやタブレットの普及が進んでいることを考慮すると顧客も獲得しやすいメリットがあるクーポン電子化の方法です。

クーポン発行システムを標準搭載

GMOおみせアプリではマーケティングツールとして有用なことからクーポン発行システムを標準搭載しています。クーポン発行のための送信費用は無料なので積極的に活用しやすいシステムです。

また、クーポンを配信したときには対象の顧客にプッシュ通知でお知らせするシステムもGMOおみせアプリには搭載されています。

プッシュ通知は開封率が最大60%以上という高さを誇っているため、顧客がクーポンを見てくれる可能性が高まります。

その開封率やクーポンの利用率も自動集計されるのでクーポン発行の効果が簡単になっています。
GMOおみせアプリのクーポン発行システムでは誕生日クーポンやお友達紹介クーポンなどの機能もあるので色々なクーポンの活用がしやすいのも魅力です。

クーポンを使うならGMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは店舗アプリとしてクーポン発行システム以外にもマーケティングに有効なツールを多数搭載しています。

ポイントサービスやスタンプカード、回数券などのチケットを全てアプリ上で管理・運用できるため、GMOおみせアプリを導入するだけで様々な方針を立ててマーケティングを展開することが可能です。

顧客管理システムも充実していてターゲット選定もマーケティングの効果測定も実施しやすくなっています。

リピーターの獲得のためのツールとして優れているので、GMOおみせアプリの導入を検討してみましょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【よく読まれている記事】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531