スマホアプリ開発とは?ニーズの高まりを見せるアプリ開発

スマホアプリ開発とは?ニーズの高まりを見せるアプリ開発

2022年06月24日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

いまや生活必需品となったスマートフォン。近年では、ゲームや写真加工、スケジュール管理など多種多様なスマホアプリが登場しています。

 

そんなスマホアプリの開発は、スマートフォンならではの特性を生かした、多彩な機能を実装できることが利点です。

 

アプリを日々利用している方や、企業の担当者さまなどのなかには、「自分でスマホアプリを作りたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この記事では、スマホアプリ開発に必要な知識と注意点をご紹介します。

スマホアプリ開発とは

スマホアプリとは、スマートフォンに地図やメールなどのさまざまな機能を持たせられるソフトウェアです。自分好みのアプリをインストールすれば、スマートフォンを自由にカスタマイズできます。

 

なかでも企業においては、ターゲットとの接点を図り、継続的な情報発信を行ったり、来店や商品購入を促したりと、マーケティングの役割を担っています。

スマホアプリにおけるニーズの高まり

現在、スマホアプリのサービスは多岐にわたります。ゲームやカレンダー、SNSをはじめ、交通系アプリや決済サービスアプリなど、生活の一部として活用されています。

 

このようなニーズの高まりを受けて、スマホアプリの市場はさらに多種多様なものへとサービスの広がりを見せています。

 

今後はただ便利なだけでなく、さらなる付加価値を求めてユーザーはスマホアプリを選ぶことになるでしょう。

スマホアプリ開発に必要なスキル

スマホアプリの開発には、プログラミングスキルはもちろん、新しい知識や技術を学び続ける意欲も重要です。さらに、不具合やトラブルに対応できる柔軟な対応力が求められます。

 

また、開発チーム内やクライアントとスムーズに情報共有ができるコミュニケーション能力も必要です。

スマホアプリは自分で作れる?

スマホアプリの開発は、プログラミングの専門知識を習得している人であれば、自作することも可能です。

 

ただし、機能性やクオリティが高いスマホアプリを制作するには、高い技術と経験が求められます。企業のマーケティングツールとしてアプリを制作する際は、経験豊富なアプリ制作会社へ依頼することも一つの方法です。

スマホアプリ開発に必要な知識やツール

アプリを使用するためのOSによって、開発に必要なツールやプログラミング言語が異なります。たとえば、スマホアプリの代表的なOSとして、iOS(iPhone)とAndroidがあります。

 

ここでは、一例としてiOSとAndroidで一般的に使用されている開発ツールやプログラミング言語をご紹介します。

iOSはXCodeが必要

iOSの開発には、Apple社が提供するXCodeに対応しているMacのパソコンが必要です。XCodeは、iPhoneやiPadをパソコン上で疑似的に動かせる機能が備わっており、App Storeでダウンロードが可能です。

 

また、iOSのスマホアプリを開発するプログラミング言語は主に2種類あります。

「Objective-C」は、1980年代からiOSで使用されている主要なプログラミング言語です。ただし、独特な表記で学習が難しいとされています。

 

「Swift」は、Objective-Cの後にApple社が開発したプログラミング言語です。シンプルな文法で扱いやすいため、新しく覚えるならSwiftがおすすめです。

AndroidはAndroid Studioがおすすめ

AndroidのOSで使用するスマホアプリを開発するには、Mac、Windowsのパソコンを使用します。開発ツールの「Android Studio」には、Androidを疑似的に動かす機能が備わっており、無料でインストールできるためおすすめです。

 

Androidのプログラミング言語には、JavaとKotlinがあります。

「Java」は汎用性が高く、さまざまなシステムで採用されている言語です。

 

「Kotlin」はJavaを改良して作られた言語で、Google社によってAndroid開発での推奨言語として認定されています(※)。Javaよりも扱いやすいため、新しく学び始めるならKotlinをおすすめします。

 

(※)Android デベロッパー「Android の Kotlin ファースト アプローチ

 

スマホアプリ開発に必要なステップ

スマホアプリ開発を進めるステップをご紹介します。

自作が難しい場合には、アプリの目的やニーズを固めてから、制作会社に依頼しましょう。

アプリの目的やユーザーニーズを捉える

まずは、アプリの目的やニーズを捉えた企画を練ることから始めます。アイデアをもとに完成イメージを共有できるように方向性を定めましょう。

 

このとき、ユーザーの立場から見て、便利で使いやすいアプリにすることが重要です。また、アプリ存続のためにどのような手段で収益を得るのかをシミュレーションします。

開発を依頼する会社を決める

開発するアプリのイメージが固まったら、アプリの制作会社を選定します。

 

複数の会社のホームページを確認する、または問い合わせるなどして、開発実績や費用を比較しましょう。企画立案からアフターフォローまで、どの範囲を依頼できるか確認しておくことも重要です。

スマホアプリに求められること

スマホアプリには、便利な機能だけでなく、動産環境や安全性にも考慮する必要があります。ここからは、スマホアプリに求められる要素について解説します。

トラブルのない快適な動作

スマホアプリには、ストレスなく快適な動作を実現することが必要です。画面が見づらい、操作をしても動きが遅い、画面や動画が固まるといった環境は、ユーザーにストレスを与えてしまいます。

 

ユーザーが使いやすいよう、操作しやすいレイアウトや動作の改善などを図り、ユーザビリティを向上させることがポイントです。

 

万全のセキュリティ対策

スマホアプリには、セキュリティ対策が十分に行われていなければなりません。

なぜなら、スマホアプリによっては、個人情報の登録や金融機関との連携など、機密性の高い情報を紐づける必要があるためです。

 

また、個人情報を脅かす手口は日々新しいものになり、それに伴いセキュリティ対策を強化していくことが求められます。

 

万全なセキュリティ対策をスマホアプリに施すには、専門性の高い知識が求められるため、経験豊富な制作会社を選びましょう。

まとめ

GMOおみせアプリは、カスタマイズ可能なアプリプラットフォームを提供しており、iOS・Android対応のアプリを最短40日で作成できます。

 

幅広い需要に対応したカスタムアプリを作成でき、開発実績は8,800店舗以上です。運用後のサポートもお任せください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリ】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月28日
    活用のヒント

    活用のヒント

    NFC決済で簡単便利に!...

    2022年06月28日

    近年、コンビニや小売店ではタッチ決済が採用されています。タッチ決済とは...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ開発に必要な費用は...

    2022年06月24日

    アプリの開発にはどの程度費用がかかるのでしょうか。アプリ開発の際には費...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ制作会社おすすめ1...

    2022年06月24日

    アプリ制作会社とは、アプリの企画・開発からストア公開までを行う企業です...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    オムニチャネルとは、メリ...

    2022年06月24日

    オムニチャネルは小売業やECサイトを中心に活用されている販売戦略です。...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531