スマホアプリ開発とは?ニーズの高まりを見せるアプリ開発

スマホアプリ開発とは?ニーズの高まりを見せるアプリ開発

いまや生活必需品となったスマートフォン。近年では、ゲームや写真加工、スケジュール管理など多種多様なスマホアプリが登場しています。

そんなスマホアプリの開発は、スマートフォンならではの特性を生かした、多彩な機能を実装できることが利点です。

アプリを日々利用している方や、企業の担当者さまなどのなかには、「自分でスマホアプリを作りたい」とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、スマホアプリ開発に必要な知識と注意点をご紹介します。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

目次

スマホアプリ開発とは

スマホアプリとは、スマートフォンに地図やメールなどのさまざまな機能を持たせられるソフトウェアです。自分好みのアプリをインストールすれば、スマートフォンを自由にカスタマイズできます。

なかでも企業においては、ターゲットとの接点を図り、継続的な情報発信を行ったり、来店や商品購入を促したりと、マーケティングの役割を担っています。

スマホアプリ開発ニーズの高まり

現在、スマホアプリのサービスは多岐にわたります。ゲームやカレンダー、SNSをはじめ、交通系アプリや決済サービスアプリなど、生活の一部として活用されています。

このようなニーズの高まりを受けて、スマホアプリの市場はさらに多種多様なものへとサービスの広がりを見せています。今後はただ便利なだけでなく、さらなる付加価値を求めてユーザーはスマホアプリを選ぶことになるでしょう。

スマホアプリ開発に必要なスキル

スマホアプリの開発には、プログラミングスキルはもちろん、新しい知識や技術を学び続ける意欲も重要です。さらに、不具合やトラブルに対応できる柔軟な対応力が求められます。

また、開発チーム内やクライアントとスムーズに情報共有ができるコミュニケーション能力も必要です。

スマホアプリは自分で作れる?

スマホアプリの開発は、プログラミングの専門知識を習得している人であれば、自作することも可能です。

ただし、機能性やクオリティが高いスマホアプリを制作するには、高い技術と経験が求められます。企業のマーケティングツールとしてアプリを制作する際は、経験豊富なアプリ制作会社へ依頼することも一つの方法です。

スマホアプリ開発にかかる費用

項目自作外注
開発費用数万円から数百万円以上数百万円から数千万円以上
サポートとメンテナンス自己管理が必要開発会社がサポートとメンテナンスを提供
制作時間開発者の能力と利用可能な時間に依存開発会社の納期に依存

スマホアプリの開発費用は、自作する場合と外注する場合で大きく異なります。開発会社が制作した機能やデザインをカスタマイズする場合、費用は一般的に抑えられる傾向があります。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

スマホアプリ開発に必要な知識やツール

アプリを使用するためのOSによって、開発に必要なツールやプログラミング言語が異なります。たとえば、スマホアプリの代表的なOSとして、iOS(iPhone)とAndroidがあります。

ここでは、一例としてiOSとAndroidで一般的に使用されている開発ツールやプログラミング言語をご紹介します。

iOSはXCodeが必要

iOSの開発には、Apple社が提供するXCodeに対応しているMacのパソコンが必要です。XCodeは、iPhoneやiPadをパソコン上で疑似的に動かせる機能が備わっており、App Storeでダウンロードが可能です。

また、iOSのスマホアプリを開発するプログラミング言語は主に2種類あります。

  • 「Objective-C」は、1980年代からiOSで使用されている主要なプログラミング言語です。ただし、独特な表記で学習が難しいとされています。
  • 「Swift」は、Objective-Cの後にApple社が開発したプログラミング言語です。シンプルな文法で扱いやすいため、新しく覚えるならSwiftがおすすめです。

AndroidはAndroid Studioがおすすめ

AndroidのOSで使用するスマホアプリを開発するには、Mac、Windowsのパソコンを使用します。開発ツールの「Android Studio」には、Androidを疑似的に動かす機能が備わっており、無料でインストールできるためおすすめです。

Androidのプログラミング言語には、JavaとKotlinがあります。

  • 「Java」は汎用性が高く、さまざまなシステムで採用されている言語です。
  • 「Kotlin」はJavaを改良して作られた言語で、Google社によってAndroid開発での推奨言語として認定されています(※)。Javaよりも扱いやすいため、新しく学び始めるならKotlinをおすすめします。

(※)Android デベロッパー「Android の Kotlin ファースト アプローチ

クロスプラットフォームの開発

クロスプラットフォームとは、iOSやAndroidなどの異なるプラットフォームでも、同じアプリを動かせる機能のことです。スマホアプリ開発の現場では、iOSとAndroidの両方で動かせるクロスプラットフォームの開発が注目されています。

クロスプラットフォームは、1つの開発言語で異なる複数のプラットフォームに対応できるため、開発コストや手間を抑えられます。近年、動作環境が多様化しているなかで、ユーザーの幅を狭めずに済むこともメリットです。

スマホアプリの開発を学ぶ方法

スマホアプリを開発するには、どのように学べばよいのでしょうか。ここでは、3つの方法について解説します。

書籍で学ぶ

書籍で学ぶ方法は、独学する際の基本的な方法の1つです。書籍には、スマホアプリの開発に必要な言語や仕組みなど、必要な知識が整理されて書かれおり、学ぶうえで参考になります。ただし、説明が難しい書籍は、初心者が理解できない場合もあります。書籍を選ぶ際には、自分のレベルに合わせましょう。

Webサイトで学ぶ

スマホアプリの開発を学ぶには、Webサイトもおすすめです。Webサイトは、希望の講座を購入すれば、時間や場所を自由に選べます。初心者から学べるWebサイトも多く、動画やゲーム感覚で学べたり、講師へ質問できたりなど、内容はさまざまです。Webサイトには、無料と有料があるので、試しに利用してみたい人は、無料プランから挑戦することをおすすめします。

スクールで学ぶ

専門のスクールで学ぶ方法も、効果的です。スマホアプリ開発に強いスクールでは、講師から直接学べるだけでなく、不明な点をスピーディーに解決できます。また、一緒に学ぶ仲間がいるため、モチベーションの維持がしやすいといえます。しかし、他の方法に比べて、コスト面や通学時間がかかることは、デメリットといえるでしょう。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

スマホアプリ開発に必要なステップ

スマホアプリ開発を進めるステップをご紹介します。

自作が難しい場合には、アプリの目的やニーズを固めてから、制作会社に依頼しましょう。

STEP

アプリの目的やユーザーニーズを捉える

まずは、アプリの目的やニーズを捉えた企画を練ることから始めます。アイデアをもとに完成イメージを共有できるように方向性を定めましょう。

このとき、ユーザーの立場から見て、便利で使いやすいアプリにすることが重要です。また、アプリ存続のためにどのような手段で収益を得るのかをシミュレーションします。

STEP

開発を依頼する会社を決める

開発するアプリのイメージが固まったら、アプリの制作会社を選定します。

複数の会社のホームページを確認する、または問い合わせるなどして、開発実績や費用を比較しましょう。企画立案からアフターフォローまで、どの範囲を依頼できるか確認しておくことも重要です。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

アプリ開発の流れ

アプリ開発の流れは以下の通りです。

STEP

企画立案・要件定義(アプリの仕様を考える)

まず、アプリの目的や必要な機能を明確にし、要件を定義します。

STEP

設計

要件定義に基づいて、アプリのデザインやアーキテクチャを設計します。ユーザーエクスペリエンスを考慮し、使いやすいインターフェースを構築します。

STEP

開発

設計段階で決定した仕様に基づいて、アプリの実際のコーディングを行います。プログラミング言語やプラットフォームに応じて開発を進めます。

STEP

テスト

開発が完了したら、アプリをテストします。バグや不具合を修正し、品質を確保します。

STEP

ストアリリース

テストが成功したら、アプリをアプリストアに公開します。ユーザーがダウンロードできるようになります。

スマホアプリの開発会社を選ぶポイント

アプリ開発会社を選ぶ際に考慮すべきポイントは以下です。

アプリの分野で選定する

スマホアプリを開発する会社ごとに、得意とする分野が異なります。

例えば、ゲームに特化した会社、店舗向けのアプリを得意とする会社、ECプラットフォームの開発に強い会社などがあります。そのため、自社が作りたいアプリに合った開発会社を選ぶことが重要です。

必要なツールが揃っているか

開発会社を選ぶ際に、必要なツールが揃っているかを確認しましょう。

スマホアプリの開発には特定のツールや技術が必要ですが、これらが揃っていない場合、業務効率化や集客の実現が難しくなります。企業の知名度や費用だけでなく、技術的な要件も検討しましょう。

運用保守のサポートをしてもらえるか

アプリの開発はリリース後も運用が必要です。しかし、開発会社ごとに業務範囲が異なるため、運用保守のサポート体制について確認することが重要です。

アプリが安定して動作し続け、新機能の追加やバグ修正などが適切に行われるかを確保するために、適切なサポートが必要です。

スマホアプリに求められること

スマホアプリには、便利な機能だけでなく、動産環境や安全性にも考慮する必要があります。スマホアプリに求められる要素について解説します。

トラブルのない快適な動作

スマホアプリには、ストレスなく快適な動作を実現することが必要です。画面が見づらい、操作をしても動きが遅い、画面や動画が固まるといった環境は、ユーザーにストレスを与えてしまいます。

ユーザーが使いやすいよう、操作しやすいレイアウトや動作の改善などを図り、ユーザビリティを向上させることがポイントです。

万全のセキュリティ対策

スマホアプリには、セキュリティ対策が十分に行われていなければなりません。なぜなら、スマホアプリによっては、個人情報の登録や金融機関との連携など、機密性の高い情報を紐づける必要があるためです。

また、個人情報を脅かす手口は日々新しいものになり、それに伴いセキュリティ対策を強化していくことが求められます。万全なセキュリティ対策をスマホアプリに施すには、専門性の高い知識が求められるため、経験豊富な制作会社を選びましょう。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

まとめ

GMOおみせアプリでは、スタンプカード・クーポン・プッシュ通知機能などお店の運営に必要な機能がすべてそろっています。

弊社のアプリ制作サービス「GMOおみせアプリ」は、コストパフォーマンスに優れ、高品質のアプリを提供しております。2024年3月時点で、3,100社以上の企業と10,200店舗以上の店舗にご利用いただいております。さまざまな業種の企業や店舗様からご利用いただいており、幅広いニーズにお応えしております。

幅広い需要に対応したカスタムアプリを作成でき、上記のように多数の開発実績があります。また、運用後のサポートにも実績がありますのでお任せください。

店舗のデジタル化でお困りですか?アプリで業務効率化とコスト削減!

\GMOおみせアプリについて、まずはお気軽に/

新規顧客の獲得に
限界を感じていませんか?

  • 新しい顧客を獲得する方法に限界を感じている
  • 競合他社との差別化が難しい
  • マーケティング戦略の効果に限界を感じている

店舗アプリ作成サービスGMOおみせアプリ」は、これらのお悩みを解決できます。リピーター・お店のファン・ロイヤルカスタマーを育成することが、売上向上につながります。

弊社は2014年から店舗アプリ作成サービスを展開しています。経験豊富なメンバーが貴社に最適なプランをご提案いたします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

販促・集客強化の定番アプリGMOおみせアプリをもっと詳しく