スタンプカードの電子化とは?どのようなメリットがある?

スタンプカードの電子化とは?どのようなメリットがある?

2022年07月28日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

飲食店や美容室など、さまざまなジャンルの店舗でスタンプカードが活用されています。これまでは、スタンプカードといえば紙や磁気のものが主流でした。

そのような時代からデジタル社会への移り変わりに伴って広まっているものが、スタンプカードの電子化です。スタンプカードの電子化によって、複数のカードをスマートフォンのアプリで管理できるようになります。

この記事では、電子化されたスタンプカードの使い方やメリット、活用事例などを紹介します。

3分でわかるGMOおみせアプリ

スタンプカードの電子化とはどういうこと?

スタンプカードを電子化(デジタル化)するには、スマートフォンの専用アプリの導入が必要です。QRコードの読み取り機能やスタンプの押印機能を活用することで、紙のスタンプカードと同じように使用できます。

スタンプカードの機能を搭載したアプリにはさまざまなものがありますが、どのアプリでも基本は同じ使用方法です。アプリをインストールしたスマートフォンがあれば、顧客は店舗利用時のポイントを貯めることができ、店舗側はスマートフォンの画面を読み込むだけでポイントを付与できます。

電子化されたスタンプカードの使い方は?

電子化されたスタンプカードを利用するには、顧客が事前に自分のスマートフォンにアプリをインストールしておく必要があります。店舗を利用する際にアプリの画面を提示すると、ポイントを貯めることができます。

店舗側で行うことは、会計の際に端末でQRコードを読み取るだけです。
中には、スマホの画面に直接押すことでポイントを貯める電子スタンプもあります。
このようなシステムは、普段はあまりアプリを利用しない人でも分かりやすい内容です。

3分でわかるGMOおみせアプリ

スタンプカードと社会的背景

スタンプカードの電子化が進んでいることには、社会の移り変わりが関係しています。スタンプカードの電子化にどのような社会的背景があるのかを紹介します。

電子化されたスタンプカードは現代に向いている

これまでは現金決済が主流でしたが、社会情勢の変化に合わせて決済方法の選択肢も増えてきました。数年前から、決済方法としてキャッシュレス決済を選択する人が増えています。

複数あるキャッシュレス決済の中でも、最近特に増えているものが、QRコード決済の利用です。
電子化されたスタンプカードは、QRコード決済によって取得されたデータとの連動が可能な場合もあり、データの集約や解析をすることで、提供するサービスの改善にもつながります。

従来の紙や磁気のスタンプカードは需要が減っていく

社会情勢の変化に伴ってキャッシュレス決済の利用者が増加すると、紙や磁気のスタンプカードだとかさばると感じる人も増えます。

特に、QRコード決済を利用する機会が多い場合、アプリを利用するとスマートフォンのみで決済からスタンプの取得まで完了するため、紙や磁気のスタンプカードよりもアプリのほうが都合がよいと考える人も多くいます。

また、紙や磁気で作られたスタンプカードの数は利用するお店が増えるほど物理的に量が溜まり管理が煩雑になります。
そのため、複数のスタンプカードを一括で管理できる、アプリの需要が高まっています。

3分でわかるGMOおみせアプリ

スタンプカードを電子化するメリットは?

スタンプカードの電子化は、顧客と店舗の両方にさまざまなメリットがあります。顧客と店舗、それぞれのメリットを紹介します。

顧客にとってのメリット

顧客にとって、電子化されたスタンプカードの大きなメリットは利便性です。ポイントカードを何枚も持ち歩く必要がなく、忘れたり無くしたりする心配もありません。

さらに、アプリによって複数のスタンプカードが一括で管理されます。そのため、利用した店舗のスタンプカードを、財布やカードケースから探す手間も省くことができます。

また、QRコード決済を利用する人であれば、スマートフォンだけで支払いやスタンプの付与が完了するため、会計にかかる時間の短縮にもなります。

店舗にとってのメリット

店舗にとって、電子化されたスタンプカードにおける最も分かりやすいメリットはコストの削減です。
紙や磁気のスタンプカードだと、何枚も発行しなければならなかったり、紛失や切り替えなどの際に再発行が必要だったり、それだけ費用や手間がかかります。

その他大きなメリットとして、アプリでデータ管理が可能なため、集約した情報を集客に利用できます。
店舗の利用履歴や購入履歴を分析し、それぞれの顧客に合ったクーポンや特典などを発行することで、リピーターの獲得につなげることも可能です。

3分でわかるGMOおみせアプリ

スタンプカードの電子化における具体的な活用方法

ここからは、電子化されたスタンプカードの大きなメリットである、集客面での活用についての紹介です。さまざまな活用方法がありますが、その中から2つ紹介します。

クーポンを発行する

アプリで管理しているユーザーの利用履歴や購入履歴をもとに、それぞれのユーザーに合ったクーポンを発行するシステムを取り入れます。すると、リピーターの獲得にもつながります。

集めたスタンプの数に応じて、発行するクーポンの割引率や値引額などに差をつけることができます。すると、ユーザーにとって、スタンプを集める楽しみやクーポンなどのお得感が生まれるでしょう。

アプリのスタンプカードをより浸透させるには、ただスタンプをあつめるだけではなく、顧客が楽しみながらスタンプを集めることができるような工夫が必要です。

スタンプが倍になるキャンペーンを実施する

スタンプが倍になるキャンペーンは、紙のスタンプカードを導入している店舗で実施されることが多いキャンペーンですが、アプリでも取り入れることができます。
曜日や日にちを決めておき、毎月その日にキャンペーンを実施することで、顧客の関心度が高くなり、来店頻度も高まります。

顧客の来店頻度を高めることができると、売上がアップすることはもちろんですが、顧客ごとの消費も増え、将来のことを考えて長い目で見たときに経営を安定させることも可能です。
さらに、キャンペーンを続けることでリピーターも増え、場合によっては口コミやSNSなどで多くの人に広まり、より顧客が増えることにもつながります。

3分でわかるGMOおみせアプリ

スタンプカードの電子化における活用事例

電子化されたスタンプカードは、どのように活用されているのでしょうか。飲食店や自動車業界など、4店舗での活用事例を抜粋して紹介します。

ペーパーレスで費用削減|KOI CAFE JAPANさま

以前は紙のクーポン券を利用していましたが、印刷やデザインにかかるコストや顧客に個別で配布する手間を減らし、さらに別のサービスで利用していたポイントカードとまとめるために導入を検討されました。
アプリでのクーポン配信に最も重点を置き、商品のサイズアップが無料となるクーポンや、商品の同時購入で片方が無料となるクーポンなどを発行されています。

印刷にかかる費用や製造元からの郵送にかかる費用を考える必要がないため、紙のクーポンを利用していたときと比べると30%前後のコストを削減できているとのことです。

電子と紙を併用|山形日産自動車株式会社さま

顧客がスタンプカードを持参するのを忘れたり、カード自体を紛失したりすることを防ぐ目的で導入されました。

多くの人にとって、車屋は普段から用事があるような場所ではなく、スタンプカードがあっても存在を気にすることがほぼありません。

電子化されたスタンプカードであれば、スマートフォンに通知が来たり、普段からスマートフォンを開くたびにアイコンが目に入ったり、顧客がアプリを開くきっかけにもなります。可能であれば1年後には、来店した人にはアプリに移行してもらいたいですが、顧客によってはアプリでの管理が難しいため、紙のスタンプカードを継続して利用したいという人もいるとのことです。

そのため、しばらくの間はアプリのスタンプカードと紙のスタンプカードを併用する予定とのことです。

紹介スタンプ|ラーメン専家ラピタ総本店さま

スタンプカードは以前からあったため、アプリで利用しているスタンプは紹介スタンプのみとのことです。アプリを導入するまでは5年ほどメルマガを利用していましたが、今後はスマートフォンの時代であるため、先を見据えて導入することを決められました。

インストールを促進するため、各テーブルに店舗オリジナルのポスターを設置されています。これまでメルマガを見ていた人が、きちんとアプリに移行していて、スマートフォンの時代だと実感されました。

リピーターを増やしてさらに売上を伸ばすため、アプリのダウンロード数をもっと増やすことが目標とのことです。

来店スタンプ|Regina & offcelluさま

販促ではホットペッパーやLINEを利用していて、アプリを導入してからは販促の方法としてアプリが加えたとのことです。

新しく来店した際や帰る際の待ち時間などにアプリの紹介をし、その場でのダウンロードを促されています。
アプリに搭載されているスタンプ機能やメッセージ機能などについて説明をすることで、ほとんどの場合はダウンロードしていただけるとのことです。

早めに店舗に到着した人にも、待ち時間にアプリの紹介をすると、ダウンロードする人がほとんどとのことです。

やはりスタンプが貯まると嬉しいため、来店時に貯まるスタンプは好評とのことです。

3分でわかるGMOおみせアプリ

まとめ

スタンプカードの電子化は、現代社会のデジタル化に伴った変化です。主流の決済方法が変化しつつある現代では、紙のスタンプカードのようなアナログよりも、アプリのようにスマートフォンのみで完結するデジタルのほうが需要が高まっています。

スタンプカードを電子化することは、店舗にとっても顧客にとっても、数多くのメリットがあります。
ただし場合によっては、アナログとデジタルを使い分けたほうが都合がよいケースもあるため、店舗の状況や業種などに合わせて上手に活用しましょう。

3分でわかるGMOおみせアプリ

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ