店舗アプリのプッシュ通知を利用すれば効果的な販促ができる

店舗アプリのプッシュ通知を利用すれば効果的な販促ができる

2021年01月19日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

店舗経営をしている方の中で、集客に困っている方はいませんか?なかなか売上が伸びない、どうすれば効率よく集客ができるのかわからないという方は店舗アプリのプッシュ通知を使ってみましょう。

プッシュ通知はサービスのリテンション率を上昇させるために活用できるツールです。そこでプッシュ通知のメリットや注意点などを紹介しましょう。

プッシュ通知とはどんな機能なのか

プッシュ通知はアプリなどを利用しているユーザーに対して、自動的にお知らせを表示する機能です。例えば店舗アプリをダウンロードして使っているユーザーに対して、お店側からセールなどのイベントがあったとき、ユーザーのアプリにリアルタイムでお知らせをすることができます。

お知らせ機能によって、ユーザーの購買意欲を掻き立てて、商品やサービスを購入してもらえるように促すことが可能です。ちなみにプッシュ通知にはリモートプッシュ通知とローカルプッシュ通知があります。リモートプッシュ通知とはインターネットに接続しているユーザーに対して通知を行う機能です。

ローカルプッシュ通知は予め定義された情報がユーザーの端末に表示される機能です。そのため端末がネットワークに接続されていない状態でも通知が画面に表示されます。

プッシュ通知のメリットは情報との接触回数を上げることができる部分にある

店舗ではメルマガを使用して販促を行っているところもあります。ただメルマガはメールボックスに移動しないと開封して中身を確認できないので、ユーザーにとっては少し面倒です。プッシュ通知はユーザーの端末に直接情報の受信を知らせることができます。そのため情報を見てもらいやすく、効果的な販促活動を行えます。さらにユーザーサイドからしても、お得な情報を逃さずチェックできるので使い勝手が良いです。

プッシュ通知は有益な情報との接触回数を自然と増やすことができるため、効果的な通知をすることでリテンション率を効率よく上昇させることも可能です。また、しばらくアプリを使っていない人に対してリマインダーとしても機能します。自社の存在を忘れさせないための広告として活用できるのでプッシュ通知はお店側にとってメリットが多いです。

プッシュ通知を利用するときの注意点

プッシュ通知は店舗側にとってメリットの多い機能ですが、ユーザーにとっては時に迷惑なものになってしまう可能性もがあるので注意しておきましょう。ユーザーの中には大量のプッシュ通知にうんざりして、アプリをアンインストールする人もいます。そこでプッシュ通知を導入するときに気をつけるべきことを知っておきましょう。

ユーザーにとって有益な情報を配信すること

プッシュ通知を利用すれば顧客と店舗側の接触回数を増やすことができます。ただしがむしゃらに情報をユーザーに送信してはいけません。たくさんの情報をユーザーに送信しても、顧客にとって関係ない情報ばかりだとうんざりしてしまいます。そこで各ユーザーに対応する情報を発信するように工夫をしましょう。例えばプッシュ通知にはセグメント配信ができる機能が付帯します。
セグメント配信とは、年齢や地域など各ユーザー属性を考慮して情報を発信できる機能です。例えばあるブランドのパンツを購入した方に対して、関連ブランドの情報をプッシュ通知で知らせるといったことができます。セグメント配信を利用すれば対象ユーザーに有益な情報だけを配信することができるので、大量の通知が原因でアプリをアンイストールする人を減少させることが可能です。

プッシュ通知を利用して毎日情報を発信すると逆効果になってしまう可能性があります。また情報を発信する側(お店側)にとっても負担が増えてしまうのでメリットはあまりないです。そこで事前に入手できる情報を参考にしてA/Bテストなどを行い、情報を発信する頻度などを分析しましょう。

プッシュ通知の開封タイミングを考慮しよう

プッシュ通知はどの時間帯に送信するかによって開封率が変化します。うまく配信タイミングを調整すればアクティブユーザーを増やすことも可能です。そこでプッシュ通知を使い情報を発信するときには、ユーザーがどのようなタイミングで通知を開封してくれるのかを分析しましょう。例えばユーザーがスマホを利用している時間帯を考えます。昼間の12時30分くらいだとちょうど昼休みの人もいます。休憩中にスマホを使っている人に対して情報を送信すれば開封してくれる可能性も高まります。どのような時間帯にユーザーがスマホを使っているのかを分析したいなら、分析ツールを使うのが良いです。プッシュ通知を導入するだけでは売上を上げることは難しいです。ユーザーの行動を分析して、最適なタイミングでアピールするための分析ができる体制を整えましょう。

プッシュ通知を利用して販促をするには工夫が必要

プッシュ通知を利用すれば、顧客との接触回数を増やしサービスの利用頻度を上げることができます。プッシュ通知は店舗側にとってはメリットがありますが、やり方を間違うとユーザーに不快な思いをさせてしまうので注意が必要です。そこでプッシュ通知を導入するなら、配信頻度や配信タイミングなどを分析して最適なマーケティングを行いましょう。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531