アプリ開発はどのような企業に依頼するのがよいのか?その費用や料金の相場とは?

アプリ開発はどのような企業に依頼するのがよいのか?その費用や料金の相場とは?

2021年03月15日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

店舗アプリを導入したいと思っているものの、どういった企業に依頼すればよいか分からないという悩みを抱えている方は少なくないのではないでしょうか。また、導入するのにあたってのコスト負担も、気になる点の一つでしょう。そこで以下では、アプリ導入に関して知っておきたいポイントについて説明していくことにします。

どのような企業に依頼すべきなのか
アプリを導入しようとする場合には、アプリ開発などを手掛けている専門の企業に依頼する必要があります。もっとも、アプリの開発会社には様々な種類があり、その全てがニーズに合うアプリを作ってくれるわけではありません。例えば、店舗アプリを導入したいのであれば、それを開発できる経験やノウハウを有しているところに頼まなければ、期待したようなアプリを手に入れることはできないのです。では、アプリ開発会社にはどういった種類があるのでしょうか。以降で順を追って見ていきましょう。

ジャンルを問わず対応可能な会社
アプリ開発会社の中には、特定のジャンルに限らずに様々なアプリの開発に対応しているところがあります。いかなるニーズにも対応できるようにするにはそれなりのリソースが必要になるため、この手の会社では、数多くのエンジニアを揃えた大規模な開発部隊を擁しているケースが一般的です。アプリ開発に加えて、ホームページやEコマースサイトの作成も取り扱っているところが多いため、店舗アプリの導入とセットでホームページをリニューアルしたいというような場合の相談先として適しているといえるでしょう。

特定のジャンルに特化した会社
逆に、特定のジャンルのアプリの開発に特化している会社も存在します。例えば、店舗アプリの開発を専門に行っているところや、ゲームアプリだけを取り扱っているようなところなどです。当然ながらゲームアプリ専門の会社に店舗アプリの開発を依頼しても、断られてしまうか、受けてもらえたとしても期待したようなアプリが出来上がらない可能性が高いため、この手の会社を使う場合には、自分がどういったアプリを必要としているのかを見極めたうえで、それに対応しているところに依頼するのが重要となります。うまくニーズに合うところを見つけられれば、要求した以上にハイレベルなアプリを開発してもらえる可能性がありますので、よりアプリの仕様にこだわりたいのであれば、この手のアプリ開発会社を利用するのがおすすめです。

パッケージ販売専門の会社
クライアントの希望に合わせて一からアプリを開発する会社がある一方で、パッケージ販売を専門に手掛けているところもあります。パッケージとはいっても、クライアントごとにインターフェースや細かな仕様は調整できるものがほとんどですので、それを使ったからといってどこにでもあるようなありふれたアプリしかできないというわけではありません。逆に、パッケージの標準機能が求めているものと一致するのであれば、開発期間を大幅に短縮してアプリを導入できる可能性があります。そのため、もし店舗アプリを導入したいのであれば、まずは既存の店舗用のパッケージアプリを検討したうえで、満足できるものが見当たらないという場合に、一から開発してもらうという方法を検討してみるのがよいかもしれません。

アプリ導入に要する費用や料金の相場とは
“では、アプリを導入するためには、どれくらいの費用や料金を想定しておけばよいのでしょうか。基本的にアプリを導入する際には、当初に一括で支払う導入費用に加えて、月々のランニング料金が必要になりますので、まずはその点をしっかりと頭に入れておく必要があります。相場については導入するアプリによって大きく異なってくるため、一概にいくらとは言えないのですが、例えばシンプルな店舗アプリであれば、導入費用が数十万円から100万円程度、ランニング料金が月5万円程度で利用することが可能です。

もし、個々の店舗に特化した機能を多く盛り込んだ本格的な店舗アプリを作りたいという場合には、それよりも多額のコストを擁する可能性があります。そういったアプリを開発するのであれば、少なくとも100万円から200万円程度の開発費用を見込んでおく必要があるでしょう。サーバーなどもそれなりのスペックのものが求められるため、アプリの運営やメンテナンスを含めたランニング料金は、月10万円から20万円くらいになるケースも珍しくありません。小規模な店舗にとっては、少し負担するのがしんどい水準かもしれませんので、もう少しコスト負担を抑えてアプリを導入したいということであれば、一から開発するのではなく、市販の店舗用のパッケージアプリなどを利用してみるのもよいでしょう。そうすれば、2割から3割程度は開発費用を低減できるようになるはずです。

店舗アプリを導入してみよう
以上で見てきたように、アプリの開発会社には様々なところがありますが、店舗アプリを導入したい場合には、少なくともそれを開発した実績を有するところに依頼するようにしなければなりません。導入に当たって必要になるコストは、アプリの性能や開発の方法によって異なってくるため、予算と相談しながら自分に合ったアプリを見極めるようにしましょう。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531