集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

小売店が検討したい集客アプリによるO2O戦略

小売店が検討したい集客アプリによるO2O戦略

2020年08月07日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

小売店でECサイトを立ち上げてオンラインの売上を伸ばすのに成功したものの、店舗の来客数が減ってしまってオフラインの売上は下がるという現象はしばしば起こっています。

しかし、集客アプリを使えばO2O戦略を立てることも可能です。オンラインでの顧客を店頭に足を運ぶように促す仕組み作りをすれば良いだけなので、それほど難しいことではありません。
まずは集客アプリを使ってもらえるように、ECサイトからではなくアプリ上から注文すると割引になる、ポイントが貯まりやすくなるなどといった特典を設けましょう。
そして、アプリ登録者数が増えたら店頭限定サービスの通知をしたり、店頭でのみ利用できるクーポンを発行したりするのが効果的です。

あまりにも店頭で割引をしてしまうと売上が減ってしまうリスクがありますが、イベントの開催の告知であれば損失はないでしょう。店頭でのみ受けられるサービスについて、プッシュ通知で連絡すると行ってみようと思う人が増えます。そもそもイベント情報に触れる機会がなかったために店頭に訪れていなかったという人も多いので効果的なアプローチです。

まとめ

O2O戦略には集客アプリでの情報発信による店舗への誘導が効果的です。

O2Oの成功事例を解説

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事