アプリ開発を相談したい人向けに事前準備と相談内容を紹介

アプリ開発を相談したい人向けに事前準備と相談内容を紹介

2022年05月10日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

アプリ開発は、初心者にとってはとても困難です。また、全くの初心者の場合は、誰に相談すればいいかさえも分からないことがあるでしょう。

アプリ開発の相談は、アプリのアプリ開発の事業者で行えます。ただ、アプリ開発の事業者に相談する前に、事前準備が必要です。

この記事では、アプリ開発相談の事前準備と、実際のアプリ開発相談内容をご紹介します。アプリ開発を相談したい人は参考にしてください。

アプリ開発の相談はGMOおみせアプリにお任せください。

アプリ開発の相談をする際、どこのアプリ開発の事業者に相談するかが重要です。同じ相談内容であっても、アプリ開発の事業者によっては全く異なった回答が返ってきます。

そのため、アプリ開発の相談をする会社選びは重要です。

GMOおみせアプリでは、お客様の要望を細かくヒアリングし、要望にあったアプリ開発の提案をします。

少しでもアプリ開発において気になることがあれば、GMOおみせアプリにご相談ください。

アプリ開発の相談における費用相場

アプリ開発の相談における費用は、相談に使用する媒体(電話、メール、チャットなど)の違いや相談する時間によって異なります。

相談するアプリ開発の事業者の違いによっても異なり、中には無料で相談できるアプリ開発の事業者もいます。

また、アプリ開発の相談における個人と法人の違いは、費用が大きく異なる点です。

ご自身のアプリ開発の知識レベルや受けたいサポート内容によって、相談するアプリ開発の事業者を選んでください。

アプリ開発の相談前にしない方がいいこと

アプリ開発の相談前にしない方がいいことがあります。

それは、アプリやシステムに関して知識がない人同士で話し合って物事を決定してしまうことです。

初心者同士で話し合い物事を進めてしまうと、現実的には難しい企画ができあがってしまいます。

そして、そのままその企画を進めてしまい、取り返しのつかない状況に陥ってしまうことも大いにあります。

そのため、ご自身または周りにアプリ、システムに詳しい人がいない場合は、アプリ開発の会社に相談しましょう。

アプリ開発の相談前にした方がいいこと

アプリ開発の相談前に、ご自身のできる範囲で行うと、相談時にスムーズです。試してできなかった箇所を覚えておくと、さらによいでしょう。

アプリ開発の相談前にした方がいいことを5つ説明します。

目的の明確化

アプリ開発の相談前に目的を明確にする必要があります。

目的を明確にすることで、今後の計画における判断軸が整い、意思決定もスムーズにできます。

目的があいまいな状態でアプリ開発を始めると、ほぼ開発途中で計画が頓挫します。

欲しい機能が無かったり、求めていたデザインと違ったりといったことが起こります。

こういった事態を防ぐために、アプリ作成の理由・形態・ターゲットの明確化が必要です。

目的から具体的な要件を逆算

アプリ開発の目的が明確になったら、アプリのUIや機能、デザインのイメージを決定します。

このイメージをおおまかにでも持っていれば、開発の費用やスケジュールの計算が容易にでき、アプリ開発の事業者へスムーズに相談できます。

さらに、このタイミングで、目的に合わせて優先順位を付けておくこともおすすめです。

もしも費用を抑えたい場合に、カットする項目を判断できます。

競合や参考にしたいアプリを複数用意

アプリ開発の相談前に、競合や参考にしたいアプリを複数用意しておきましょう。

用意したアプリを実際にインストールして試し、利用した結果の不満点や満足点をメモします。記録しておくと、アプリ開発の相談材料として大いに役立つでしょう。

実際に使用した不満点や満足点が、アプリ開発のイメージをより具体的にします。

なぜなら、既存アプリで1つの基準ができるため、そこから何を足し引きすればいいか分かるためです。

何を足し引きすればいいか分かれば、費用やスケジュールがより具体的になります。

連携したいツールの洗い出し

アプリ開発の相談前に、連携したいツールの洗い出せば相談がスムーズです。

アプリを開発する場合、POSシステムや基幹システム、ECサイト、倉庫管理システム、CRMツールといったシステムと連携します。

例えば、アパレル系のアプリを開発する場合、顧客データやメルマガ、受注管理システム、Webサイト、SNSと連携する可能性があります。

こういった連携の可能性がある外部ツールやシステムは、アプリ開発の相談前に確認しましょう。

アプリ開発に必要な情報収集を行う

アプリ開発の相談前に、アプリ開発に必要な情報収集を行うことです。

アプリ開発の技術やトレンド、競合のアプリ、アプリの特徴といった基本的な情報を収集する必要があります。

こういった基本的な情報とアプリ開発の流れや予算の内訳などを事前に知っていると、相談がよりスムーズに進みます。

しかし、どのように情報収集すればいいか分からない場合もあるでしょう。

その場合は、相談するアプリ開発の事業者から直接情報収集することをおすすめします。

アプリ開発の多い相談内容5つ

アイデアの具現化方法

アイデアの具現化方法は、最も多い相談のひとつです。

相談者の多くはアイデアはあるものの、どういった機能がよいかまでは具現化できません。

相談者のアプリ開発における知識不足が原因のため、知識豊富なアプリ開発の事業者にしっかりと具現化方法を相談する必要があります。

具体的な実装方法

具体的な実装方法も、アプリ開発の相談で多い内容です。

もしも実装方法を誤ってしまった場合、開発スケジュールが大幅に遅れる可能性があります。

そのため、具体的な実装に関しては、多くの会社は完全外注です。

ただし、費用を抑えるといったことを理由に自分で実装することもあります。

その場合は、開発スケジュールの大幅な遅れを避けるためにも、アプリ開発の事業者にしっかりと相談することをおすすめします。

システムが動作するかどうか確認しながら、丁寧に進めましょう。

開発後の運用方法

具体的には、アプリ開発におけるCS体制の構築方法です。

CS体制とは「Customer Succes」の略である顧客の成功を意味します。

具体的には、ユーザーの潜在ニーズまで積極的にアプローチするための環境を構築することです。

しかし、アプリ開発の知識が不足していたり、初心者であったりする場合は、CS体制の構築に失敗しやすいでしょう。

そのため、アプリ開発の事業者にしっかりと相談し、ユーザーの悩みを解決できる体制を構築しましょう。

費用を抑える方法

アプリ開発の相談において、費用を抑えたいといった問い合わせが多くあります。

費用の削減には大きく分けて3つの相談内容があります。

1つ目は、既存のWebサービス費用を抑えてアプリ化したいといった内容です。

2つ目は、自社内のリソースをどのように活用するかといった内容です。例えば、ネイティブアプリ、Webアプリ、ハイブリッドアプリのどれを使用するかのような相談です。

3つ目は、運用保守に関してです。運用保守を外注する場合に、どうすれば費用を抑えて外注できるかといった内容です。

ネイティブアプリ、Webアプリ、ハイブリッドアプリの違いについてはこちらの記事をご参考ください。

ウェブビュー(Webview)とネイティブアプリの違いをジャンル別で比較!

アプリ開発会社の比較軸

アプリ開発を相談するにしてもアプリの開発会社は多く、どこに委託すればいいか分からないこともあるでしょう。以下に、アプリ開発会社を判断する上での評価項目を記します。

実績 実績があればあるほど、アプリ作成種類の引き出しも多く、さまざまなアプリ開発に対応できます。
価格 概算の内訳が明瞭なものかどうかはひとつの判断基準です。雑な概算を提示する会社もあるため、概算の内訳が明瞭な会社を選びましょう。
提案力 要望を伝えた結果、開発会社から提案されますが、提案内容が要望に沿っているか確認しましょう。

また、こちらが伝えた要望以外に何か提案できる会社は、ひとつ評価できるポイントです。

無料でデモ・資料請求ができます

GMOおみせアプリでは、無料でデモ・資料請求ができます。

アプリ開発を検討されてる方、何か少しでも相談したい内容がある方はぜひお問い合わせください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【アプリ開発の関連記事】

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月28日
    活用のヒント

    活用のヒント

    NFC決済で簡単便利に!...

    2022年06月28日

    近年、コンビニや小売店ではタッチ決済が採用されています。タッチ決済とは...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ開発に必要な費用は...

    2022年06月24日

    アプリの開発にはどの程度費用がかかるのでしょうか。アプリ開発の際には費...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    アプリ制作会社おすすめ1...

    2022年06月24日

    アプリ制作会社とは、アプリの企画・開発からストア公開までを行う企業です...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    活用のヒント

    活用のヒント

    オムニチャネルとは、メリ...

    2022年06月24日

    オムニチャネルは小売業やECサイトを中心に活用されている販売戦略です。...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531