集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

アプリ開発の見積もりはどのくらい?必要な費用や具体例を紹介

アプリ開発の見積もりはどのくらい?必要な費用や具体例を紹介

2022年05月10日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

アプリを開発する際、見積もりは欠かせません。ここでは見積もりの相場や、その時に気をつけるポイントもご紹介します。

見積もりの相場は?

アプリ開発にかかる費用は、そのアプリの種類によって違います。

 

アプリの種類ごとに見てみると、

  • カタログ、フリーペーパー系 50万円~
  • ツール系 50万円~
  • EC、ショッピング系 100万円~
  • ゲーム系 300万円~
  • SNS系(位置情報有り) 500万円~

が挙げられます。

他社ツールとの連携や、位置情報の連携といった機能を加えると、料金が追加されます。

その機能ごとにどのくらい料金が加算されるのか、確認して下さい。

自社アプリを開発する際は、どのような機能が必要なのか、アプリの内容を細かく決めて発注する必要があります。

アプリ開発時に必要な費用とは

アプリ開発の際、どのような内容の費用がかかってくるでしょうか。

アプリの内容や、機能によって大きく変わります。

ここでは、必要な費用をご紹介します。

人件費

開発時にかかってくる費用は、ほとんどが人件費です。

アプリ開発において、システムエンジニアとプログラマーの存在は欠かせません。

担当のエンジニアが、どのくらいの期間・どのような仕事の内容を担うかで金額は大きく変わります。また、その技術者のレベルによって料金はさまざまです。

上級のエンジニアが1ヶ月稼働すると、100万円以上のコストがかかる可能性もあります。

アプリの見積もりの内、人件費の割合を確認してください。

開発時の固定費

アプリの開発時には、開発費用や人件費の他にも、必要な「固定費」があります。

以下の費用が、それに当てはまります。

  • 開発中のレンタルサーバー費用
  • ドメイン取得時にかかる費用
  • SSL証明書費用
  • アプリを「Apple Store」や「Google Play」に登録する際の費用

この固定費は、開発に携わる会社が見積もりに含んでいない可能性があります。

見積もりに、この項目があるかどうか必ず確認してください。入っていない時は、必要な金額を合算して準備が必要です。

デザイン費

アプリのデザインにも費用がかかります。

完全オリジナルデザインのアプリは目を惹きますが、デザインを凝るとコストがかかります。

制作会社によっては、アプリの機能やデザインをパッケージにして販売しているケースがあるため、要チェックです。

オリジナリティとコストを考慮して、どのバランスが制作したいアプリに合っているか見極めることが大切です。

機能によって費用が変わる

アプリがもつ機能によって、費用は大きな変動があります。

また、iPhone・iPadのアプリはiOS、GALAXY・Xperia用のアプリはAndroid用として別々に開発する必要があります。

 

主に以下の機能です。

  • ユーザーデータの活用:顧客データの構築や既存データの引き継ぎ
  • 決済システムの導入:自社サービスとの連携や新しいシステムの構築
  • ユーザーのログイン登録の有無:メールアドレスやSNSアカウントでのログイン
  • SNS、他社のツールとの連携:Instagramや地図アプリとの連携

他にも、カメラ・メッセンジャー・音声・通知・動画といったさまざまな機能をアプリに組み込むことが可能です。

新しくシステムを構築するか、既存のデータを取り扱うか、それによって見積もりの金額が変わります。

どのような機能のあるアプリを開発したいか、細かく社内で検討が大切です。

見積もりを出す時に気をつける点

見積もりを出す時、見逃しやすいポイントがいくつかあります。

制作会社によっては、制作時の見積書に含まれていない時があるため、チェックして下さい。

維持費が必要

アプリ開発時に必要な経費は、開発費だけではありません。

 

開発後、何かバグや問題が起こった際のサポートが必要です。

また、アプリをアップデートする時、機能の追加をしたい時の対応も会社によって異なります。

開発の時のみの見積もりなのか、その後のサポートも入っているのかを必ず確認してください。

アプリは開発するだけではなく、その後の修正・運営が大切です。

外注会社によって費用はさまざま

アプリ開発の会社は、会社の規模や携わる社員の人数、納期によって費用が全く違います。

見積もりの「開発費用」として内容に含まれている項目が違うことも多いため、見積もりを複数社に出す際は項目を確認して下さい。

外注する時、依頼したいアプリの内容や機能性・デザイン・納期を、詳しく伝えることが大切です。

曖昧な部分が多いと、見積りの金額は大きく変動します。

希望するアプリの内容は社内で詳しく検討してください。

見積もり費用を抑える方法

できるだけ見積もりを抑えるにはどうすればよいでしょうか。

コストを抑える時のポイントをご紹介します。

実装する機能に優先順位をつける

どのような機能が備わったアプリを作りたいか、機能に優先順位をつけてください。

アプリの目的と費用対効果に合わせた機能の選別が大切です。

また、アプリの設計は開発する前に細かく決めておきましょう。

開発途中に機能を追加したり方向性を変えたりすると、開発費が増え、納期が遅れる可能性もあります。

 

アプリ開発の目的や詳しい機能、デザインの希望といった内容の記した依頼書を作成すると、制作会社とのコミュニケーションが円滑に進みます。

パッケージ開発を選択する

アプリの開発にも種類があります。

「スクラッチ開発」はそのアプリのために、ゼロからシステムを作り上げる方法です。既存のシステムを使わないため、オリジナリティがある目的にあったアプリを作り上げます。システムから構築するため、コストがかかります。

 

もうひとつは「パッケージ開発」といって、既存のシステムを活用してアプリの開発をする方法です。そのため、スクラッチ開発と比べて時間とコストを抑えられる種類です。

会社によっては、システムをカスタマイズできる部分も増えており、機能を充実させることができます。

 

GMOおみせアプリはパッケージ開発で、開発費用を削減できます。月額2,2000円から開発可能なところも多くのお客様によろこんでいただいております。

相見積もりで比較する

見積もりに出す前に比較軸を設定してください。同じ内容の見積もりでの比較が大切です。外注会社によって見積もり基準は違います。

その上で見積もりを出すと、どの項目がどのくらいの予算で組まれているかを比較できます。

 

開発時の費用だけではなく、その後のサポートや運営時のアフターフォローも大切なポイントです。

見積もりを出すときは、同じ条件で比較検討してください。

アプリのお見積もりならGMOおみせアプリまで

アプリ開発をする際、さまざまな会社の見積もりを比較することで、自社にどれが合うかが分かります。できる限り詳しい情報を集めることが大切です。

 

GMOおみせアプリでは、お客様の依頼内容を細かくヒアリングし、そのお店に合ったアプリの開発を行います。

また、アプリ開発における料金表もご覧いただけます。

ぜひ一度、お問い合わせください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【よく読まれている記事】

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事