集客・販促に強い店舗アプリ作成|導入実績9,400店舗突破のGMOおみせアプリ

アプリ集客は必要か?顧客に求められる店舗アプリ活用方法

アプリ集客は必要か?顧客に求められる店舗アプリ活用方法

関連資料を無料
ご活用いただけます

アプリ集客は今おすすめの集客方法です。

  1. 新規顧客獲得のコストが高騰
  2. リピーターを育成し来店頻度や顧客単価を増加
  3. リピーターの育成に最適なツールが店舗アプリ

この記事では、スマホ販売促進ツールの店舗アプリと、いつも顧客に気にしてもらえる店舗作りの考え方をご紹介します。

お店に人を集めるには店舗アプリは必要なのか 

新規顧客の獲得やリピーター作りの考えは、実店舗やWeb店舗でも変わらず、収益を左右する重要な要素です。

なるべく多くの顧客を獲得し、収益につなげるためには、どのようすればよいか。
あらためて考えてみましょう。

アプリ集客で大切な考え方

集客に必要な考えとしては、顧客とのつながりを持ち、顧客が本当に欲している商品やサービ
顧客とつながる方法は、電話やSNS・アプリなどがあげられます。

特に店舗アプリは、顧客とのつながりをたもて、コミュニケーションツールとして活躍しています。
便利な店舗アプリは、受け身の経営から発信の経営に変えた集客方法です。

収益の最大化はリピーターをつくること

新規の顧客獲得には緻密な戦略が実行され、あらゆるデータを分析し、あらゆる広告媒体にお金をかけるため、小さな店舗だと限界があります。

しかし、店舗アプリを利用することで、小さな店舗でも、顧客が潜在的に欲しているサービスや商品の提供も可能です。

既存の顧客に何度も店舗に通ってもらうことで、増収益を目指せます。

顧客のニーズを把握する

顧客が本当に欲している物を知るためには、顧客管理が必須です。
顧客の性別や年齢・住所などに加えて、来店履歴やクーポンの利用履歴などを管理し、行動データ化して使用すれば、顧客の趣味や嗜好を分析できます。

顧客が潜在的に欲している物を提供することで、リピーターになる確率が大幅に上がります。

店舗アプリを使って集客するにはどんな機能が必要か

アプリ集客をするうえで、店舗アプリの開発は外せませんが、簡単には開発できません。
そこで必要とされたツールが、店舗アプリです。

店舗アプリには、顧客獲得に必要とされる機能がたくさんあります。
どのような機能があればよいかをご紹介します。

クーポンやポイント機能は必須!

他店への離脱を防ぐためには、やはり魅力的な商品やサービスは欠かせません。
サービスの1つとして、クーポンを定期的に配信することで、顧客の囲いこみを目指せます。

また、ポイントサービスやお得な回数券などを利用して、来店したお客様にアプリのインストールをお願いしやすくなり、新規顧客の獲得に貢献できます。

セール情報やお店からのお知らせなどの配信機能

店舗アプリの配信機能を使うことで、アプリをダウンロードしている顧客に、リアルタイムでセール情報や店舗からのお知らせを配信できます。

この発信が、顧客のリピーター化を促進させます。

スマホ決済でスムーズに会計ができる機能

店舗アプリの配信機能を使い、お得な情報を顧客へ伝えましたが、あいにく持ち合わせがなく、顧客は欲しい商品やサービスがあっても買いに行けません。

スマホ決済が使えると、顧客は店舗へ足を運びやすくなり、店舗は機会損失を防ぎ、収益の増加を見込めます。

店舗アプリの導入前に考えておくこと

店舗アプリを導入するメリットは、戦略的に顧客を増やせることです。

「店舗アプリがあれば顧客の獲得ができる!」と、すぐ店舗アプリに飛びつかず、運用前に考えることがあります。

顧客獲得のための過度な値引きはNG!

少しでも早く自分の店舗を知ってもらいたいために、値引きやクーポンの乱用をすることはNGです。
気持ちは分かりますが、お客様には足元を見られることになりかねません。

店舗にとってよい顧客は、普段から何度も来店していただける顧客です。

集客アプリで収集した情報を使いきれるか

アプリ集客をするうえで、店舗アプリで収集した顧客情報を、正しく使うことは大切です。
店舗アプリで得た情報をすべて使い、次のサービスに結びつけることが重要なのです。

使用予定の店舗アプリは、自分にとって使いやすいかを確認しましょう。

使用している店舗アプリ開発会社の対応は早いか

ここで考えることは、何かあったとき、すばやく対応してもらえるかです。
なぜなら、アプリに不具合が起きているあいだ、あなたには、顧客獲得の機会損失が発生しているためです。

すぐに対応をしてもらえる店舗アプリ開発会社を使いましょう。

顧客にいつも見てもらえるアプリとは

 顧客のスマートフォンには、たくさんのアプリがダウンロードされています。
常に見てもらえるアプリにするには、どのようにしたらよいでしょうか?

それには、顧客に気にしていただけるような工夫をします。

定期的に店舗の情報を配信している

例えば、毎日決まった時間に店舗情報を配信しているアプリと、配信時間や日付がバラバラのアプリ、どちらが顧客にとって気になる存在になるかは明白です。

配信を怠れば、顧客は直ぐに他店に目が向きます。

顧客に対して魅力的なサービスを提案している

前述にもお話した、店舗アプリで取得した顧客情報を使い、顧客が本当はどのようなサービスや商品を欲しているかをアプリ情報から読み取ります。

顧客が潜在的に欲しているサービスや商品を提供することで、顧客にリピートしてもらえる確率があがります。

店舗アプリ情報を使って、魅力的な商品やサービスを作りましょう。

アプリは導入したら終わりではない 

スマートフォンで集客するために店舗アプリを導入した後、適切な運用をしなければ集客にはつながりません。

しかし、店舗アプリを導入後に真っ先にすることは、周囲にアプリの存在を告知することです。

SNSを活用してアプリを知ってもらう

多くの人に告知するには、SNSはかかせません。
TwitterやInstagramなどを使って、たくさんの方々に店舗の存在やアプリの告知、魅力的な商品やサービスがあることを知ってもらいます。

店舗内で声掛けをして登録してもらう

最も確実な方法として、来店したお客様に、直接の声掛けをして登録してもらう方法です。
新規の顧客獲得にもなり、リピーターになっていただける可能性があります。

その際に、アプリ情報から読み取った顧客の趣味や趣向を参考に、魅力的な商品やサービスの説明をすることもよい方法です。

お店に人を集めるには店舗アプリは効果的

結論として、アプリ集客に店舗アプリは非常に効果的です。
店舗アプリを使いこなせば、店舗に人を集め、収益増加につながりやすくなるでしょう。

最も重要なことは、店舗アプリを使用するお客様の満足度を上げることに定評があり、運用サポート体制も万全な店舗アプリ開発会社を選ぶことです。

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

店舗アプリおすすめ記事