スマホの店舗集客アプリのサービスは何が便利?活用方法を業種別に紹介!

スマホの店舗集客アプリのサービスは何が便利?活用方法を業種別に紹介!

2020年03月17日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

まわりの店舗や企業などが集客アプリを使って顧客を増やしていると、自社も導入をした方がいいのではと考えている方もいるでしょう。

しかし、店舗アプリで具体的に何ができるのか、アプリを導入するにはどうしたら良いのか分からない人もいるはずです。そこで、この記事では店舗アプリでできることや、どういった方法で導入ができるのかなどを説明していきます。また、業種ごとに店舗アプリを使った活用術なども、合わせて紹介していきます。

店舗アプリの集客方法とは

店舗アプリを利用した集客は、新規の顧客というよりもリピーターの集客をするのが基本となります。何故なら店舗アプリをダウンロードしてもらうには、その店舗の存在を知っている必要があるからです。

店舗の存在を知らなければ、そもそもアプリをダウンロードしてくれません。しかも新規の顧客を獲得するのは大変で、手間だけでなく広告費などの宣伝費が膨大になってしまうため、リピーターの集客の方がコストの面から考えても割に合います。

また、マーケティングの世界で言われているのが、「2:8の法則」です。この2:8の法則とは、2割の優良な顧客が、売り上げ全体の8割を占めているという意味です。

そのため、全体の顧客を増やすよりも、優良な顧客を定着させる方が効率がよくて高い収益性を得られます。そういった意味で、店舗アプリは一度店舗に訪れた新規の顧客をつなぎとめて、常連にするのに最適なツールと言えるでしょう。

店舗集客アプリの作成・制作・開発サービス

店舗集客アプリを作るにはいくつかの方法がありますが、初めての人にとってはどういった方法があるのか分からないでしょう。そこで次は、店舗集客アプリを作る方法をいくつか紹介していきます。

アプリを自分で作成する

アプリを一番安く手に入れる方法は、自分自身で作ることですが、完成するまでにはかなりの時間が必要になります。特に、知識がまったくないのであれば、途中で挫折してしまう恐れもあります。それでも自分で作成するなら、プログラムをしっかりと覚えなくてはいけません。

アプリを開発する場合は大きく分けると、「Webアプリ」と「スマホアプリ」の2つになります。「Webアプリ」とは、ブラウザ上で動作をするアプリのことで、よく使う言語はPHPやRudyなどです。また、「スマホアプリ」とは、スマートフォンのOSに合わせた言語で、アンドロイド端末ならJava、iPhone端末であればSwiftが主流です。

アプリに関するプログラム言語は多種多様で、用途に合わせて使いこなす必要があります。まずは、どんなアプリを作るのかどんな機能を付けるのかを明確にして、それに合わせた言語を選択しないといけません。他にもプログラム以外に、最適なUIを自分の力だけで見つける必要があります。

UIとは、User Interfaceの略で、簡単に言えばデザインや使い勝手など、顧客が目で触れる情報の事です。世の中には様々なアプリがありますが、デザインや使い方にはそれぞれ特徴があります。これはただ何となく決めているわけではなく、利用する顧客のことを考えて綿密に計算して作成しています。

例えば、メニューボタンや文字のサイズ、アプリ全体のメインカラーなど、ユーザーにとって分かりやすいUIを心掛けないといけません。何故なら、デザインが微妙だったり使い勝手が悪かったりすると、顧客がそのアプリを使わなくなってしまう恐れがあるからです。目的のページへたどり着けなかったり見にくかったりすると、顧客はストレスを抱えてしまい、利用するのを止めてしまいます。

そうなると、結果的に集客効果も無くなり、売り上げに貢献できなくなります。そのため、アプリを自分で作成するならプログラムはもちろん、UIもしっかりと考えて作る必要があります。

開発会社に依頼をする

自分でアプリを開発するのが面倒だったり、知識が無くて難しかったりするなら開発会社に依頼をする方法があります。アプリ専門の開発業者なら、こちらの要望を伝えるだけで最適なアプリを開発してくれるでしょう。何よりプログラム開発やUIはもちろん、セキュリティ対策やアフターサポートまでをしてくれます。

セキュリティ対策とは、集客アプリに顧客の個人情報やクレジットカードの番号などを扱う場合、情報の漏洩に細心の注意を払う必要があります。顧客の大事な情報が漏れてしまうと信用を失ってしまうため、万全のセキュリティ対策が必要です。

アプリ専門の開発業者なら、その点も十分に考慮した開発を行ってくれます。また、アフターサポートとは、一度完成したアプリでも運営をしていくと様々な問題に直面します。例えば、UIの部分で問題があり、利用者の離脱率が目立つページがあったり、システム障害が起きて動作に不具合が生じたりした場合です。これらの問題は、開発会社に依頼をしておけば修正してくれます。

そのため、集客アプリが完成した後も、安心して運営をしていくことができます。

開発会社に依頼をすれば、様々なことに対応をしてくれるので便利ですが、問題はその開発費用です。アプリにどこまでの機能を付けるのかで価格に差が出ますが、フルスクラッチで0から作ると平均で大体数百万円以上はかかってしまいます。また、アプリの完成までに数ヶ月はかかるでしょう。

0から作る場合、まずはどんな集客アプリにするのか、何度も開発会社と綿密な打ち合わせをしないといけません。納得ができた段階でそこから開発に取りかかるため、簡単なアプリだったとしても、制作期間は何ヶ月も必要になってしまいます。

パッケージ型のアプリ制作サービスを利用する

パッケージ型のアプリ制作サービスとは、予め基本的なデザインや様々な機能が完成していて、簡単に導入ができる便利なサービスです。

弊社の「GMOおみせアプリ」という集客アプリなら、テンプレートからデザインや機能を選べるので簡単に導入できるためおすすめです。テンプレートとは、最初からレイアウトデザインがある程度決まっている状態で、UIに特化したデザインを使うことができ、種類も豊富で好きなテンプレートを選べます。

しかも、テンプレートのデザインを安価でカスタマイズすることも可能なので、自分だけのデザインを作れるため、他のアプリと差別化できるのがメリットです。

また、機能については、POSレジと連携をして購買履歴に合わせたクーポンの発行ができたり、ポイントシステムについても、カードのポイントを電子化し、ECサイトのポイントと共通化させて連携したりできます。他にも、アプリから次の来店の予約ができるため、営業時間外でも予約の受付ができるようになります。このように、店舗などの運営に便利な機能が「GMOおみせアプリ」なら、対応可能となります。

また、パッケージアプリなのに、デザインなどにオリジナリティがあり、フルスクラッチで0から開発するよりも開発費用を安くできるのが特徴です。しかも最初からある程度完成されたシステムを利用できるので、短い納期で制作が可能となります。

3分でわかるGMOおみせアプリ

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531