GMOおみせアプリで会員証をアプリ化するとどのようなメリットが得られる?

GMOおみせアプリで会員証をアプリ化するとどのようなメリットが得られる?

2021年01月19日
利用シーン

関連資料を無料
ご活用いただけます

業務を効率化するために、店舗アプリの導入を考えている方もいるかもしれません。店舗アプリには様々なものがありますが、多くの店舗で導入されているのが会員証アプリです。GMOおみせアプリを利用することで、会員証を手軽にアプリ化することができます。今回はGMOおみせアプリで会員証をアプリ化すると、どのようなメリットが得られるのかを詳しく解説していきます。

GMOおみせアプリはどのようなサービス?

GMOおみせアプリは、6000店舗以上で導入されている人気の店舗アプリです。美容室やカフェ、ラーメン店、居酒屋など業種を問わず様々な店舗で利用されています。クーポン発行やスタンプカード、キャンペーンの配信など様々なツールを電子化できるアプリで、業務を簡略化できるだけではなくコストを削減することも可能です。

安くオリジナルのアプリを作成できるのも、GMOおみせアプリの魅力の1つです。デザインのオーダーメイドも可能で、自分のお店独自のアプリが作成できます。アプリの作成にプログラミングなどの専門知識は一切必要ありません。オリジナルアプリを通して顧客との繋がりを強めることができれば、売上アップも見込めるでしょう。

会員証をアプリ化することでユーザーにはどのようなメリットがある?

会員カードを持ち歩く必要がなくなる

GMOおみせアプリで会員証をアプリ化することで、ユーザーは会員証を持ち歩く必要がなくなります。スマホさえあれば、ポイントカードや会員証をすべて1つにまとめることができます。カードを忘れてポイントを貯められない、カードを失くして再発行する手間がかからないというのは大きなメリットです。

ポイントの仕様忘れ防止

せっかくポイントを貯めたのに、使う前に期限が切れてしまい無駄にしてしまうケースはよくあります。会員証をアプリ化していれば、ポイントの有効期限が近づいた時に通知を受け取ったり、どのくらいポイントが貯まっているのかいつでも確認できたりするので、使い忘れを防止できます。

プッシュ通知お得な情報をゲット

会員証アプリは、様々な情報をプッシュ通知で受け取ることができます。お得なキャンペーン情報、セールの日程などをスマホのプッシュ通知で知ることができるため、お得な情報を逃すことがありません。

GMOおみせアプリを導入することで企業側が得られるメリット!

リピーターを増やしやすい

会員証をアプリ化することで、ユーザーが会員登録しやすくなるのがメリットです。スマホから簡単に会員登録ができるため、今まで面倒で会員になっていなかったユーザーも、会員登録してくれるかもしれません。会員になったユーザーは、ポイントを貯めるためにリピーターになってくれる可能性が高いです。売上をアップさせるためには、リピーターを増やすことも重要なポイントになります。会員証をアプリ化できるGMOおみせアプリを導入することで、売上アップが見込めるのは大きなメリットです。

手軽に情報を発信できる

ユーザーに対して有益な情報を手軽に発信できるのも、会員証をアプリ化するメリットです。買い物や食事をする時、スマホで情報を調べてから店舗選びをするユーザーは多くいます。スマホで会員登録したユーザーには、プッシュ通知などを利用して情報を手軽に発信できるため、お得な情報を届けることでユーザーを獲得しやすくなります。また、スマホユーザーに向けて一斉にメッセージを送信することもできるため、クーポンやセールの情報を届ける時の手間を減らすこともできます。

回転率を上げることができる

ユーザーが商品を購入したり、サービスを利用したりした時に、会員証を提示してもらいポイント付与などを行うことになります。その時に、会員証の確認に時間がかかってしまい、レジの回転率が下がってしまうケースも多いです。しかし、会員証をアプリ化することで、スマホをかざすだけで簡単にポイント付与などを行うことができるようになります。ユーザーが会員証を探す時間も節約できるため、レジの回転率を上げる効果が期待できます。ユーザーも会員証の提示が楽になり、店舗に対しての好感度がアップすることでまた利用したいという気持ちになるでしょう。レジの回転率を上げることで、売上アップにも繋がるというわけです。

GMOおみせアプリで会員証をアプリ化で会員証をアプリ化して業務効率を上げる!

会員証をアプリ化することで、ユーザー側も企業側も様々なメリットを得られます。会員証をアプリ化するのは大変というイメージがあるかもしれませんが、GMOおみせアプリなら手軽に導入できます。顧客管理が大変、リピーターがなかなか増えない、そんな悩みを抱えている方は、GMOおみせアプリを利用して会員証をアプリ化してみてはどうでしょうか。

この記事の著者:GMOデジタルラボ運営デスク

集客に強い店舗アプリで、O2Oマーケティングをスタートしてみませんか?顧客管理や業務改善にも役立つ店舗アプリの特徴・事例などを発信していきます。

こちらの記事もおすすめ

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    【業種別】店舗アプリの活...

    2022年06月24日

    ショッピングの際、店舗アプリのインストールを促される機会が増えていませ...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月24日
    利用シーン

    利用シーン

    GMOおみせアプリを導入...

    2022年06月24日

    GMOおみせアプリは、集客や販促機能が豊富かつ低コストで、業務の効率化...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年06月02日
    利用シーン

    利用シーン

    まだまだ使える!スタンプ...

    2022年06月02日

    紙のスタンプカードは主流でしたが、今はどんどんポイントカードにシフトし...

    つづきを読む

  • アプリコラム

    2022年05月15日
    利用シーン

    利用シーン

    【弊社事例】飲食店アプリ...

    2022年05月15日

    多くの飲食店が店舗アプリを活用していることから、これから店舗アプリを導...

    つづきを読む

お悩み相談・お問合せ

アプリ導入に関する疑問・質問、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ(平日9:00~18:00)


0120-071-531