集客・販促に強い店舗アプリ作成なら導入店舗数8,800店舗突破のGMOおみせアプリ

おすすめ店舗アプリ作成サービスは?おすすめ9社を紹介

おすすめ店舗アプリ作成サービスは?おすすめ9社を紹介

2022年08月22日
活用のヒント

関連資料を無料
ご活用いただけます

集客・販促を伸ばせる店舗アプリの導入を検討しているが、どのサービスを選べばよいかが分からないとお悩みの方、必見です。
本記事では、おすすめの店舗アプリ作成サービスとして下記の9つをご紹介します。

  1. GMOおみせアプリ|GMOデジタルラボ株式会社【2,900社・8,800店舗以上の導入実績】
  2. アプスタ|DreamNet’s【既存WebページやPOSシステムと連携】
  3. アプリンク|株式会社USEN【サポートデスクによるアフターサポートが充実】
  4. アプリメンバーズ|アイユー株式会社【クーポンやポイントカード機能が充実】
  5. アプリーチ|株式会社AGクルー【アプリ内でWebページを表示できる】
  6. MGRe|メグリ株式会社【管理機能が充実している】
  7. みせプリ|株式会社フォルクスウェア【低コストで多機能な店舗アプリを作れる】
  8. 店舗アプリDX版|株式会社トランスメディアGP【UI/UXデザイナーがフルデザイン】
  9. すまっぽん!|株式会社イーハイブ【非常にシンプルな店舗アプリを作成】

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリとは店舗運営する企業が新規集客・リピーター獲得目的で提供するスマートフォン向けアプリのこと

店舗アプリの主な目的は、新規顧客やリピーターを獲得することです。店舗アプリを導入すれば、顧客はスマートフォンを介して好きな時間に企業と接点を持てます。その結果、顧客の来店頻度が増加し、売上の増加も期待できます。

♢店舗アプリを導入している主な店舗の種類

  • 製菓店・スポーツ用品店などの小売業
  • エステサロン・アミューズメント・旅行・宿泊業などのサービス業
  • カフェ・ラーメン店などの飲食業
  • 自動車やバイクの販売・整備業 など

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリのメリット

企業が店舗アプリを導入する具体的なメリットとはなんでしょうか。

この項目では、店舗アプリに実装されている機能について解説します。

顧客との接点を増やせる

店舗アプリが導入されていると、来店時以外にも顧客と接点を持つことができます。

♢店舗アプリの活用例

  • クーポンの配布やセール情報の発信
  • 来店後のアフターフォローのDM配信 など

店舗アプリを活用することで、顧客との継続的なコミュニケーションが可能です。

また、顧客側のメリットは、店舗を訪れなければ知り得なかったお得な情報をいち早く入手できることです。

集客の数値分析が簡単に行える

店舗アプリでは、ユーザー情報を一元管理できます。

♢店舗アプリによる主な数値分析できる項目

  • コンテンツの閲覧状況
  • クーポンやポイントの利用履歴
  • 購買履歴や来店履歴
  • プッシュ通知の開封状況

これらのデータを分析することで、顧客1人ひとりのニーズを把握し、適切な施策を個別に打ち出すことができます。さらに、個人に最適化された情報やサービスの提供は、リピート客を定着させることへとつながるでしょう。

オムニチャネル戦略で大いに役立つ

店舗アプリは、自社のホームページやSNSとの連携によって、オムニチャネル化が可能です。SNSの活用は、いまや店舗運営にとって欠かせない情報インフラのひとつです。そのため、多くの店舗が自社のSNSアカウントを所有し、定期的に発信しています。

店舗アプリには、店舗のSNS投稿を参照するページを設ける機能があります。この機能を使い、顧客はアプリ内で最新情報を入手できます。

3分でわかるGMOおみせアプリ

店舗アプリのデメリット(注意点)

店舗アプリを導入する際のデメリットや注意点を把握しておくことで、より効果的に活用できるでしょう。

この項目ではデメリットについて具体的に解説します。

店舗アプリの運用には社内体制の確立が必須になる

店舗アプリは、開発すれば終わりではなく、運用していかなければなりません。そのため、社内の運用体制を確立させる必要があります。

♢店舗アプリの運用に関わる主な社内体制

  • 店舗スタッフの研修(アプリDLの宣伝・オペレーション体制など)
  • 継続的な施策の改善(プッシュ通知の時間帯・情報量など)
  • トラブル時の保守体制 など

アプリについて問い合わせがあったときには社内で迅速に対応できるように、情報共有を徹底させておくと店舗への信頼度アップにつながります。

店舗アプリを提供する企業の選定が必要になる

現在、複数の企業が店舗アプリを提供しています。社内にアプリエンジニアがいないときは、店舗アプリ制作を依頼しなければなりません。

その際、店舗によってアプリの費用・機能・フォロー体制が異なるため、自社の利用条件に適した企業の選定が必要です。

また、制作費用や納品速度、実績などの信用性から選ぶことも大切なポイントです。

店舗アプリ選びのポイント

導入する店舗アプリを選ぶために押さえておきたい3つのポイントは、「機能・費用・実績」です。

この3点を踏まえて、集客や販促の目的に合わせた店舗アプリを選びましょう。

機能の豊富さ

店舗アプリにとってもっとも重要なことは、機能の豊富さです。アプリを開発し、導入する目的が達成された後も、顧客のニーズに合わせて機能の追加が適宜必要です。そのため、豊富な機能を取り扱うことで、顧客のニーズへ柔軟に対応できることにつながるのです。

初期費用と月額費用

アプリ制作には初期費用に加えて、月額費用が発生します。

初期費用が安いからといって、サービス内容が薄い店舗アプリを導入してしまうと、イレギュラーなトラブルに遭った際に、かえって人件費がかかることにもなりかねません。

 

予算と外注費用を天秤にかけることに加えて、想定される費用対効果も加味して店舗アプリを選びましょう。

導入実績や評判

「どのような企業が導入しているか」「どのような業界に人気があるか」といった、導入実績・口コミ・評判から店舗アプリを判断することが重要です。提供される店舗アプリが自社の提供するサービスや、商品に適しているかの判断材料になります。

GMOおみせアプリ|GMOデジタルラボ株式会社

GMOおみせアプリは、データを活用してマーケティングする店舗アプリ作成サービスです。導入企業は8,800店舗以上の実績があります。

柔軟なカスタマイズ性で優良顧客を獲得できる

GMOおみせアプリは、以下のような特徴から独自性のあるアプリを作ることができます。

  • クーポン・プッシュ通知・スタンプなど集客・販促に必要な機能が豊富
  • POSレジ・ECサイトといった既存システムとの連携も可能
  • ポイント・予約システムとの組み合わせも自由
  • 豊富なデザインテンプレートからカスタマイズが可能
  • オリジナルデザインへの変更・機能追加も可能

多彩な機能で集客効果を高め、リピーターや優良顧客の獲得を簡便化します。

8,800店舗以上の導入実績があり安心して導入できる

GMOおみせアプリは、これまで8,800店舗以上の導入実績があります。これから店舗アプリの導入を検討している方にとっても安心してご活用いただけます。アプリ制作サービスのランキングや比較サイトでも、上位に紹介されており、非常に優秀なアプリ制作サービスと評価されています。

また前述のとおり、デザインや機能が豊富。そのため、以下のように幅広い業種で導入されています。

  • 美容室
  • 飲食店
  • 小売店
  • レジャー施設
  • 宿泊施設
  • 自動車販売

さらに、プランによって以下の項目についても対応しており、導入後のアフターケアも万全です。

  • 操作に関する電話サポート
  • 端末のOSバージョンアップに伴う改修

開発から申請までワンストップのプラットフォーム

店舗アプリに必要な機能が、基本機能として網羅されています。そのため、開発からストア申請に至るまでの工数が削減可能です。

<基本機能例>

  • オンライン決済機能
  • Web予約システム
  • クーポン機能
  • ポイントカードの電子化機能

また、GMOおみせアプリでは、顧客管理を一元化できるプラットフォームを提供しています。そのため、社内でのマーケティング情報を管理する業務を軽減できます。

さらに、制作期間は最短40日。迅速な対応が可能であるため、一刻でも早いアプリ導入をと考えている方におすすめです。

参考:GMOおみせアプリ

3分でわかるGMOおみせアプリ

【GMOおみせアプリ事例①】ポイントカードの電子化と店舗ごとの情報発信、若年層の顧客取り込み

  • 導入前の課題:紙のポイントカード運用と店舗ごとの販促と情報発信に課題があった
  • 選んだ理由:要望にマッチした基本機能と圧倒的な低価格で導入を決定
  • 導入後の成果・効果:販促の業務効率がアップ、ニュース配信が来店につながっていると店頭で実感

【詳細】紙のポイントカードの電子化とタイムリーな情報配信:株式会社テイクアップ

【GMOおみせアプリ事例②】スポーツ・フィットネス:会員証の電子化と顧客接点強化

  • 導入前の課題:会員証のデジタル化による業務効率化と顧客接点の強化
  • 選んだ理由:情報発信力と業務効率アップ
  • 導入後の成果・効果:顧客サービス向上の土台作りにアプリが貢献

【詳細】アプリ会員証で出席管理&非接触での顧客接点強化:株式会社テニスラウンジ

【GMOおみせアプリ事例③】カフェ:低コストなアプリ化でコスト削減・業務効率化

  • 導入前の課題:コストの見直しと販促業務の効率化
  • 選んだ理由:低コストとスピード感のある対応
  • 導入後の成果・効果:多数のダウンロード反響とコスト約30%減

【詳細】クーポン&ポイントカードの作成コストを削減:株式会社KOi CAFE JAPAN

アプスタ|DreamNet’s

アプスタは、1,000社を超える制作実績があるサービスです。ノウハウと技術力を生かして、ユーザーに合わせた一貫性のあるマーケティング戦略を展開しています。

店舗アプリを通じてマーケティング戦略を検討している企業に、おすすめな店舗アプリ制作サービスです。

既存WebページやPOSシステムと連携できる

既存の会員システムや、POSシステムと連携が標準機能として搭載できます。そのため、新たに店舗アプリを導入しても、顧客管理システムの移行が容易です。

また、顧客の消費行動や、属性ごとのユーザー数といったデータ集計・分析機能が充実しています。そのため、データ分析によって、より効果的なマーケティング戦略が実現可能です。また、ダイレクトトーク機能によって店舗からの一方的な情報発信だけではなく、顧客とのメッセージのやり取りが可能です。この機能は顧客の問い合わせに対応でき、トラブルの防止にも役立ちます。

参考:アプスタ

 

アプリンク|株式会社USEN

アプリンクは効果的な集客ができるように、店舗アプリの制作後もサポートが充実しているサービスです。

店舗運営に必要な基本機能を搭載し、メディア運営の経験に基づいたサポートを受けられます。

サポートデスクによる運用サポートが充実

アプリの公開後2〜4ヶ月間は、専任の担当者からアプリの運用・操作に対するアフターサポートを受けられます。運用状況の数値による可視化・改善対策のフォローアップ・コンシェルジュによる代行サービスといったサービスが提供されています。代行サービスでは、イベント告知やクーポン配布などのアプリ運用を委託できます。

また、担当者によるアフターフォローが終了した後も、定期的なフォローが実施されます。

参考:アプリンク

アプリメンバーズ|アイユー株式会社

アプリメンバーズの特徴は、費用と品質のバランスがいい点です。

アプリメンバーズでは、アプリ開発にかかる初期費用が無料です。アプリの運用には、月額料金のみ発生します。契約後は、専属のスタッフのサポートが受けられます。そのため、アプリ運用初心者の方でも利用しやすいサービスです。

また、ひとつの管理画面で複数店舗の管理が行え、店舗数が増えても追加費用はかからず、費用を抑えられます。

クーポンやポイントカード機能が充実

  • 来店によるボーナスポイントの付与
  • ログインやスクラッチによるポイント付与

上記のように、ポイントによる幅広いマーケティング戦略を打ち出せます。

また、管理画面からクーポンを簡単に作成可能です。特定の顧客を抽出してクーポンを配布する機能を使えば、ロイヤルユーザーの育成にも役立ちます。

参考:アプリメンバーズ

アプリーチ|株式会社AGクルー

アプリーチは「月額2,980円から利用可能」という、業界でも最安値水準の費用で店舗アプリを作成できるサービスです。SNSの外部リンクを設置し、口コミによる集客が可能です。

アプリ内でWebページを表示できる

アプリーチの特徴は、既存のWebサイトをアプリ内にそのまま表示させられるウェブビュー機能です。ECサイトやブログ、会員ページのような既存のWebサイトであれば、何でもアプリ内に取り込めます。ページ内部は既存ページを使用するため、ページ更新の手間がかかりません。

参考:アプリーチ

MGRe|メグリ株式会社

MGReは業種にかかわらず導入に向いている店舗アプリサービスです。

MGReのプランには以下の3つがあります。

  • エントリープラン:簡易な機能が備わっている
  • スタンダードプラン:管理機能が充実している
  • エンタープライズプラン:自社の既存システムと連携作業ができる

なお、利用価格は非公開であり、月々のユーザー数によって変化します。成果報酬型ともいえるため、初期費用がかかりにくいともいえます。

ビジネスモデルの観点から見ても、MGRe側の担当者と二人三脚でアプリ運用を取り組めるでしょう。

管理機能が充実している

管理機能の実装だけでなく、運用・サポート体制も充実しています。

アプリ運用に手慣れていない企業にはおすすめのアプリといえるでしょう。

その他、以下の利点があります。

  • 最短1か月と、アプリの導入期間が早い
  • 機能の改善・システムとの連携を自社に合わせて柔軟に対応してもらえる

参考:MGRe

みせプリ|株式会社フォルクスウェア

みせプリは、必要最低限の機能に厳選し、費用を最小限に抑えることに特化したアプリです。以下の4つのプランがあります。

  • エントリープラン|お試し用プラン(月額4,980円から)
  • エコノミープラン|費用を最小限に抑えたプラン(月額9,800円から)
  • スタンダードプラン|最も人気の標準プラン(月額14,800円から))
  • カスタムプラン|独自機能を搭載したい方向けのプラン(月額50,000円から)

低コストで多機能な店舗アプリを作れる

みせプリは低コストながら、店舗アプリの主な機能が搭載されており、あらゆる業種に対応可能です。

ただし、エントリープランやエコノミープランは、機能を制限することで低コストを実現しています。そのため、顧客数が大幅に増加したときや、独自のオプションが必要になったときは、プランをアップグレードする必要があります。

また、オプションを追加していくうちに、いつの間にか高額なプランになる恐れがあります。そのため、自社に必要な機能をよく検討することがポイントです。

参考:みせプリ

店舗アプリDX版|株式会社トランスメディアGP

店舗アプリDX版は、低価格・最短20日でアプリを作成できるサービスです。

費用も初期費用110,000円・月額利用料22,000円と大変お得です。

UI/UXデザイナーがフルデザイン

店舗アプリDX版は安価な反面、プロのデザイナーが制作した洗練されたデザインという質の高い点が特長です。

導入企業側・アプリの利用者側の双方が、見やすく操作しやすいように設計されており、導入後の従業員・来客の方を含めて満足度の高いアプリにできるでしょう。

参考:店舗アプリDX版

すまっぽん!|株式会社イーハイブ

すまっぽん!は店舗アプリ作成サービスの役割をもつ、スマートフォン用のツールです。アプリとは異なり、ダウンロードやパスワードが不要であることが特長です。

また、アプリとは異なるため、開発や運営のコストを抑えられます。

月額300円から非常にシンプル店舗アプリを作成できる

すまっぽん!は月額300円のプランが基本です。仕組みは、QRコードを取得して拡散するだけの非常にシンプルなものです。使い心地はアプリとほとんど差異がなく、ユーザーはワンクリックでアクセスできます。その用途は集客ツールとしてだけではなく、以下のような役割も担うことができます。

  • 名刺代わり
  • ショッピングカート
  • 顧客サポート
  • 不動産の管理ツール など

さらに、マップやカレンダーなどの各種クラウドサービスとの連携が可能です。

参考:すまっぽん!

店舗アプリを導入には、GMOおみせアプリがおすすめ

おすすめできる店舗アプリ制作サービスをピックアップしました。

店舗アプリの導入には、必要な機能がしっかり搭載されているアプリ制作サービスを選ぶことが重要です。

当社のGMOおみせアプリでは、8,800店舗以上の導入実績から熟達したサービスの提供が可能です。とくにサブスクリプション機能や顧客データの活用で、ご好評を頂いております。

また、パッケージの範囲に収まらないカスタマイズにも対応しており、ご要望へ柔軟にお応えできるプラットフォームをご用意しております。無料の資料請求より、お気軽にお問い合わせください。

3分でわかるGMOおみせアプリ

【店舗アプリ】

 

監修:GMOデジタルラボ運営デスク

GMOおみせアプリのおすすめ記事